ネットで稼ぐならネットビジネスの歴史を勉強しましょう

 ネットで稼ぐために歴史を勉強しましょう。

 

七星です。

 

過去を知れば、

未来を予測できます。

 

なので、ネットで稼ぐなら

ネットビジネスの歴史を学んで

ビジネスの周期を理解してください。

 

この周期ですが、

業界によっても違うので、

一概には言えませんが、

 

を思い浮かべると

分かりやすいです。

 

 

丸っこい車が流行ると、

次は角ばった車が、流行りますよね。

 

どんな業界でも

こういう波は繰り返されます。

 

 

これは、

インターネット業界も同じで、

 

私の経験上、

だいたい3年~7年くらい

繰り返されていますね。

 

 

情報起業業界とか、

インターネットの世界で言えば

これから流行るのはツールです。

 

 

自動化のシステムとか、

プログラミング的なもの

これから流行ると思います。

 

何故かといったら、7年くらい前に、

ツールが流行っていたから。

 

そのちょっと前が、

セミナーだったんですよね。

 

で、セミナーの前は、

ノウハウが流行っていました。

 

 

2013年から2014年にかけて

セミナーが流行っていましたよね。

 

 

そう考えると、

そろそろツールが流行ります。

 

実際に、ここ最近、転売系のツールとか

けっこう出回ってますね。

 

 

なので、自分の業界の歴史

きちんと紐解いていくことによって、

 

・今年は○○が流行る

・来年は○○が出来る

 

ということが、

ある程度分かってきます。

 

 

ただし、今は、

インターネットが普及して、

 

昔にくらべて、そのスピード

どんどん速くなっているのを

しっかりと意識しましょう。

 

 

自分が、今やっている事の

過去を勉強することによって、

未来を予測することが出来ます。

 

そうすることで、

無駄な労力もなくなり

ネットで稼ぐことが出来ますよ。

 

 

 

脳の仕組みを上手に利用してお金を稼ぐ方法

 お金を稼ぐために利用できる脳の仕組みがあります

 

七星です。

 

これ、面白いんですけど、

脳は、無料でもらった情報に、

価値をおきません。

 

 

私は、過去に、3日で200万円

セミナーに出たことがあります。

 

 

その、200万円のセミナーですが

もちろん、勉強にはなりました。

 

でも、200万円の価値を感じる

セミナーではなかったです。

 

 

「マジで?これで200万円?」

って、感じでした。

 

 

このセミナーが、

もし、20万円だったら

 

大満足だったのですが、

200万円の価値ではなかったんですよ。

 

でも、すでに200万円を払って

参加しちゃっているので、

 

「なにが何でも

 元を取らないといけない」

 

と、思いました。

 

 

脳みそをフル回転させて、

そのノウハウを

真剣に実践してみたところ、

 

結果的に、何百万も

お金を稼ぐことができました。

 

 

もし、あのセミナーが、

20万円のセミナーだったら

 

私は行動していなかったと思うので

結果も出なかったと思います。

 

 

200万円払ったことで、

何百万円というお金を稼ぐことができましたが、

 

番の結果が何かと言ったら

行動したことによっての

『経験』ですね。

 

 

何かを失うってことは、

脳みそがその対価を求めようとするので、

行動することにつながります。

 

 

もし、あなたが、

大きな結果を望んでいるなら

 

『背水の陣』で、

何かを捨ててください。

 

捨てたことによって、

脳みそが、その対価を求めようと

フル回転します。

 

 

そういう意味でも、

無料の情報を手に入れて、

 

実践しているだけでは

結果なんて出ません。

 

 

人は、お金を払って

情報を手に入れることによって、

 

初めて行動と経験

手に入るということです。

 

お金を稼ぐために

お金をどんどん使いましょう。

子供からの電話にイライラしてはダメです

9803_2

仕事中に子供から電話がかかってきてもイライラしません。 

 

七星です。

 

小学生の息子に、

キッズ携帯を渡したら、

 

毎日、電話がかかってきますが

どんなに忙しい時でも、

 

必ず、ワンコールで

出るようにしています。

 

 

以前、妻が娘に、言ったことで、

『娘が心を閉ざした』 ことがあります。

 

