リスクヘッジの正しい考え方

18493

リスクヘッジの正しい考え方を事例付きでお伝えします。

 

七星です。

 

以前、サイト制作を、

40万円で外注しました。

 

もちろん、自社でも作れますが、

外注する事で、会社とスタッフが

成長することがメリットです。

 

 

外注した時の、相手とのやり取りで、

リスクヘッジについて考えたのですが、

ちょっとした気づきがありました。

 

ちょっとくらい、

適当な方が、成功します。

 

 

仕事を依頼した相手ですが、

支払いに関して、

 

基本的に、完全前払い

仕事を請けているとの事でした。

 

 

私としては、サイトが完成する前に

全額払うことは、通常しません。

 

なので、交渉をして、

半金を先払いすることで、

 

話がまとまったのですが、

その時、先方が、

 

「過去に、お金が

 もらえなかったことがある」

 

と、言っていました。

 

 

私は、お金がもらえない確率を

2%ぐらい見積もって

ビジネスをしています。

 

 

回収率を100%にしようとしたら、

本当に固い相手しか

お客さんにできません。

 

 

しっかり払うけど、先払いは嫌って

お客さんも大勢いると思います。

 

 

今回の相手が、

もし、全額先払いが条件だったら

私は、断ったと思います。

 

 

ビジネスをするにあたって、

リスク50:50は大原則です。

 

全額を先に払って、

リスクは全てこちら持ちだと、

対等ではないです。

 

 

なので、この考えからも、

お金をもらえない可能性

 

しっかりと認識して、

ビジネスをした方がいいです。

 

 

この考えは全てに当てはまるので、

しっかりと理解しておいてください。

 

 

何事も、

失敗、トラブル、事故、ミス

しっかりと想定するべきで、

 

想定したからといって、

それを完全に対処する必要はなく

 

何か起きた時に、

どうすればいいか、損害はどのくらいか、

そのような考えも必要です。

 

 

ミスが許されない医療の仕事や、

国の組織とかだったら、

 

確率1%のミスを想定して、

1億円の対策費とかを

考えてもいいと思いますが、

 

利益を求める法人としては、

そこは、違うと思います。

 

 

逆にいうと、私の場合は、

ここの駆け引き、見極めがうまいので、

 

つねに、ぎりぎりのラインで

攻めているのに、

 

ものごとが、安全に

進んでいるのだと思います。

 

 

100%を求めるか、

99%なのか、95%なのか。

 

もしかしたら、40%

クオリティーでもいいのでは?

 

 

このパーセントの数字が

高いと信用低いと利益

そういう考えになる場合もあります。