生活保護者は生きる価値があるのでしょうか?

ニート

七星です。

私は、人より良い生活をしていると思います。
また、私の知り合いも
充実した生活をしている人が多いです。

 

逆に知り合いのなかに、
生活保護を受けている人は1人もいません。

私は、生活保護制度に反対です。

 

私は、相当なお金を家に入れていますが
私のは、サイゼリヤでアルバイトをしています。笑

時給は1,010円です。

週3日ほど働いて月6万円ほど稼いでいます。

週5日で働いたら月に15万円は稼げます。

 

生活保護を受けている人達は、
働く意思があるのでしょうか?

「仕事が無い」って、言う人がいるけど、
妻は、以前、和民でも、アルバイトをしていましたが、


「人が足りない、足りない」って、
忙しそうにしてました。

給料や仕事を選ばなければ仕事はいくらでもあります。

 

仕事ができない基準をしっかりとするべきですね。

私が言いたいのは、五体満足で仕事ができる状態の人が、
生活保護をうける事に断固反対ということです。

 

私は、生活保護を受けるくらいなら死にます。


生きる意味がない。というか、
絶対に稼ぐ自信があるからここまで言います。

 

私は、生まれてからこれまで、

人の10倍、努力をして、
人の10倍、辛い思いをして、
人の10倍、失敗してきました。

その結果が、今の私の実力と経験です。

 

それなのに、今までの努力が足りない人
稼げないからと言って、生活保護を受けることは、
税金をしっかりと払っている私としては
許せない気持ちになります。

 

こういう事を書くと、
「七星さんは酷い。冷たい。人として最低だ」
とか、言う人がいますが、
よく考えてください。

いま、生活保護を受けている人は、
約200万人もいます。

日本の人口を、1億人として計算すると、
100人中、2人は生活保護を受けている。

このなかで、
【本当に】稼げなくて困っている人は
何人いるのでしょうか?

 

この前、ギリシャが破綻して、
公務員の数が多すぎるという話があったけど
生活保護より、まだましです。

 

たとえば、あなたの妹が、
バカな男と結婚して、子供がいる状況で離婚したとします。

それで、生活できないからって、
あなたは毎月20万円渡しますか?

そんなの、本人の責任です。

 

働きもしない人の人生の失敗を、
なぜ、税金で保護しないといけないのか?

もし私なら、毎月稼いだお金の2倍をあげます。

5万円稼いだら、10万円とか。
2万円しか稼げないなら、10倍の20万円をあげるとか。

働きもしない人に、お金を渡すのはダメです。

 

今の日本は、バカです。
人間を腐らせる制度しかない。

もちろん、事故とか、病気とか何らかの理由があって、
【本当に】働けなくて、どうしようもない場合はわかるけど、

五体満足、大きな病気もない人は、
月1万円でもいいから稼がせるべきです。

 

例えばですが、公園の掃除を義務付けて、
その給料としてお金を渡すとか。

働かざる者、生きる価値なし。

申し訳ないけど、これが私の考えです。

私は意識があるかぎり、手足がなくなろうが、
どんな状況でも、稼ぐ自信がある。

 

もう一度いいますが、
本当に働けない人は仕方がないと思いますが、
働けるのに、1円も稼がない、何もしない人に、
お金を渡す制度はおかしいって思ってます。

 

働いても、稼げないのは、その人の努力が足りない。
または、親の教育、環境です。

でも、結局は、全て自分が悪い。

自分の人生の失敗を人に助けてもらう?
自分のケツは自分でふいて欲しいです。

 

P.S.

あまりに批判が多いので、補足しますが、
生まれもった障害や、とんでもない状態なら、
もちろん税金を使って助けることはいいと思いますが、
がんばれば稼げる人も甘やかしている制度がダメって事です。

真意をしっかりと読み解けない人、
すぐ感情的になる人はよくないです。
それではこれからの世界で負け組になります。