中学2年生の娘ネタです。

2016_05_01

 

七星です。

 

ここ最近ですが、

私に対して、『無関心』という

ステージになりました。

つい最近までは、『無視』でしたが、

それが、なんと、『無関心』にレベルアップ。

このあとの、娘の感情を予測します。

 

過去を思い起こしてみると、

・大好き
・嫌い
・大嫌い
・無視
・普通

という流れでした。 

私の娘の流れで説明します。

 

■大好き 

言わずと知れた、子供が親に感じる感情です。

小学3年生ぐらいまでは、パパ大好きでした。

 

■嫌い

小学4年生ぐらいから、なんか、恥ずかしい、

面倒、うるさい。って感じで、大好きから、

なんか、嫌 って感覚になりました。

 

■大嫌い

小学6年生ぐらいから、嫌いから大嫌いになります。

この大嫌いとは、攻撃をするって事です。

言葉の暴力。行動の暴力を指します。

 

■無視

中学1年生の中頃では、

イライラしても仕方がないので、

ガマンする。無視をする事を覚えました。

そして、都合がいい事、

何かを買ってもらいたい時は、お願いをする。

メリットがあるとガマンする事ができる。

 

■普通

最近、中学2年生になったら、

一緒の空間にいても、

とくに嫌悪感がないみたいで、

それほど攻撃をしてきません。

一緒にいてもイライラしない。ある意味、普通。

悪くいったら、無関心って事です。

 

これはすごく良い傾向で、

試しに、先日、娘に大好きだよ~~

って抱きつくフリをしてみました。

そしたら、いつもなら、

ケリが飛んできたのですが、

フリだけなら、完全に無視で、

攻撃してきません。

 

「お!反抗期が弱くなってきたな~」

って言ったら、

「最近、友達も増えたし、ストレスがなくなったから」

と、私に対して、悪い気持ちが

少なくなってきたことを、

自分でも認識していました。

 

今年か、来年ぐらいには、

大好きまでは、いかないと思うけど、

家族として、認める。ってくらいまでは、

ランクアップすると思います。

好き って感情は、まだ解りません。

という事で、いつものネタ、娘の反抗期ですが、

ここ数ヶ月で、格段によくなりました。

 

GWは、家族5人で、旅行です。

でも、最近、小学3年生の息子が反抗期です。笑