娘の反抗期が、一気になくなりました。

寝相

七星です。

娘が、びっくりするくらいごきげんで、

なんと、私と会話をしてくれます! 笑

1週間に、一言でも会話があったら

すごいことなのに、ここ最近、

1日に10回くらい会話があります。

私が、「いってらっしゃい」 と言うと、

前までは、無視、または、

「うるさい」って言われたのですが、

最近では、「うん」って、返事をしてくれます。

普通に嬉しいです。

家族5人で出かける事にも積極的で、

ここに行きたいとか、言うようになりました。

この感じだと、あと半年もしたら

普通の関係に戻れそうです。

数年はかかると思っていたので、

びっくりしています。

もう少し、反抗期を

楽しんでもよかったと思うほどです。

今回、反抗期がなくなり始めた

きっかけの話をします。

そして、このタイミングで

多くの親がやる、失敗の話もします。

娘の反抗期が、

まだ、終わったわけでないので、

総論するには早いのですが、

現時点での、私の見解です。

まず、反抗期になった理由ですが、

うちの娘に関しては、受験のストレスでした。

小学5年生になってから、

学校終わりに、毎日会社にこさせて、

嫌いな勉強をさせていました。

このストレスが一つ。

小学校では、おとなしい子だったので、

プチいじめみたいな事があったみたいで、

そのストレスが二つめ。

そのストレス発散で、親に反抗したのが

きっかけだと思います。

受験が終わっても、新しい学校、

通学、部活等の、環境変化への対応で、

またストレスが発生して、

その発散で、親に反抗していた。

子供から大人になるにあたって、

社会に適応していく中で、

いろいろ疑問や矛盾が発生して、

その環境になれるまでの、ジレンマ、失敗

そのままストレスになった。

これは、頭がいい子や、物事を考える力がある子

起きる現象だと思います。

周りが見えない人、自分勝手な人は、

ストレスを感じないです。

可哀想って言ったら、可哀想だけど、

将来のことを考えたら、良い事だと思います。

そして、今回、反抗期が弱くなった理由は、

そのストレスが無くなったことが大きいです。

まず、友達との関係性です。

女子はグループを作る生き物ですが、

1クラス40人で、女子は12人。

学校に入って、半年以上経過し、

クラスメイトとの関係性にも慣れて、

友達との付き合いが安定してきた。

特に仲がいい子が、1人できたみたいで、

最近、学校が楽しいと言っています。

家でも笑顔が出てきたし、

いろいろ、良い感じみたいです。

本当によかったです。

ここまでは、外部的な要因ですが、

この状況が出来あがって、

初めて、効果があった事が多数あります。

ここからは、私が狙って、していた事で、

思惑通りに事が進んだので、

早い段階で、反抗期が弱まったと思います。

まず、小さい頃に、

楽しい思い出をいっぱい作った。

本来、私と仲が悪くなっても、

娘にとって、何も良いことはないです。

遊びに連れて行ってもらえないし、

何も買ってもらえません。

反抗期は、百害あって一理なし、

私に甘えた方が、メリットが多いです。

でも、今までは、私への感情が、

メリットより、嫌いの方が、強かった。

うちは、小さい頃から、

子供たちを、いろんな場所に連れて行って、

遊びをたくさん体験させています。

あと、良いか、悪いか、まだ解らないけど、

なんでも買い与えてました。

私と仲がいいと、メリットが多いって、

感覚的には理解していたけど、ストレス発散の場として、

普段がまんしている分、私に逆らって、大きな声を出す。

感情を出す行為をしていました。

でも、ストレス要因が減ったことで、

嫌いより、メリットの方が、大きくなったことが

反抗期が弱まった理由みたいです。

小さい頃に、楽しい思い出をたくさん作ったことが

ここで、結果につながりました。

あと、PTA活動です。

これは、友達に感謝ですが、

私が、学校行事に参加して、いろいろがんばっている時、

一番仲のいい友達が、私を見て、冗談だと思いますが、

「カッコイイお父さんじゃん、

 大学生みたいで、兄弟みたいだよ。」

って、言ってくれたみたいです。

PTA活動は、かっこいい父親って事を、

アピールするためにやっていた事でもあり、

これは思惑通りで、笑えました。

この友達の冗談から、私に対する

娘の見方が、少し変わり始め、

この時期から、私と会話をするようになったので、

あきらかに変わりました。

極めつけが、アスレチックです。

娘は、体を動かすことが好きみたいで、

小さい頃から、アスレチックや、サイクリング、

大型公園、海や山に、連れて行ってました。

で、11月末に、

息子2人が、授業参観の振り替えで、

月曜日が休みでした。

そこで、娘に、

「学校休んで、アスレチックに行く?」

って聞いたら、行くって言うので、びっくりです。

ここ2年ほど、家族5人で出かけたことがない。

でも、アスレチックは行きたいから、

