うちのスタッフの給与を公開します

給与

 

七星です。

 

時代の流れで、学校は週休2日が大半だし、

大企業は、祝日も休みです。

 

日本は働きすぎる国って言われてるけど、

じつは、平均レベルになっています。

 

 

◇年間 平均労働時間

 1位:メキシコ  2,226時間
 2位:韓国    2,090時間
 3位:ギリシャ  2,034時間
 4位:チリ    2,029時間
 5位:ロシア   1,982時間
 6位:ポーランド 1,929時間
 7位:イスラエル 1,910時間
 8位:エストニア 1,889時間
 9位:ハンガリー 1,888時間
10位:トルコ   1,855時間

15位:日本    1,745時間

世界平均:    1,725時間

 

日本はべつに働きすぎじゃないからね。

 

 

ちょっと調べたら、

1980年代、バブルの頃は、

 

日本人の平均労働時間は、

2,100時間で、世界一だったのですが、

いまは、普通レベルの国になっています。

 

 

だから、

日本はダメになってきた気がします。

 

週休2日、祝日も休みとか

ありえないです。

 

私の会社に、週休2日制を導入したら

会社が崩壊します。

 

 

ちなみに、はっきりと言いますが、

労働基準法とか、私には関係ないです。

 

 

あれは、社員数が50人を超えたあたりからで、

50人以下の会社は、ベンチャーなので、

 

関係ないと思っているし、

社長がしっかりとしていれば効力はないです。

 

 

労働基準法を守っていたら、

強い会社が作れないし、

 

 

スタッフに良い給料を与えられないし、

税金も払うことができません。

 

あんなのアホな考えです。

 

 

というのが、私の考えだったのですが・・・

 

考えが変わりました。

 

 

2016年、私の会社は、

完全週休2日制を導入します。

 

 

組織に属するって、

みんなで力を合わせるって事なので、

 

1人ではなく、会社組織として、

頑張っているからこそ、

もっと楽できるものだと考えました。

 

そうじゃなかったら、

独立して1人で稼いだほうがいいよね。

 

その分、私が、頑張ればいい。

 

 

私は、

 

・男は、遊び = 仕事

・成長することに生きがいを持つべき!

・休みが欲しい~~って奴はクビ!

 

という考えでした。

 

 

今でも、

 

・家族と過ごす = 時間の無駄

・友達と遊ぶ = 時間の無駄

・趣味で遊ぶ = 時間の無駄

 

こう思っています。

 

 

この無駄とは、

自己成長としては、無駄って事です。

 

 

まぁ、完全に無駄ってことは無いですが、

家族と一緒に、旅行に行ったり、遊んでも

私自身の成長には、あまり関係ないです。

 

 

100時間とか、200時間費やすのは、

人としては、成長すると思いますが、

 

四六時中、家族と一緒にいても、

男としての成長という観点で言ったら、

なんのメリットもないです。

 

 

男として、成長する事が、

人生の最大目標。

 

これに、変わりはないです。

 

 

これは、変わらないのですが、

今回、私が考えたのは、

組織に属するメリットです。

 

 

仲間が居れば、自分が休んでいる時

他の人が、頑張ってくれればいいし、

それは、お互い様です。

 

仕事の効率をよくして、

頑張らなくても、収益がでる会社を作る。

 

 

組織としてのシステムがしっかりとしていて、

チームワークが良ければ、

 

それこそ、世界平均の1,725時間とか、

たとえば、1,500時間や、1,000時間でも

よい給料が払える。

 

そんな会社を作ればいい。

 

 

組織って、そういうものではないのか?

 

そういう考えが芽生えました。

 

 

ようは、男として、ある一定以上成長したら、

稼がないとダメという成長だけでなく、

何か違った時間の使い方を見つける。

 

そのためにも、休みは必要だと思いました。

 

 

あ!でも、勘違いしないでね。

 

20代や、見習いは、死ぬほど働くべきです。

 

 

20代の頃の、私の年間労動時間を計算したら、

たぶん、4,300時間を超えます。

 

 

その時、仲間と話していたのが、

 

「過労死って、どこまで働いたらそうなるのかな?」

 

だったからね。笑

 

 

いま、うちの会社のスタッフの

年間の平均労働時間が2,300時間ぐらいで、

多い子でも、3,000時間くらい。

 

私から言わせたら、

まだまだ、あまいです。

 

 

でも、来年から、

勤続3年以上のスタッフは、

二週間の長期休暇を取れるようにして、

 

勤続年数とか、年齢とか、貢献度とかで、

スタッフに、楽をしてもらう事にしました。

 

 

勤続3年以上は、週休2日っていいかもね。

 

 

家庭持ちは、週休2日でないとダメだし、

その分、私がしっかりと良い組織を作って

よいシステムを作る。

 

 

社長の仕事は、お給料を払う事ではなく、

スタッフに楽をさせる事かもしれません。

 

 

ただし、使えないスタッフは、クビにする

 

これに変わりはないです。

 

 

ちなみに、うちのスタッフの

12月の給与査定ですが、

ほぼ全員の月給を、10万円UPしました。

 

10万円UPじゃない2名も、月給5万円UPです。

 

 

ボーナスではなく、月給を上げるって、

会社経営者としては、勇気がいります。

 

来年の査定では、

全員の月給を、さらに10万円上げたいです。

 

そしたら、年収1,000万円超え

一気に増えます。

 

 

勤続5年以上のスタッフには、

最低でも1,000万円はあげたいので。

 

もちろん、労動時間は少なく。

 

 

そのためには、よい組織を作らないと。

 

 

自分の幸せ、家族の幸せ、

 

やっと、スタッフの幸せの 

ステージに来たって感じですね。

 

 

本当は、週休2日って言葉が嫌いだけど、

その分、私がうまく、やりくりして

強い組織を維持すればいい。

 

 

さて、公言したので、頑張らないと!!