社長は言う事が、コロコロ変わっていい!

2016_05_16

 

七星です。

 

企画を任せていたスタッフが

大きなミスをしたので、

1億円ぐらいの損害がありました。

 

計画は、コロコロ変わった方がいいです。

今回の企画は、2年前にスタートして、

ほぼ、丸投げしていました。

ある程度、計画を立てて、

基本、私は携わっていなかったのですが、

最近、終わりかけたので、

いろいろチェックをしてみると、

バグや設計ミスが、どんどん出てきて

企画自体が、まったく上手くいっていない。

損害としては、1億円はいくと思います。

 

そして、今回のミスを検証したら

大きな理由は、2年という企画の長さです。

もともと、半年で終わる予定が

2年もかかっています。

システム開発を、外部に委託したのですが、

その会社のプログラマーがうつ病になってしまい、

逃げちゃいました。 

※山田さん・・・ チクリ!笑

 

そこで、他社にお願いしたのですが、

そこでも、プログラマーの

奥さんがうつ病になってしまい、

仕事ができなくなり、逃げました。 苦笑

なので、1年以上遅れていたのですが、

そこで、企画を任せていたスタッフがダメなのが、

当初の予定通りに、物事を進めていたことです。

 

じつは、社長って、

言っている事が、コロコロ変わります。

私も、しょっちゅう変わりますが、

その理由は、その都度、計算をしているからです。

私は、マルチタスクで動いています。

なので、いろんなことを覚えている余裕がないです。

そうなると、毎回、情報や状況を確認して、

計画を練り直すことになります。

 

今回、問題の大きな原因は、

外部のプログラマーが2回、逃げた事ですが、

その時に、計画を練り直すべきてした。

会社の状況も変わります。

それを、2年前に決めたまま、

ずっと企画を動かしている事

大きな問題がありました。

 

もし、私がやっていたら、

たぶん、1年前に、この企画を中止するか、

根本的な見直しをしていたと思います。

なので、部下は大変かもしれませんが、

社長や、上司、リーダーは、言っている事が

コロコロ変わるくらいが、ちょうどいいって事です。

 

さて、これから大幅に企画を修正します。

損害は1億円ですが、

それをどれだけ回収するかですね。