うちの上戸彩似のスタッフは気が利きます

 

 

七星です。

 

知っている人もいると思いますが

うちの会社には、

 

顔が小さくて、可愛い

上戸彩似の女性スタッフが居ます。

 

彼女はすごく気が利くのですが、

今日はプラスアルファが重要って話です。

 

 

プラスアルファが出来る人は

すごく良いですね。

 

 

お金はお金で切れますが

人はなかなか切られません。

 

 

あなたがすごく安い単価で

仕事を請けたとしましょう。

 

この場合、お金だけです。

 

どういうことかと言うと、

お金っていうのは

すごく真似がしやすいって事です。

 

 

私は元クロス職人でしたが、

たとえば、10万円の仕事を

 

「うちは9万円でやります」

と言ったときに、

 

他のライバルが

「うちは8万円でやります」

 

と言った場合など、

いつか、泥沼になります。

 

 

金額を安くする事によって

手に入れた仕事というのは

他がもっと安ければ簡単に切られます。

 

 

でも、独立してすぐとか、

始めたばっかりとか、

 

まだ実力がない若い頃だったら、

安い単価で仕事を請けるのは

しょうがない部分もあるので、

 

こういう場合は若さとパワーで、

大量に仕事をこなせば良いです。

 

 

クロス職人で言ったら、

安い単価で請けて

 

1日に200平米の仕事をこなすような

化け物みたいな人も居ますが、

 

そんな事が出来るのは

20代とか、30代前半までです。

 

 

最終的に、職人として

突き詰めなければいけないのは

人で仕事を取ることです。

 

 

じゃあ、どうやって

人で仕事を取るのか?

 

それは 『プラスアルファ』 です。

 

 

仕事を請けた時に、

請けた仕事以上の事をする。

 

たとえば、朝現場に行ったら

必ず掃除をするとか。

 

現場には監督さんが居ます。

 

監督さんの仕事

安全に納期までに仕事を完了させるとか、

現場を綺麗にすることです。

 

なので、

 

・あなたに仕事を発注する人

・あなたにお金を払う人

・あなたの仕事を管理する権利がある人

 

こういう人たちの仕事を

手伝ってあげることで、

 

「この職人さんは良い人だ」

 

「この職人さんは使える」

 

他の職人と差別化ができます。

 

お金以外のプラスアルファですね。

 

 

私が職人の頃、監督さんに

 

「この後、塗装屋さんが入ると思いますが

 私が居るので、監督さんは

 先に帰っていただいても構いませんよ」

 

って感じでやっていました。

 

 

監督さんからは、

 

「あなたが現場に居てくれると、

 留守できるから楽なんだよね」

 

と言われた事もあります。

 

 

お金とか技術以外の

プラスアルファで仕事を取ってくると

他の職人に仕事を取られなくなります。

 

 

単価が良い仕事などは、

やっぱり良い職人が集まってくるので

 

その中でどうやって勝ち残っていくのか

ここが重要です。

 

 

安く仕事を請けて、

効率化するのも悪くないですが、

 

利益を出している職人とか会社の多くは

人で仕事を取っています。