Gmailの迷惑メール判定基準が変わりました。

Gメール

七星です。

今年に入って、何かGmailの動きが変で、

いろいろと調べていたのですが、

やっと、アルゴリズムが理解できました。

メルマガの未来を予測します。

今年になって、

Gmailは、ドメインを見て

迷惑メールを判断していたのですが、

その理由が解ってきました。

今までは、IPアドレスを見て

サーバー毎に、迷惑判定をしていました。

一つのIP帯を、みんなで使っている

共有サービスの場合、他の人の影響で、

全体が迷惑メール判定を受ける事がありました。

ところが、最近のGmailですが、

配信者個人を特定して、

その人だけ、迷惑メール判定するようになって、

しっかりと配信している人からすると

ある意味、すごく良い事です。

今までは、迷惑メールクリックを押される

メルマガを見つけると、

IP単位でブロックをしていましたが、

最近では、そのIP内で、100人の人が

メルマガを発行しているとすると、

IPだけでブロックしないで、

次にドメインを見て、その100人が

同じドメインを使っているか確認してきます。

そこで、もし仮に、100人バラバラのドメインを使っていたら、

その1人だけ、ピンポイントでブロックしてきます。

逆に、暫定的に IP全体でブロックしていたとしても、

その本人が特定できて、ドメインでブロックしたら

その後、IPでのブロックが解除されます。

仮に、ドメインも100人同じだったら、

今度は、送信者アドレスを見て、本人を特定してきます。

Gmailの頭が、どんどん良くなってきています。笑

良いメルマガは、しっかりと届ける。

悪いメルマガは、ブロックする。

このアルゴリズムがしっかりとしてきました。

他にも、本文内の文章も見てくるし、

傾向として、件名にお金系の単語が入っていると

ダメみたいです。

NGワードを相当、しっかりと見てきています。

お金儲け系、ギャンブル系、アフィリ系は、

届かなくなるのが、時間の問題です。

今後、ヘッダー フッターに、

解除URLを入れることは必須です。

これをやっていないメルマガは、3年後、死にます。

メルマガの価値は、

『どれだけ解除されたか』

私のエキスパを使ってくれている人達には、

今のうちに、ドンドンお伝えしていきたいと思います。

とりあえず、Gmailが 迷惑メールを判定する時に、

個人を特定してきたって報告です。

怖いですね。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。