デブは、信用しません。

2016_05_14

七星です。

 

うちの会社は、デブをクビにします。

そのため、毎週、月曜日は、

キックボクシングの

元日本チャンピオンに来てもらって、

スタッフ全員、しごいてもらってます。

みんな楽しそうに運動してますよ。

 

そして、最近、七星BARを作るのに、

職人さんと話しているのですが、

デブの職人で、使える奴は、

過去に、一人たりともいません。

この確率は100%です。

 

今日は、使える職人を見分ける

5つのポイントをお伝えします。

使えない職人は、会えばすぐにわかります。

私は、下記の5つのポイント見ています。

・体型
・態度
・道具
・仕事時間
・仲間

 

■体型

職人で、デブは論外、仕事はお願いしません。

また、一緒に仕事することもないです。

お腹が出るのは仕方がないけど、

ぽっちゃりも許せません。

電気屋さんや、設備屋さんとか、動きが少ないのは

100歩譲って、ポチャOKですが、

大工やクロス屋とか、

うごく職種のデブは、100%なしです。

 

■態度

おしゃべりはダメです。

技術系のうんちくを話す職人は

腕が悪い可能性が高いです。

腕がいい職人は、無口が多い。

話しながら仕事をするやつは、最低です。

仕事に集中するべきです。

 

■道具

車の中がゴチャゴチャな職人も、

ダメダメですね。

これは、整理整頓されているって事で、

汚れているってことではないです。

現場車なので、汚れるのは当たり前ですが、

でも、水垢だらけの車に乗っている職人も

やっぱり仕事はダメかな?

車を見るとその職人の腕が解ります。

あと、道具も同じです。

腰道具とか、工具箱を見ると、

それだけでも、腕が解ります。

 

■仕事時間

朝早くから仕事するやつは使えます。

渋滞をさけて、朝7時に現場にくるやつとか

あとは、夜中の12時とか、現場の段取り上、

夜の方が仕事がしやすい。

時間をコントロールする奴は使えます。

 

■仲間

類は友を呼ぶです。

優秀な職人は、優秀な仲間をもってます。

何かあったときに、すぐに応援を呼べるとか

人脈が深いやつは、使えます。

 

正直、3時間一緒に仕事をしたら、

技量は解りますね。

下記、8年前の私が

職人とは、どうあるべきか?を残した映像です。

よければ見てください。

 

内装職人育成.com