七星家の家訓を大公開

「家訓」

七星家の家訓を公開します 

 

七星です。

 

私が過去にやった事で、

劇的に効果があった

子供の教育方法をお伝えします。

 

 

それは、

『七星家の家訓』です。

 

 

心理学上、小学3年生ぐらいで、

 

『自我の境界線』

 

というものができます。

 

 

そこら辺の時期で、

自分の考えというものが芽生えます。

 

 

この時期を過ぎると、

こちらの考えている事を

そのまま受け入れてくれません。

 

 

なので、その前にどれだけ

基本的な教育をするかが重要です。

 

 

とは言え、小学生になると

いろいろ反抗的になってくるので、

 

それを防止するのに、

家訓戦法が有効的でした。

 

特に男の子に、効果があります。

 

 

家訓戦法ですが、

守ってほしい事を、

毎日復唱させるだけです。

 

 

何かあれば、

 

「七星家の家訓!!」

 

と言って、言わせます。

 

 

これを繰り返す事で、息子達が

言うことをきくようになりました。

 

 

七星家の家訓ですが、

 

・ウソはつかない

・親の言う事を聞く

・人が嫌がる事はしない

・人が喜ぶ事をする

 

この4つを、

1日4回ぐらい復唱させます。

 

 

あとは、

 

具体的なシチュエーションを提示して

考えさせる事も効果ありました。

 

 

「家にいる時の悪いウソは?」

「ママが喜ぶことは?」

「●●君が嫌がることは?」

「学校の先生が喜ぶことは?」

 

このように考えさせました。

 

 

ウソをついた時、

親に歯向かった時、

兄弟喧嘩をした時に、

 

「七星家の家訓!!」

 

って言うと、

いきなりお利口さんになります。笑

 

 

あとは、1人1人に合わせた

家訓も作りました。

 

 

小学2年生の息子は、

公文の宿題をやっていて

面倒になると、

 

「わからない。わからない。

 できない。できない。できない。」

 

と言い続けて、泣き出します。

 

 

そこで、家訓を言わせたあとに、

 

「できる!できる!できる!

 わかる!わかる!わかる!」

 

と言わせました。

 

 

1週間もしたら、

わからない、できない、

を言わなくなり、しぶしぶですが、

公文の宿題をやるようになりました。

 

 

娘は中学生なので、もう無理ですが、

小学3年生以下のお子さんには

 

圧倒的な効果があるので、

ぜひ、活用してみてください。

 

家訓戦法で、息子2人を

コントロールできるようになりました。

 

 

娘の反抗期について、いろいろと

励ましのコメントをいただきました。

 

ありがとうございます。

 

 

反抗期は、だいたい3~6年って

わかっているので耐えます

 

 

娘が自立していくって事は

良いことですから・・・