北朝鮮 二日目 宝物庫に行きました。

000

七星です。

二日目は朝からバスに乗って

妙香山にある、国際親善展覧館

行ってきました。

ここは、

世界各国から寄せられる

金日成主席と金正日総書記への

贈り物を展示している建物です。

中に入ったのですが、

まさに金銀財宝って感じです。

世界各国からの

贈り物を展示している

国際親善展覧館ですが、

写真は完全NGなので、

ほぼ、お見せできないのですが、

パンフレットを購入して

スキャニングしたものを公開します。

001※片側だけで、4トンある扉

中の宝物庫には

下記のようなお宝が展示されてます。

002 003 004 005 006※お宝写真

そして、ビックリしたのが、

プレゼントには、列車もありました。

列車は中国の毛沢東から。

007※列車の写真

写真はないのですが

プレゼントの極めつけは、

飛行機です。笑

ソ連のスターリンから

プレゼントみたいです。

なんか次元が違う話でビックリです。

3万点以上あるみたいで、

全部見たら一年かかるそうです。

これだけのプレゼントを

されるって凄いです。

全部で、数千億円の

価値がありますね・・・

あと、金正日総書記の

ろう人形が展示してあって

お辞儀をしてきました。

あまりに精工すぎてビックリです。

008※ろう人形の写真

※この写真のみ他のサイトから引用しています
 引用元:http://www.wikitree.jp/story/3133

そのあとは、近くにある

妙高山ホテルで食事をしました。

総大理石のすごく綺麗なホテルでした。

009

010 011 012 013※妙高山ホテル

この日は戻りが18時を過ぎたので、

ホテルにある回転レストランで食事をして

そのあとカジノに行きました。

びっくりするくらい、

いい加減なカジノで

パスポートのチェックもないし、

店員があくびしているし、

このような時は、

北朝鮮だな~って、逆に安心しました。

このあたりから、

北朝鮮に対するイメージが

変わり始めました。

ガイドさんや、いろんな場所で会う人

全ての人達が素直な人達ばかりでした。

そして、民族として

誇りをもって生きています。

これだけの経済制裁を受けて、

ここまで成長していることを見ると

優秀な民族だと実感です。

戦後の日本に

タイムスリップした気分です。

国家としては、どうかと思いますが、

市民や民族としては、日本人が忘れた

何かを持っていると思います。

素晴らしい人達ばかりでした。

ここらへんからガイドさんが、

イジられキャラだと解り、

からかって遊んでいました。

最初は怖くて仕方がなかったのですが、

同じ人間だし、決して悪い人ではないです

私は疑り深い性格で、

それほどバカではないと思います。

なので、慎重に言葉を選びますが、

民族性としては、素晴らしい国だと

確信しました。

そして、北朝鮮を一言で表すと

宗教国家です。

金日成主席と金正日総書記を神格化して、

国をまとめています。

平壌に4日間滞在しただけで、

この2人がすごく良い人に思えてきて

好きになりました。

ここはすごく勉強になりました。

私は12才まで創価学会の

英才教育を受けていたので、

なんか創価学会みたいな街でしたね。

作りや、やり方がそっくりです。

ただ、良い悪いではなく、

それを国民が受け入れていて、

楽しんでいると感じました。

自分の価値観を押し付けてはダメです。

アメリカや日本の価値観を

北朝鮮に押し付けることは

どうでしょうか?

たしかに拉致問題とか

悪い事をしてきたけど、

外部の力が悪で、ほっといたら

自然に解決するのでは?

イラクも、フセインがいなくなって、

メチャクチャになった地域の問題に、

アメリカが加入することで、

問題が大きくなっている気がしましたね。

中国、韓国、日本、

そして北朝鮮だけなら

ここまで関係がこじれてないと思います。

難しい問題です。

急激な力は悪です。

100年後には

自然に統一されているような・・・

私から見た北朝鮮は、

悪い国ではなかったです。

それは良い部分だけを

見たと理解していても

そう感じましたね。

明日は、金日成主席と金正日総書記の

ご遺体を見てきた話です。

防腐処理されているので、

見ることができます。

ビックリでした。

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 直々の貴重な情報有難うございました。
    七星さんが、良いところだけを見せられたのかも知れませんが。
    マスコミや大学など教育機関や政治経済にかかわる、日本の弱体化と日本の占領のための工作部員の存在、北朝鮮が国を挙げて製造販売している、芸能界や暴力団に(一部一般社会にもですが)蔓延している薬物・・・これらを抜きに国は語れないと思います。
    北の一般国民は、どこまで政府の悪政を知っているのでしょうね。

  2. 北は価値観が全く違うのですね!
    本当に勉強になりました!

    七星さんのように柔軟な思考で多くの体験をされると
    敵味方、心閉ざすことなく学ぶことができ
    より魅了的な人になれるのだろうなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。