OKを出したのだと思います。

で、そのアスレチック遊びが、

すこぶる楽しかったみたいです。

あと、バーベキューもやったのですが、

今回、肉を焼いたりするのを、全て娘に任せました。

それも、初めての経験で、楽しかったみたいで、

私と遊びに行くと、楽しいって事を思い出した。

そしたら、娘から、

いろいろな提案が出てくるようになった。

私が、

「ごはん食べに行く?」

って、妻に聞いたら、

娘が、紅虎餃子房に行きたいって言い出しました。

食事も、家族5人で行くことが、ほぼない。

娘からの提案も、数年ぶりです。

そして、紅虎餃子房に行ったら、

近くに、トイザらスがあるから、

オモチャを買ってもらえる。

ここでも、過去に散々、

いろいろ買ってもらった記憶がある。

娘は、とくにパズルが好きで、

今回も、パズルが欲しくて

嫌いな私と、紅虎餃子房に食べに行った。

メリットが、嫌いに、勝ったって事です。

娘に対する、過去の行動が、

間違ってなかったと思うと良かったです。

子供の頃に、どれだけ可愛がるかが重要だと、

今回の件で理解しました。

娘の反抗期ですが、へこたれずに、

つねに愛情を注ぎ続けてた結果でもあります。

それが、間接的なやさしさです。

私はいつも、0時過ぎに帰ります。

帰ったら、娘の部屋に行って、

布団をかけたり、暖房つけたり

電気を消したりしています。

これは、もう、1人部屋を作ってあげてから

4年ぐらい続けていますが、

最近は、リビングに大きなソファーを買ったら、

部屋で寝ないで、テレビをつけっぱなしで寝ています。

なので、毎回、二階から毛布を持ってきてかけて、

暖房と加湿器をつけてあげて、電気を消してました。

これは、ここ一ヶ月ぐらいの事なのですが、

妻は、一度寝ると、朝まで起きないので、

あきらかに、私がやっている事だと解ったみたいで、

朝起きたら、

「毛布ありがとう。」

と、ボソって、初めて言ってきた。

私が、毛布をかけたりしているのは

4年前からしていたことだけど、

自分の部屋だったので、気が付かなかったみたいです。

ここ一ヶ月で、いろんな事が重なって、

やっと私の愛情に気がついたみたいです。笑

という事で、反抗期が終わるのが、

意外と、早くなりそうです。

でも!!

ここで安心したら、大きな失敗をしそうでした。

そのことは、明日お話ししますね。

相当数の人は、この失敗をすると思います。

この話の続きを聞きたい人は、

このページの上部から、社長ブログランキングの

応援クリックをお願いします。

皆さんの愛情も感じたいです。 笑

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 七星 明 先生

    お仕事、お疲れさまです。

    七星塾でお世話になりました
    九州は熊本の猿渡主税です。

    いつも七星先生のメルマガを読ませて頂いています。

    ボキャブラリーに溢れた先生のメルマガは、
    他にない魅力があり、【読んでいて、一番感情が
    グラグラに揺れるメルマガではないかな?!】
    と自分勝手に思っています。

    僕は先生よりも年上なのですが、晩婚だったこともあり、
    3才、2才、10ヶ月と3人の子供を抱えてます。

    今回の先生の日頃の努力が身を結ばれたみたいで、
    自分事の様に「よかった。。。」と
    嬉しくホッコリ致しました。^^
    (先生としては当たり前だったのかも知れませんが。。。)

    僕も日頃、平日は0時過ぎに帰ることが多く、
    嫁さんにも子供にも寂しい思いをさせています。

    土日位は子供、嫁さんが寝るまで、家族風呂にいったり、
    阿蘇方面にドライブしに行ったりと家族サービスしています。

    「家族風呂にいったり、阿蘇方面にドライブしに行ったりと
     いった家族サービスもムダではなかったんだな!」
    と改めて感じました。

    僕も自分の仕事を頑張りながら、家族も大事に守っていきます。

    ギラギラな先生の中の家族を大事にされるお姿が、
    同じ男性として素敵だな!と思いました。

    今、長女がちょっとした一次反抗期みたいなので、
    根気で楽しんでいこうと思います。^^

    先生のご健康をお祈りしつつ、僕も精進していこう
    と思います。

    ありがとうございました。

    猿渡主税(さわたり ちから)

  2. 七星さんの、娘さんの話
    いつもどきどきしながら読んでいました。
    でも、今回の記事で関係がよくなりそうな兆しがでてきたので
    とてもよかったです。子供頃によい思い出をいっぱい作ってあげるというのは
    ほんとうに大事ですね。娘さんが、親の愛に気がつけるようになったというのは、
    ほんとうに娘さんの成長の証だとおもいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。