逃げていいですよ!

20160518

 

七星です。

 

私は、バリバリの体育会系なので、

・デブは死ね!

・風邪をひいたらクビ!

・生活保護に生きる価値ありますか?

とか、過激な事を書いていますが、

でも、いざとなったら、

人は逃げていいと思います。

 

弱い人は、逃げた方がいい時もあります。

いまの私は、肉食系男子で、

バリバリ人生を楽しんでますが、

イジメられて、死のうと思った事もあるし、

何をしても、うまくいかなくて、

大変な時期がありました。

 

で!そのとき、

歯を食いしばって、がんばったか?

いえ、10代、20代とか、弱かった時期は、

逃げ回っていました。

自衛隊の時も、上官のイジメが原因で辞めました。

職人の時も、先輩のイジメです。

ちょっと大げさですが、

弱いときは、逃げて、逃げて、逃げまくっていました。

でも、それでいいと思います。

すぐに逃げるのは、ダメですが、

ギリギリまでがんばっても、何もなりません。

 

以前、友人に騙されて、お店を出したとき、

一年間、赤字続きだったのですが、

潰れないように、

ギリギリまでがんばったけど、

結局、潰れて、

とんでもない借金を作りました。

いま、考えれば、途中で逃げればよかったです。

 

失敗と破滅は違います。

ギリギリまでがんばって、破滅したら、

復活に時間がかかります。

でも、見切りをつけて、逃げちゃえば、

すぐに復活することができます。

 

それぞれ、力量ってものがあって、

力がある人は、がんばってもいいけど、

お金も、精神的にも、まだまだの人が、

ギリギリまでがんばるのは、どうでしょうか?

いざとなったら、逃げて、

余力を残してもいいと思います。

 

いま、振り返ると、私は、

逃げるのが得意だったのかもしれません。

いま、すごく安定した生活をしています。

逃げの人生でも、最後に結果を残せば勝ちです。

 

P.S.

逃げるときに、人に迷惑をかけてはダメです。

迷惑の度合いもありますが、

金銭的なことや、信用にかかわる、逃げはダメです。

『逃げの人生』って本を書きたいけど、

それって、私のをすべて書くことになるな~~。

私の逃げた過去 知りたい人、何人いる?

※今日、配信のメルマガで
 アンケートを取っているので
 クリックをお願いします!

 

 

結果を出す、簡単な方法を見つけました。

2016_05_17

 

七星です。

 

5年間をムダにしていました。

灯台下暗し、コロンブスの卵

なんで、こんな事に、

いままで気が付かなかったのでしょうか・・・

 

毎週月曜日に、運動をしています。

そのなかに、スクワットがあるのですが、

トレーナーは、いつも、ギリギリまでやらせてきます。

しかも、大変な量をやらされるので、

いつも、ヘロヘロになります。

正直、うまくいかないし、辛いし、

運動が嫌いになります。

 

ところが、今回のスクワットは、

やけに簡単で、楽ちんでした。

まったく同じ内容なのに、

姿勢、安定感、全てにおいて、

しっかりとできて、

トレーナーからも、

「今日は、やけにしっかりとできてますね」

って、褒められました。

自分自身、なんで、こんなに上手くできるのか

解らなかったのです。

 

過去5年間運動していますが、

こんな事は、初めてでした。

そこで、いろいろ考えて、思い出しました。

ここが、今回の奥義です。

 

5年間、まったく結果が変わらなかったのに、

ある事をしたら、結果が変わった。

それは、

『金曜日に、スクワットをした』

ただそれだけです。笑

毎週月曜日に、運動しているのですが、

金曜日、知り合いに、

スクワットのやり方を教えるために

スクワットを、いつもと同じ量やった。

週1回の運動を、週2回にしただけ。

しかも、やってすぐに効果がありました。

これには、私もびっくりです。

 

運動は、週に1回だと、維持

2回やったら、成長と言われてます。

1回を、2回にしただけで、結果が大きく変わった。

これはすごい事です。

結果が出なかったら、結果がでるように

徐々に努力の量を増やさないと、何も変わらない。

結果には、ある日突然くる、沸点があります。

それを、あらためて感じました。

 

これから、毎週金曜日、自主的に

少しだけ運動をすることにしました。

それだけで、効果が倍になるなら

やすい努力です。

なので、何かを学んでて、結果が少ない人は、

努力を2倍にするだけで、結果が変わるって事です。

5年間運動していて、初めて知りました。笑

 

 

社長は言う事が、コロコロ変わっていい!

2016_05_16

 

七星です。

 

企画を任せていたスタッフが

大きなミスをしたので、

1億円ぐらいの損害がありました。

 

計画は、コロコロ変わった方がいいです。

今回の企画は、2年前にスタートして、

ほぼ、丸投げしていました。

ある程度、計画を立てて、

基本、私は携わっていなかったのですが、

最近、終わりかけたので、

いろいろチェックをしてみると、

バグや設計ミスが、どんどん出てきて

企画自体が、まったく上手くいっていない。

損害としては、1億円はいくと思います。

 

そして、今回のミスを検証したら

大きな理由は、2年という企画の長さです。

もともと、半年で終わる予定が

2年もかかっています。

システム開発を、外部に委託したのですが、

その会社のプログラマーがうつ病になってしまい、

逃げちゃいました。 

※山田さん・・・ チクリ!笑

 

そこで、他社にお願いしたのですが、

そこでも、プログラマーの

奥さんがうつ病になってしまい、

仕事ができなくなり、逃げました。 苦笑

なので、1年以上遅れていたのですが、

そこで、企画を任せていたスタッフがダメなのが、

当初の予定通りに、物事を進めていたことです。

 

じつは、社長って、

言っている事が、コロコロ変わります。

私も、しょっちゅう変わりますが、

その理由は、その都度、計算をしているからです。

私は、マルチタスクで動いています。

なので、いろんなことを覚えている余裕がないです。

そうなると、毎回、情報や状況を確認して、

計画を練り直すことになります。

 

今回、問題の大きな原因は、

外部のプログラマーが2回、逃げた事ですが、

その時に、計画を練り直すべきてした。

会社の状況も変わります。

それを、2年前に決めたまま、

ずっと企画を動かしている事

大きな問題がありました。

 

もし、私がやっていたら、

たぶん、1年前に、この企画を中止するか、

根本的な見直しをしていたと思います。

なので、部下は大変かもしれませんが、

社長や、上司、リーダーは、言っている事が

コロコロ変わるくらいが、ちょうどいいって事です。

 

さて、これから大幅に企画を修正します。

損害は1億円ですが、

それをどれだけ回収するかですね。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9