【保存版】あなたの時給計算式を公開します。

006

 

七星です。

 

あなたは、自分の時間給が

いくらか把握していますか?

 

 

年収1,000万未満の人は、

まず、時間給を上げましょう。

 

 

今日は、簡単な時給計算式を

お伝えします。

 

 

 

私の職人時代は

時給4,000円ぐらいでした。

 

 

年間の勤務時間を

計算したことがありますか?

 

 

もし、今の収入に

満足していないなら、

 

まずは、時間給を上げることを

オススメします。

 

年収は意識しているけど、
 
勤務時間まで計算している人は

すごく少ないです。

 

 

時給計算に必要な数字は、

一日の平均労働時間と、

週に何回休むか

 

 

年間、52週あります。

 

そこから、

お正月、お盆、GWを減らすと、

 

日本人は、だいたい

47週働いている計算です。

 

なので、
 
1日10時間、週5日勤務なら、

週50時間労働となり、

 

47週×50時間=2,350時間が、

年間労働時間になります。

 

 

きちんと計算したい人は

しっかりと計算してみてください。

 

 

■ 1日10時間労働の場合
 
週休2日の人は、年2,400時間ぐらい

週休1日の人は、年2,800時間ぐらい

 

■ 1日13時間労働の場合 

朝9時~夜22時まで働いている人だと、

週休2日の人は、年3,050時間ぐらい

週休1日の人は、年3,650時間ぐらい

 

 

自分が年間で、何時間働いているか、

だいたい計算できましたか?

 

 

計算できたら

年収で割ってください。

 

 

例えば、年収500万円の人が、

年間で2,400時間労働だと、

時給は、2,000円です。

 

3600時間労働だと、

時給は、1,400円

 

 

保障とか目に見えない

収入もあるので一概には言えませんが、

 

収入だけで考えて、時給2,000円以下は

男としてカッコ悪いです。

 

この金額は最低レベルですね。

 

 

いま、ムカっとした人は、

私のブログやメルマガを

見ないでください。

 

私は、強い男をいっぱい作って、

女性を幸せにしたいです。

 

この考えに賛同できない方に

情報を配信したいと思いません。

 

 

時給が、

1,000円 ⇒ 2,000円って、

年収が倍になるって事です。

 

 
今、時給が1,400円で、

年間500万円稼いでいる人が、

 

時給2,000円になれば、

単純計算ですが、

年収が200万円上がった事と同じです。

 

 

ここで、多くの人が

考え方を間違うのですが、

 

年収500万円の時に、

生活費が、400万円としたら、

 

自由に使えるお金は

100万円ですよね。

 

 

ここから、収入が、

200万円増えるって事は、

 

年間で使えるお金が、

100万円 ⇒ 300万円になるので、 

3倍になるって事です。

 

 

「収入が上がらないなら

 時間給を上げろ!」

 

 

時給が3,000円になれば、

週休2日で2,400時間労働でも、

年収700万円です。

 

ご理解いただけましたか?

 

 

あなたの、時給を

計算してみてくださいね。 

 

 

ハッキリ言って、

時給が3,000円以下の人は

頑張りが足りません。

 

 

 

■ 時間給による生活レベル

 

◇10,000円以上
働かなくても食べていけます

 

◇5,000円~10,000円
お金と時間に余裕があります

 

◇3,000円~5,000円
ある程度裕福な生活ができます

 

◇2,000円~3,000円
一般庶民

 

◇1,000円~2,000円
男としてカッコ悪いレベル

 

◇1,000円以下 
男としての価値なし

 

 

時給3,000円、週休2日で

年収700万円計算です。

 

この生き方は、

これはこれで有りだとは思います。

 

 

なので男なら、最低でも

時給3,000円を目指してください。

 

 

年収も大事ですが、

時間給を意識しましょう。