自分の妻を自分と同様に愛しなさい。妻もまた、自分の夫を敬いなさい。

教会

七星です。

私の妻が、

『離婚しようと思います』

『離婚しようと思います。その2』

このブログ記事を見たそうです。笑

すげ~ 反論されたのですが、

私は負けません。

この記事も、見られていると思いますが、

私は負けません。

妻は、みなさんからのコメントも見ていて、

それも使って、反論してきていますが、

私は負けません。

でも、聖書5章33節の言葉

———————————-
自分の妻を自分と同様に愛しなさい。

妻もまた、自分の夫を敬いなさい。
———————————-

これを人から送られて、少し反省しました。

聖書っていいですよね~~~。

私は、神様とか信じませんし、

宗教は、お金儲けの洗脳集団だと思ってますが、

教えは、本当に良いと思います。

最近、遊び呆けて、

妻を愛してなかったと思います。

娘の反抗期は、妻の責任で、

まだ怒っていますが・・・・

それは、それです。

いま、43才ですが、19才の時から24年間、

妻と、ずっと一緒です。

私が、大変な時や、ダメな時、

ずっと支えてくれた妻を、愛さないといけません。

これは、ちょっと反省しました。

自分ばっかり遊んで、

成長していないからとか、付き合いが悪いからと、

妻を相手にしていなかったのは、私です。

『自分の妻を、自分と同様に愛しなさい。』

はい、その通りです。

でも!

『妻もまた、自分の夫を敬いなさい。』

って、ほら!そうじゃん。

あいつは、私を敬ってない。

私が、気がついたとおりのことが

聖書にも書いてありました。

お互いを、お互いで、尊重しあう。認め合う。

妻が、時給1,050円の

アルバイトをしている事を、私は認めます。

そして、高級な食事とか、

私のパーティーに付き合ってくれない事も

疲れるんですね。それも、認めます。

私は、変わり者の変態なので、

恐ろしい行動をします。

それが、心配で心配で仕方がない。

だから、私を認められない。

女性は不利です。

男は、何歳になっても、どうとでもなりますが、

女性は、年を取れば取るほど、何も残りません。

女性の若い頃の時間を束縛したなら、

男性には、それ相応の責任が発生します。

どんなに、女性の方が成長しなくても、

それは、当たり前です。

女性の人生は、通常は20代で終わります。

そこを、男で、一般とは違う

私と同じ扱いにしたら、それは可哀想です。

成長のない妻を、私は理解することにしました。

言いたい事を、全部、ブログに書いたので、

すっきりしたのもあります。

私にとって、娘は最高級に大切な存在です。

妻より、娘の方が大切です。笑

なので、妻が原因で、

私が娘に嫌われたと思ったら

無性に腹がたちました。

さて、『雨降って地固まる』になるのかな?

こんな事を書いてますが、

今日から、一週間、マカオに、

ギャンブルツアーに行きます。

5泊するのですが、

1日20時間、5日間、合計100時間

ギャンブルをやり続けて、

300万円を勝ってこようって計算です。

こんなバカな事をさせてくれるのも、

妻や会社のみんなのおかげです。

しっかりと、結果を出してきます。

ギャンブルの話は明日しますね。

毎日、いくら勝ったか報告します。

もし、負けたら、

二度と、ギャンブル、投資、FXもしません。

七星明が、本気でギャンブルをしたらどうなるか。

乞うご期待です。

妻には、ごめんなさい。。 って言いました。

この話の続きはこちら

妻が納得してくれました
※2月14日の記事です

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. >成長のない妻を、私は理解することにしました。

     誰にでも自尊心はありますので、「成長のない」と断じられた上で「理解して受け入れる」と言われても、奥さんからすれば、受け入れるのは心情的に難しいと思いますよ。

     女性には、二種類しかタイプがありません。他人を気を使わないワガママな女性と、他人を気を使うワガママな女性です。一方の男性も、やはり二種類しかタイプがありません。他人に配慮しない自分勝手な男性と、他人に配慮をする自分勝手な男性です。

     男女の対立は、突き詰めれば「ワガママ」VS「自分勝手」の構造です。

     ワガママと自分勝手は似ていますが、出発点が違います。ワガママは自分の感情が満たされないと気が済まないのに対し、自分勝手は自分のルールや基準が満たされないと気が済みません。

     ですから男女で争うと、男性視点では、女性は非論理的で支離滅裂に見えます。自分が正しいにも関わらず、負けを認めずに歯向かってくる愚かな行動にしか思えません。

     七星さんは他人に配慮をする、良い側の自分勝手な男性ですが、その配慮を受け入れないと解るや否や、即、一刀両断で叩き切る印象があります。この辺りは男性性の強いリーダーシップと表裏一体なので、悪いという事ではありません。ただ一つ精神性が、全ての状況や場面で有益には働かないという意味では、やはり弊害の可能性は否めません。