 

今は、大丈夫ですが、

その時の教訓から

子供たちが、親に心を開く。

 

そんな育て方を意識しています。

 

 

そのなかの一つに、

 

『子供からの電話はすぐに出る』

 

が、あります。

 

 

これは、私が忙しくて、

家にほとんど居ないので、

すごく気を遣っていることです。

 

 

以前、妻が、

 

「お父さんは、忙しいから

 電話しちゃダメ」

 

 
と、子供たちに言っていたのですが、

 

「それは、今後、絶対に言うな」

 

と、妻に指示しました。

 

 

そのかいもあって、

今では、困ったこと、お願いごと、

 

子供たちは、何かあったら、

私に電話をしてくるようになりました。

 

 

今のところ、

 

「●●が欲しい~~~」

 

「オモチャが壊れた」

 

「どこどこに連れてって~~」とか、

 

兄弟ゲンカや、チクリ、密告

この程度ですが、

子供にとっては、重要なことです。

 

 

正直、忙しい時に、

このような電話は、困るのですが、

私は、イライラせずに電話に出ます。

 

結果的には、

よかったと思っています。

 

 

将来、私が恐れていることは、

 

『親に相談しない子供』

 

に育つことです。

 

 

ただ、この育て方はすごく難しくて

肯定と、否定

バランスよく与えないといけません。

 

親が、否定だけすると、

相談しない子になるし、

 

肯定だけすると、

わがままな子になります。

 

 

そこは、

 

・妻が否定する人

・私は肯定する人

 

という感じで、

うまく分担しています。

 

 

以前、娘から

こんな電話がありました。

 

「パパ~、ママは

 ダメって言うんだけど、

 お願いがあるの・・・」

 

 

そのお願いとは、

チャレンジという学習教材があり

それが欲しいということでした。

 

 

妻は、

 

「どうせ、付録が欲しいだけで、

 長続きしないからダメ」

 

と、言ったみたいです。

 

 

そこで、娘が、

私に電話をかけてきた形です。

 

 

私も、長続きしない事は

分かっていましたが、

 

いくつか条件を付けて、

OKを出しました。

 

 

この程度のことで、

親に相談する子供になるなら、

安い買い物と判断したからです。

 

 

家では、妻が、ガミガミ言う。

 

私は、逃げ道の存在です。

 

妻には悪いけど、

汚れ役を任せています。

 

 

あと、もう一つ、

私が気を付けていることは、

 

『何かあったら、すぐ家に帰る』

 

 

以前の事務所は、

家から5分程度の場所でしたが、

今は、タクシーで15分ぐらいです。

 

何か重大な事があったら、

私は、飛んで帰ります。

 

 

妻と子供が、大喧嘩したとか、

テレビが壊れて直せないとか、

ゲーム機がなくなったとか。

 

 

ウルトラマンや、

スーパーマンみたいに、

 

助けを求められたら

くだらない事だったとしても、

 

月に一回ぐらいは

すぐに駆けつけるようにしています。

 

 

そうすることで、何か困ったときに、

連絡がくる状態を作れるからです。

 

 

パパは頼りになるって事を、

妻と子供に植え付けています。

 

 

父親は、ウルトラマンが理想ですね。

 

 

少ない労力で、

家族を安定させるために、

 

私がやっている

ちょっとしたコツです。

 

 

「サラリーマンだし、

 いきなり駆けつけるのは無理!」

 

という人も、

別に、すぐじゃなくて良いです。

 

次の日でも、

その週の日曜日でもいいです。

 

 

話を聞いて、助ける約束をする。

 

何か、相談されたら、

必ず、助けてあげる。

 

 

この繰り返しが、環境改善で、

幸せな家庭を作る秘訣です。

 

 

P.S.

 

注意があります。

 

女性の場合は、

ただ共感してもらいたいだけ

ってこともあります。

 

そんな時は、夜寝る時間を、

1時間削って、子供が寝たあと、

ウンウンと話を聞くだけでいいです。

 

そこで、へたに

なにか行動してあげると逆効果です。

 

この話は、また今度しますね。

 

 

あと、子供との約束を破るのは

絶対にダメです。

 

親を信用しなくなります。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8