離婚しようと思います。

喧嘩3

七星です。

全部が全部ではないのですが、

娘の反抗期の理由が解りました。

もっと早く気がつけばよかったし、

なんで、気がつかなかったのか。

人生、最大のミスの一つになりました。

ネット上で、妻を悪く書くことは

極力控えていて、書いた事もないと思います。

でも、今回だけはこの情報を共有したいので、

あえて妻のことを悪く書きます。

私は、子供が生まれる時、

ひとつだけ、妻にお願いをしました。

そして、約束をしました。

「子供の前で、お互いの悪口を言うのはやめようね」

それは、私自身が、小さい時から、

母から、父の悪口を、聞かされていたからです。

子供ながら、父は最低な男なんだと

洗脳されていました。

私が、中学に入った時に、親が離婚して、

子供3人を、母が育てることになり、

それから、私が29才になるまで、

父と会うことはなかったです。

ある日、10数年ぶりに、父から連絡があり

会いたいと言われたので、会いました。

ガンになったみたいで、手術をするには、

親族の承諾が必要だと。

この話は、長くなるので、

また今度にしますが、

その時、大人になって父と初めて会話をして、

意外と、普通で、しっかりした人だと感じたし、

「母が言っていたことは、

 間違っていたのではないか?」

と、思いました。

いま、考えてみると最低だったのは、

母の方で、母の言っていた事は、

ウソではないけど、大げさでした。

そんな経験から、自分の親が、

もう片方の親の悪口を言うことは、

子育てのなかでも、最低な行為だと

自分自身の体験で理解しているので、

それは、しないでおこうと、

妻と約束をしていました。

なので、妻の悪口を、

子供の前で言った記憶はなかったのですが、

じつは、お互いに言い合ってました。

それは、お互いが、価値観を尊重していなかったからです。

私は、ここ10年で、圧倒的に成長しました。

・ビジネスマンとしてのスキル

・お金を稼ぐ力

・コミュニケーションスキル

・人脈

・夢を実現できるスキル

そこらへんの一般の人とは、もう変わりました。

妻は、それが嫌で嫌で仕方がないから、

私の行動や、成長を、否定し続けています。

悪口は言ってないけど、行動を否定する。

私は、通常の人の考え方ではないです。

ビックサイトで6,000人セミナーを開こうって、

普通のサラリーマンが考えたりしないでしょう。

客単価10万円の高級フレンチを食べたいとか、

宝石屋さんを、いきなり始めたりとか、

一般の人とは、違う発想があるからこそ、

今の成功があります。

でも、私の妻は、この10年間、

良い意味でも、悪い意味でも、

なんの成長もしていません。

私の年収が、何十倍になっても、

妻は、未だに、時給1,050円のアルバイトをしてます。

高級なフレンチを食べに行こうって誘っても、

「緊張する。お腹が痛くなるから行きたくない。

 私は、ファミリーレストランが落ち着く」

芸能人のパーティに行こうって誘っても、

「嫌だ!」

家族5人で、ドバイに行こうと言ったら、

「そこまでしなくていい。」

私は、妻の考え方、生き方を否定しています。

どっちが良い、悪いはべつとして、

私の変化に、妻はついてこなかった。

10年前と、何もかわってない。

ある意味、私が与沢さんみたいに、

暴走しないのは、妻や妹が、

よいブレーキになってくれているのですが、

でも、このお互いが、お互いの

考え方を認めていない状況が、

子育てに悪い影響を与えていることに、

いままで気がつかなかったです。

そんな事も解らなかったのですか?と、

周りの人から、バカにされるかもしれませんが、

なぜか、気がつかなかったです。

お互いが、お互いを認めない事は、

間接的に、相手の悪口を言っている事と同じでした。

娘が、私の事を否定している事実に、

正月の、とある出来事で気が付きました。

私の発信を、妻はブログで見ています。

家庭の恥だし、妻にも悪いと思いますが、

みんなには、私と同じミスをしてほしくないので、

これは公表することにしました。

今日は、忙しいので、次のメルマガ、ブログで

正月の出来事を、もう少し詳しく話しますね。

もっと早く気がつけばよかったです。

七星一生の不覚、でも、まだ修正はできます。

この話の続きは下記からどうぞ 

離婚しようと思います。その2
※1月24日の記事です

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1.  多分ですが、七星さんが偉そうにしているのがムカついて、否定したくなるのではないでしょうか。考え方を認めていないのではなくて、「自分の方が優れている」「偉い」という意識が気に入らないんだと思います。メルマガやブログの印象からですが、奥さんに対して、基本、上から目線なので。

     実害がないもの、公序良俗に反しないものを認める・認めないは、価値観の違い以前に、気分に左右されます。

     気に入るか・入らないかで、それに対する寛容さに差が出ます。七星さんが相手を馬鹿にしている(そのつもりはなくても、相手はそう感じる)から、相手も七星さんに非寛容になる。

