「失敗は成功のもと」だけど失敗するだけではダメです

 「失敗は成功のもと」の本当の意味を理解しましょう。

 

七星です。

 

私は、塾生生徒うちのスタッフにも

失敗しろと、言い続けていますが、

 

じつを言うと、

ただ失敗するだけでは、ダメです。

 

 

それは、なぜかと言ったら、

失敗した理由を

 

きちんと検証できる人こそが、

成長できるからです。

 

 

たくさん失敗するのは重要ですが、

同じミスを何回もするのは、

ただのアホです。

 

 

ただ、失敗した直後というのは、

なぜ失敗したのか、

分からない場合もあります。

 

 

でも、1ヶ月後、半年後、1年後、3年後、

あの時に、なぜ失敗したのか?と、

 

再度、考える事によって、

その時の失敗が、初めて経験になって、

知識になります。

 

 

私の格言の中に、

『1年前の俺はクソ』

という言葉もありますが、

 

その時、失敗したのは、

知識がなかったからとか、

バカだから失敗したんですよ。

 

 

でも、3年後の、あなただったら

失敗しなかったかもしれません。

 

 

失敗をしっかりと検証する。

 

そうすることによって

人は、成長します。

 

 

そして、次は仮説を立ててください。

 

こうしたら成功するんじゃないかと、

仮説を立てて、それを実行する。

 

 

もし、また失敗したとしても、

1ヶ月後、半年後、1年後、3年後に

もう一回、検証しましょう。

 

 

失敗というのは、

しっかりと検証することによって

経験知識になり、

 

そして、仮説を立てて

行動する事によって

成功結果につながります。

 

失敗は成功のもとです。

 

なので、失敗は大賛成ですが、

ただ失敗し続けるのではなくて、

自分の失敗を、きちんと振り返ってみる

 

 

そういう時間を作りましょう。