5万円の仕事で、10万円もらう方法

 

 

七星です。

 

ビジネスをしている人は、

必ず計算力を身に付けてください。

 

たとえば見積書の書き方です。

 

 

見積書とは、仕事の対価、

その根拠を説明するものです。

 

この説明が、うまければ、うまいほど、

多くのお金をもらうことができます。

 

 

見積書のコツですが、

 

・バラバラにする

・分かりづらくする

・税別表記

 

この3つがポイントです。

 

 

■ バラバラにする

 

システム開発費 100万円
消費税      8万円

合計見積    108万円

 

こういう見積書が、一番ダメです。

 

私なら、内容、単位、単価、金額を、

バラバラにします。

 

・システム設計 
20時間×5,000円 100,000円

・データーベース作成(SQL)
30時間×5,000円 150,000円

・内部プログラム打ち込み
50時間×5,000円 250,000円

・システムエラーチェック
20時間×2,000円 40,000円

・お打ち合わせ
0.5人×50,000円 25,000円

 

これを、どうやって

100万円にするか、再度考えます。

 

まず、打ち合わせで、

0.5人×5万円と書きました。

 

ここで、この人の日給は、5万円

いう認識を、与えています。

 

あと、システムチェックは、

技術がいらないので安くしていますが

 

これは、適当ではなく、ちゃんと

金額を考えていますという表現です。

 

 

これだと、まだ56万円なので、

もっと項目を増やします。

 

システム設計 
25時間×5,000円 125,000円

データーベース作成 (SQL)
40時間×5,000円 200,000円

内部プログラム打ち込み (PHP)
60時間×5,000円 300,000円

ユーザーページ作成
30時間×5,000円 150,000円

管理システム作成
10時間×5,000円 50,000円

サーバー構築 (外注:詳細別途)

一式 200,000円

システムエラーチェック
30時間×2,000円 60,000円

お打ち合わせ 1回
0.5人日×50,000円 25,000円

合計金額 1,110,000円

値引き - 110,000円

最終お見積 1,000,000円(税別)

 

この見積だと、実働20日で完成です。

 

でも、実際は、10日分ぐらいの

仕事量でないとダメです。

 

そうすることで、

日給が、10万円になります。

 

 

■ 分かりづらくする

 

難しい言葉を使えば使うほど、

お客様は、考えるのが面倒になり

 

なおかつ、すごい事をするんだ~

って、思ってくれます。

 

先ほどの例を、分かりづらくしますね。

 

SQL Server構築
※OracleとSQL相互システム
20時間×5,000円 100,000円

SQL Server実装
※CSK Winテクノロジを使った実装
30時間×5,000円 150,000円

PHP4内部システム
※Zend Engine方式での実装
50時間×5,000円 250,000円

全システムの互換性確認
バクの全チェック
20時間×2,000円 40,000円

 

上記は、適当に調べて、

それっぽい単語を入れただけですが、

 

なんか、分かりづらくなって、

すごそうになりましたよね?

 

ただ、勉強家の人とか、

見積をしっかりと見る人、

知識がある人には逆効果です。

 

これは、素人向けのテクニックです。

 

■ 税別表記

 

これが、一番簡単です。

 

少しでも安く感じてもらうために

税別表記は必須です。

 

こういうことは、

見積書を書いている人なら

当たり前に知っていることです。

 

 

他の人が書いた見積書は通らないけど、

私が書いた見積書が通るのは、

こういう計算力の部分です。

 

自分が見積書をもらった時に、

それを安く感じるか、感じないか

 

 

あと、税務的なことも重要です。

 

『昔から勉強しなかったから

 俺はそんなの出来ないよ~』

 

とか、数字に弱い人

出来ないのではなく、やらないだけです。

 

 

計算力を身に付けることで

あなたの仕事の収益性・時間給

 

グッと上がるという事を、

ぜひ、覚えておいてください。