    自分の方が上 + 相手の方が上 ○
    自分の方が上 + 自分と相手は同等 ×
    自分の方が上 + 自分の方が上 ×
    自分と相手は同等 + 自分と相手は同等 ○

     ○は関係良好。×は対立です。おそらく、「自分の方が上 + 自分と相手は同等」の組み合わせになっており、相手側からすると、バランスを取るために否定して引きずりおろす必要性があるのではないでしょうか。

     価値観というものは、突き詰めれば、善悪と美醜で構成されます。善悪も美醜も排他性を持つ感覚ですから、異なる価値観の尊重なんて、最初から無理な話です。

     もしも異なる価値観を尊重しようと思えば、善悪と美醜よりも上位の概念を根拠にしなければなりません。

     その役割を担えるものは、一つには「多様性の価値」だと考えています。

     社会を構成する人間が多様だからこそ、豊かな社会が実現できます。自分が不得意なもの、知らないもの、観点にないもの、重要視しないものを、自分とは異なる個性が埋めてくれるからこそ、この社会の姿があります。自分はその社会に、恩恵を受けています。

    「多様性の価値」は、個人が持つ善悪と美醜の感覚を超えた実益があります。

     そして全てにおいて完全は有り得ないので、他者には他者の欠落があり、誤りがあります。勿論、それは自分であっても同じです。ですから「多様性の価値」の尊重は、欠落と誤りへの寛容さとセットでなければなりません。

     ここまで持ってこないと、本当の意味で、共感できない他人の価値観は尊重できないと考えています。

     衝突はしても良いし、部分的に否定して意見を対立させても良いです。こうして異なる知識と観点を提供・吸収し合って、再構成され、成長と成熟を繰り返していきます。

     そして最後の最後に、絶対に相容れない善悪と美醜の排他性があり、突き詰めれば衝突を避けられません。ですから上手い人はその手前で立ち止まりますし、もっと上手い人は、排他性を超えた何かをもって更に奥に進んで行けます。その何かの一つとして、「多様性の価値」があります。他の何かも、きっとあるでしょう。

     七星さんが提供してくれた限られた情報の中から推察しています。見当はずれの発言だったら、申し訳ありません。

     良好な家族関係の構築に、少しでもヒントになればと思います。

  2. ななほしさーん!
    この記事を見て、ちょっと思いついたんですけど。
    七星さん、ちょっと前に詐欺師撲滅の記事を書かれていたでしょ。
    これと、今度の離婚の話、何か関係がありそうで。

    というのは、七星さん、この10年でものすごく変化されたのですけど、
    その変化の中で、七星さんの心のどこかに、ほんの少しだとは思うの
    だけれども、自分が「詐欺をしていないか」という心配があるんじゃないかと
    思うんです。
    奥さまは、それが引っかかっていて、七星さんに、それを乗り越えて
    ほしいと思っているのではと感じています。
    七星さんに本当に近いところにいる人なのに、変わらないわけがないと
    思うんです。七星さんの、ほんのわずかの閉じられたドアを、奥さんは
    開けてほしいといっているんだと思います。
    ここに書くには勇気がいりました。七星ファンの方にも怒られそうです。
    でも、七星セミナーに参加されたみなさんは、閉じられたドアをオープンにし、
    奥さまが入ってこれるようになった七星さんに、絶対についていきたいと
    思えるのではないでしょうか。

  3. 次の件にガーンときました。
    私は、今離婚裁判中です。
    私の妻も子供の前で私を責めるとか悪口を言いませんでしたが、認めていませんでした。

    お互いが、お互いを認めない事は、

    間接的に、相手の悪口を言っている事と同じでした。

  4. 日にちが経ってしまい今頃コミットしますことをお許し下さい。
    私は七星さんのブログwいつもよんでいますので別に何も言うことはありませんが、
    奥様に関して感じたことを申します。
    私は七星さんより奥様に尊敬の念を持ちます。私は奥様が大好きです。自分の夫となる人が、そこらの人と収入面とかいろいろ違う人でも、自分の姿勢を貫く強い意志をお持ちだからです。
    私を含めて、同じ立場でしたら世の多くの女性はどんなにミーハーな生き方をすることか。デビ夫人まがいのお買い物やきらびやかな生活を送ると思います。夫の収入などに浮かれない生活を送るということに驚愕し尊敬いたします。私の周りにそんな方はいません。ご立派ご立派、すごい人間力と魅力を感じます。奥様の人間の魅力に七星さんは敵いません。
    私は奥様と友達になってたくさんのことを学べたらと思います。もちろんそれは出来ないことですがおくさまのことを心から尊敬する者がいることを是非知ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。