もし、無実の罪で、警察に捕まったら・・・

手錠

七星です。

冤罪ってありますよね。

無実の罪で、逮捕され、何年も刑務所に入る。

でも、それって、その人にも責任があります

いじめは、いじめられる側にも理由があるのと同じ

無実を証明できないのは、

その人が、無知だからです。

警察との勝負に勝てなかったってこと。

税務署、銀行、役所とか、

日常生活の中でも、

いろんな部分で、交渉ってありますが、

自分の意見が通らなかったら

税金を多く取られたり、

銀行口座が作れなかったりします。

人生は、交渉するものです。

もし、無実の罪で捕まったら、どうするか?

もし、無実の罪で捕まったら、

私なら、警察を味方につけます。

本当に無実だったとしたら、

多くの人は、キレるし、怒りますよね。

でも、警察官を怒らせても、何も良いことがないです。

まず、私だったら、冷静に相手の話を聞きます

でも、その時は、あまりこちらの情報を出さない方がいいです。

交渉で重要なことは、まずは冷静になる事と、

相手を怒らせない事です。

お互い感情的になっても、何も良いことがないです。

私は過去に、警察の人と交渉したことが多々あります。

その時、感情的になったこともありますが、

何も良いことがなかったです。

これは、税務署、役所、銀行など、

すべて同じで、まずは、冷静になることです。

次に重要なのが、

『その道のプロ』 に助けを求めてください。

警察が相手なら、弁護士とか。

その交渉に対して、経験がある人を見つけることが重要。

ただし、良い悪いの見極めが難しいので、

人脈が広くて、信頼できるお金持ちに助けてもらい、

その人に、その道のプロを紹介してもらう。

これが、重要です。

例えば、私とか、すごく頼りになると思います。

いろんな人脈があるので、何かあった時に

その道のプロを、どんな職種の人であっても

紹介することができます。

もし、無実の罪で捕まったら、

優秀な弁護士を見つけてくださいね。

間違っても、無料で使える弁護士はダメです。

冤罪で捕まって、何年も刑務所に居た人とか

あくまでも私の予測ですが、

・オレはやってない。と言うだけ

・警察官とケンカした

・アホな弁護士を使った

こういう理由だと思います。

弁護士の力は偉大です。

あと、やる気のないプロより、

やる気のある見習いの方が使えるという理論があって、

その弁護士を、どれだけ味方につけるか

それも重要で、そういう意味でも、

誰かの紹介がいいです。

チカンも同じです。

電車に乗っていて、もしチカンに間違われても、

やはり冷静に対処するべきです。

私は、どんな状況になっても、

それなりの対応をできる自信があります。

それは、過去に、 

いろいろな経験をしているので、

なにかあっても、冷静でいる自信があるからです。

何かあったら、冷静になる、そして、

お金持ちで、人脈が広そうな人に、助けを求める。

この2つができれば、大抵のトラブルは軽減できます。

P.S.

何かあった時は、

初動が早い方がいいです。

1分、1秒でも早い対処が、

トラブルの軽減につながります。

時間は、お金では買えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。