今と昔の、儲かるビジネスモデル

 

七星です。

 

いま、七星格言集をつくり直してますが、

はっきり言って、すごく大変です。

 

できれば逃げたかったけど、

やっぱり作り直してよかったです。

 

 

早速、できあがったばかりの

映像をトップで公開しています。

 

今日は、職人の心得から

「新しい技術を身に付けろ」です。

 

昔と違って、

1つの技術で食べていける事は

現代社会では、ありえません。

 

元職人の私が、

経験を元に、お伝えします。

 

 

昔、切り文字屋さんという

職業がありました。

 

カッティングシートと言われる

薄いシートをカッターで切って、

看板に貼る文字を作る職人の事です。

 

他にも、

 

・店舗のシャッターに文字を書く

・銭湯の壁に富士山の絵を描く

・車のスモークフィルムを貼る

 

これらの技術がある職人は、

昔は、一生食べていけました。

 

でも、今は機械で切って

貼ったら終わりです。

 

 

職人さんが、何十年もかかって、

身に付けた技術は、

 

技術の進歩によって

生かせなくなりました。

 

1つの技術で食べていくことが

不可能な時代になったって事です。

 

 

このような職人さんは、

今どうやって稼いでいるのか?

 

バスの車体が広告になっているもの

見た事がある人も多いと思いますが、

 

これはビジュアルシートというものを

車体に貼っています。

 

看板屋さんは、今このような仕事で

生計を立てています。

 

 

カーフィルム屋さんは、

車体に水や汚れを付きにくくする

 

車のフッ素コーティングなどで

生計を立てています。

 

 

今でも稼いでいる職人さんは

自分の持っている技術

新しい技術を使って、

 

儲かるビジネスモデルに

シフトチェンジしている人たちです。

 

これはインターネットでも同じです。

 

昔のプログラマーさんは、

COBOL(コボル)とかC言語を

覚えていましたが、

 

今だったらPHPとかJavaとか、

新しい言語を覚えていかなければ、

 

今の時代に合った

プログラミングは難しいです。

 

 

古い技術にしがみつかず、

新しい技術を

どんどん身に付けましょう。

 

 

私の経験上ですが、

1つの技術で食べていける期間は

7年くらいですね。

 

まずは、自分の柱といえる

3つの技術を持ちましょう。

 

そして、

古くなった技術に代わる、

 

新しい技術を、3年に1つのペースで

身に付けていきます。

 

これをローテーションしていくことで

常に稼げる状態が保てます。

 

『新しい技術を手に入れ続ける』

 

この考えを、

しっかりと覚えておきましょう。

 

映像でも詳しく説明しているので

ぜひ、トップの映像をご覧ください。

 

リニューアル前の映像と比べると

やっぱり全然違いますね。

 

ビフォーアフターみたいで笑えます。

 

話し方とか表情とか、

私も成長したな~~~。

 

人間、これだけ変われます。