不渡りをくらいました

七星です。

どんな仕事でもそうですが、

事業をやっていて、1度は経験するのが

不渡りをくらうことです。

お客さんが倒産した事によって、

もらえるはずのお金

もらえない事があります。

この時、しっかりと

お金をもらわないといけません。

私は過去に、3回くらい

不渡りをくらいましたが、

回収率は100%です。

私は、職人を10年間やって、

お金がもらえなかった事は

1度も無いです。

職人の世界では

結構すごい事だと思います。

これ、覚えておいてください。

いきなり夜逃げされたら

別かもしれませんが、

倒産したとはいえ、連絡がつくうちは

相手もお金を持っています。

そのお金をどういう使い道にするか、

その人は頭の中で計算しています。

自分の身を守るため

これだけは問屋さんに払っておかないと、

次のビジネスができないとか、

今後、材料を売ってもらえない、

この職人さんとは

今後も、仲良くしたいとか。

今あるお金を、生活費にするのか、

それとも夜逃げするのか、

今あるお金を、誰に払って、

どういう使い方をするのか。

倒産した会社の社長さん

とる行動ですが、

1番うるさい人にお金を払います。

これは間違いないです。

倒産した会社に悪いから請求しない 

これは、ダメです。

貴方がやった仕事の対価なので、

100%もらわなくてはいけません。

じゃあ、どうするのか?

これ実話ですが、私の場合、

毎日その会社に行って、

お金を払ってくださいって

貼り紙を貼って、名刺を置いてきました。

中に隠れているのか

どこかに行っているのかは

分かりませんが、

1回は帰ってくるはずなので。

毎日、朝と夜にその会社に行って、

張り紙を貼ってくるんですよ。

張り紙も剥がされてなくて、

名刺が10枚並んだままでも良いです。

10回も来たんだなって事を

相手に認識させます。

あと、その会社の電話番号を

妻に教えて、1時間に1回電話させました。

1時間に1回、

「○○の妻なんですけど、

 連絡をいただけますか」

と連絡させます。

これを1週間やったら、

大抵はお金を払ってくれます。

なんでそこまでしたかと言ったら

私もギリギリの生活で、

お金が無かったからです。

だから、必死でお金を取りました。

あともう一つ裏ワザがあって、

早くお金を払ってもらうための

交渉術なのですが、

気になる人は

いますぐ動画で確認してください。

自分のした仕事に対して自信を持って、

しっかりとお金をいただく。

そういう気持ちで

仕事をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。