お客様と販売者の大きなギャップ

七星です。

仕事って、2パターンあります。

ゼロから作る仕事と、

すでにある物を作りかえる仕事

細かく言えば、

いろんなパターンがありますが、

すでにある物を作りかえる仕事でも

お客様というのは、

新品と同じクオリティを

求めてきます。

たとえば、車ですが、

新車は工場の流れ作業で作られ

何度も検査工程を通過し、

100%のクオリティです。

これはあたりまえですよね。

新車を買ったのに、

ちょっとでも傷が有ったら

おいおい と思うし、

少しでも歪みが有ったら

おかしいじゃないですか。

新車というのは

100%でなくてはいけません。

これを家で例えた場合、

リフォームとかリノベーションとかで

これを新築と同じく

100%にするのは難しいです。

ゼロから作るから、上手くいくし、

100%のものが提供できます。

でも、お客さんは、

リフォームをした場合、

新築のようになるんじゃないかと

イメージするので、

そのギャップで、

トラブルが起きます。

壁紙で言うと、

新規で張る場合は良いですが、

張替の場合は、

裏紙が残っていたり、

水分だったり、いろんな要素があって

新規で張る場合とは異なります。

なので、作業をする前に

前もってきちんと説明することが

すごく重要です。

「これは新築でなく、張替なので

 張替に適した材料でないと
 
 上手くいきませんよ」

 

という事を、きちんと説明します。

これは、

『段取り8割、現場が2割』 

考え方でもあります。

「お客さんは、常に

 100%を求めてくるんだな」

ということを意識しながら

会話とか行動をしていく事によって、

クオリティーが維持できて

お客さんとの無意味なトラブルを

避ける事ができます。

自分本位ではなくて、

お客さんの立場で考えて、

行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。