     七星さんが正しさの刀で一刀両断にしても、おそらく奥さんは決して納得しないですし、関係性が良くなることもありません。対話がないよりは遥かに健全ですが、その先の正解の道は、“諦めからの消極的な承認”しかありません。

     七星さんが奥さんを、「成長しない自分よりも劣った者」と見ているように、奥さんもまた七星さんを、「人の気持ちを理解しているつもりで、全然、理解できていないバカ」と思っています。おそらく。

     僕は男性だから、男性視点で者を言っておりますが、夫が「自分は女性の気持ちを理解できないバカだ」と思っているくらいで、ちょうど良いです。心理学は、ただの整理棚です。それを持って分析しても、女性からすれば「理解しているつもり」くらいにしか評価しません。所詮、自分の中にないものは、どんな整理棚を持ってしても最終的には解らないものです。

     社会的に成功もしていて自信満々な男は、そう思っているくらいで丁度良いです。少なくとも僕自身は、この方向性を見つけてから、溝が埋まっていくのを実感しています。

     やはり限られた情報から推察する部分が多いので、的を外している部分もあるかもしれません。しかし七星さん夫婦の状況に合致する所があれば、ご一考ください。

     人様のプライべートな部分に踏み込んで発言してしまい、失礼いたしました。七星さんご家族のことは、メルマガで度々、状況やエピソードを拝見しております。思い入れと言いますか、不幸な展開になって欲しくないという思いがあります。

  2. ななほしさーん!
    奥さんに真剣に向き合ってきていますね。
    今回のメルマガの最後の「ごめんなさい」、わたしはななほしさんの奥さんではないんですけど、うれしくて涙が出ました。
    いつもななほしさんのメルマガ届くの楽しみなんですけど、最近、さらに楽しみになってきています。
    伝わってくるものがあきらかに変わってきたというか。
    本気でついていきたいと思う人、増えてきていると思います。
    ギャンブルツアー、ドキドキですね。
    ななほしさんがどこまで奥さんに真剣に向き合っているか、数字で出てしまいそうで。
    お気をつけて、行ってらっしゃい!

  3. いつも読ませて頂いてます。初めてコメントさせて頂きます。

    ごめんなさい、って言いました。

    これだけで救われました。

    世の中には、この一言が言えない人ばかりですから。

  4. いつも楽しく為になるメルマガを有難うございます。

    七星さんも奥様も、人並み外れた素晴らしい方々なので、是非世のお手本になるようなご夫婦でいて下さい。

    勿論ご夫婦ならどこのご夫婦でも山あり谷あり様々乗り越えて今があると思います。ここまで良いご家族で頑張ってこられたのに離婚は勿体なさ過ぎです!

    七星さんがこれほど力があり沢山稼ぐのに、決して浪費家にならず奢らず、七星さんが派手に遊んでも、ご自身はこつこつパートをして子育てしてるなんて、自分を見失わないお金に惑わされない素晴らしい人間性の奥様だと私は思います☆

    ご縁あってのご夫婦、お互い信念の強い者同士、お似合いですよ。学び合うのが人生ですものね。

    ひとつ、ゲーム部屋は、一言奥様に相談して(許可を得られずとも)からにしたら、奥様も尊重されたと感じますし、後の争い?にならなかったのでは?日中ゲームの誘惑に負けて勉強しない子を躾けるのは母親ですので・・・。

    うちも人様に言える立場ではありませんが、お互いに良い家庭を築けるよう頑張りましょう♡
    良い家庭が増えることが、日本にとって最高の貢献だと思います。社会の最小単位が家庭なので、良い家庭が増えることが日本の平和に繋がりますので。

  5. 七星さんのしておられることは、とても立派だと
    感じました。

    七星さんのような人が、もっといてくれると男性方は、
    ちからが出ると思います。

    私も奥さんの気持ちわかります。なぜなら、貧乏人根性
    が(言い方悪いですが)抜けないし、思考が貧乏人だから。

    これは、病気だとつくづく思っています。

    本当に自覚して変えていかないと、いけないと痛切に
    反省しています!!

  6. 七星さん、子供さんがゲームをやってばかりで
    勉強しなくなったという話ですが、

    偉そうなことを言える立場ではないのですが、
    同じ母の立場としては、やはり勉強は
    してほしいと思います。
    ただ、私の家庭の場合ですが、子供ですから
    自分の興味のあるものに没頭するのは
    仕方ないという考えです。
    その代わり、学校には遅れないことと、
    将来はしっかり稼げるようにと、
    口癖のように子供に言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。