人事の神様でも、2割失敗する

上司

 

七星です。

 

私の知りあいで、

35才にして、社員が400人の

人材派遣会社の経営者がいます。

事務所がヒカリエです。生意気ですね。笑

 

その彼ですが、

過去に面接した人数が、3万人とか

とんでもない人数で、

人事の神様みたいなヤツです。

その彼でも、人事の失敗は2割あるって言ってて、

その2割の理由を教えてもらいました。

 

その彼は、少し話せば、

知性と情熱は、確実に解るそうです。

それは、私もなんとなく解ります。

でも、どうしても解らない部分があって、

それが理由で、2割ミスをするそうで、

人事の神様でも解らない事は、

信頼だそうです。

なるほど って深く実感です。

 

私も、過去に何人もクビにしてきています。

逃げたヤツもいるし、

辞めていったヤツもいますが、

その共通点は、

信頼できないヤツだったってことです。

たしかに、信頼って、

ある程度付き合わないと解らないので。

 

で、この信頼で、私が思ったことが

興味があるか、ないか、 です。

会社に興味が ある ・ ない

私に興味が ある ・ ない

 

能力は、見ればだいたい解りますが、

うちと、その人との、関係性って、

雇用してみないと解りません。

たしかに、そこに信頼って言葉が使われている。

信頼って、時間をかけてつくるもので、

それは、こちらの問題もあると思います。

相手が興味を持ってくれれば、

信頼も作りやすいですが、人事は永遠の課題ですね。

 

そして、その彼から、

『信頼できるか、できないか』

見分ける質問を教えてもらいました。

面接の最初に、尊敬する人物を聞きます。

そして、尊敬している理由を聞きます。

そして、最後に、夢を聞きます。

この答えに、矛盾があったら、

その人はウソをついているから信頼できない。

 

例えば、

尊敬する人 坂本龍馬

理由は、新しい事にチャレンジするから

自分の夢、上司から言われた事を、しっかりと守って

会社の利益を考える。

これって矛盾がありますよね。

こういう人は雇用しない方がいいです。

 

他にも、技術があるかないかは、

「ここ最近、どんな本を読んでますか?」

という質問でわかるそうです。

小説とか、って人はダメ。

やはり、その技術の参考書とか

新しい技術を勉強をしている。

そういう人は、技術があると言ってました。

 

このように、その道のプロは、

やっぱり、いろいろ知っているので、

また、彼から情報を引き出して、

ここでお伝えしますね。

 

いま、うちの会社は、成長しっぱなしなので、

つねに、人材を募集しています。

とくに、プログラマーは大募集中です。

または、プログラマーになりたい人も募集しています。

その場合、年齢は25才までですが、

紹介者には、30万円お渡しするので、

ぜひ、紹介してください。

 

応募、推薦は下記のメールアドレスまで

[email protected]