100%未満のクオリティでも顧客満足度をアップさせる方法

100%未満のクオリティでも顧客満足度をアップさせる方法 

七星です。

世の中に出回っている商品の多くは

クオリティが100%の商品です。

特に、日本はそういう傾向ですね。

最近では、商品に欠陥があったり、

クレームがあったことで

会社がつぶれちゃう時代です。

日本の商品のクオリティは

100%があたりまえです。

それは、大企業が工場で

毎日、毎日、同じものを

何万個、何十万個と作っていて、

なおかつ、何年も

作り続けてきた結晶です。

そういう物だからこそ、

クオリティが100%なんです。

ここで、重要な事なんですが、

お客様というのは、

原則的に、100%のクオリティを

求めてくると覚えておいてください。

私は、元々職人でしたが、

家を新築する場合ではなく、

リフォームする場合は、

ゼロから作る物じゃないので、

100%にするのは不可能です。

他にも、コンサルだったり、

自分が身に付けたスキルを

誰かに教えたりとか

必ずしも100%を与えられない商品

あるって事を覚えておいてください。

お客様に商品を提供する時に、

「これは、100%のクオリティーを

 与えられないものだな」

ということが、分かっていれば

お客様にそういう説明が出来ます。

で、事前にきちんと説明しておくと、

余計なクレームになりません。

お客様に隙を見せたことで、

クレームが来ることもあります。

もし、お客様から、

「ここはこうなんじゃないですか?」

と言われたら、

この商品は、100%のクオリティーを

与えられないものだということを

しっかり説明してください。

とかそういう物は、

通常、クオリティが100%です。

これまでに、

何度も、何度も、改善をしながら

何十年も作られてきて、

同じものを毎日、毎日、

工場で作っているから

100%の物が出来るのです。

逆に、リフォームというのは、

家によってマチマチだし、

その場限りで作っている

ハンドメイドです。

だから、クオリティ100%は

すごく難しいです。

だからといって、

逃げる訳じゃなくて、

「全力を尽くして、

 最大限の努力をします。

 でも、出来る事と出来ない事がある

 というのは、ご理解ください。」

事前に、こういう説明をして、

お客様に納得してもらっておく

そうすることによって、

お客様に満足してもらえます。

『お客様の満足度は、

 こちらがコントロールする』

そういう考えを持っていないと

ビジネスは成功しません。

お客様は、車と同じように

100%のクオリティを求めてくる。

ビジネスマン、商売人は

どうやってお客さんをコントロールするか。

これがビジネスをしていく上で

重要なポイントです。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。