2種類の勉強を知るとノウハウコレクターを卒業できます

 ノウハウコレクターを卒業しましょう。

七星です。

『勉強』には、2種類あって、

結果を出すための勉強と、

勉強するためだけの勉強があります。

教材を購入したり、塾に入ったり、

勉強ばかりしていて、

いつまでも結果が出ない人は

ノウハウコレクターと言われています。

同じ教材、同じ塾で学んで

結果が出る人も、いっぱい居ます。

当たり前ですよね。

結果が出る方法だからこそ

教材や塾になるわけです。

結果を出す人と、

結果を出せない人の違いはシンプルで、

インプットとアウトプットの

バランスの問題です。

行動量とも言えます。

例えば、本を1冊読んで、

それを自分のものにするには

ある程度の時間と行動が必要です。

本を読みました。

もっと理解するために

もう一回、本を読む。

こうやって、インプットばかりして

全くアウトプットしない人がいます。

じゃなくて、

せっかく勉強したなら、

実践しましょう。

実践して、初めて結果になります。

勉強というのは、

きっかけなんですよ。

こういうやり方があるんだと分かったら

とりあえずやってみる。

出来ないこと、分からないことを

もう一度調べる。

勉強するんじゃなくて、調べるのです。

調べたら、次の行動にうつす。

本を読むことで言うと、

速読っていうのは

本を早く読む方法ですよね。

「俺は1時間に5冊も

 読めるようになった」

と、自慢する人が居ますが、

それは目的が違います。

1時間に何冊読めるかが

本来の目的ではないですよね。

これと一緒で、

何か勉強したことに対して、

結果の方向性を間違っている人が

あまりにも多いです。

セミナーに出た、本を読んだ、

教材を買った、勉強した。

そしたら、必ず実践しましょう。

勉強は、自己成長のためとか、

もっと言うと、お金を稼ぐため

やっていることだと思います。

思い切って、これ以上の

インプットをやめるのもアリです。

勉強するために

勉強するんじゃなくて、

結果を出すために

勉強してください。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。