栄光ゼミナール いいですね。

2016_06_10

七星です。

長女の中学受験は、大失敗しています。

家庭教師を雇って、

事務所で教えたり、いろいろ試して、

娘には、いらぬ苦労をさせてしまい

それがきっかけで、大反抗期へ突入しました。

息子2人に関しては、いろいろ調べて、

結局、栄光ゼミナールに入れました。

担当や店舗によって、

良し悪しはあると思いますが、

栄光ゼミナールの仕組みは、悪くないです。

中学受験を考えるなら、

小さい時から、公文をさせる。

理想は、幼稚園から。

そして、小学2年生の2月から、

栄光ゼミナールに入れる。

スタートが、2月ごろみたいで、

小学3年の次男を、4月から入れたのですが、

少し遅れ気味で、遅れを取り戻すのに、

2か月ぐらい、バタバタしました。

長男も、同時に、

小学4年生の、4月から入れたのですが、

少し遅かったです。

やはり、小学2年生の2月から、

栄光ゼミナールに入れるのが、

中学受験としては安心だし、

ギリギリになって子供に負荷を与えないので

すごくいいと思います。

娘は、小学5年生から始めました。

私もよくわからず、いま考えると、

本当に申し訳なかったと思います。

でも、やはり私立はいいと思います。

先生の平均点がよいので、

公立とちがって、最悪な先生がまずいない。

なので、当たりとかではなく、

ハズレの担任とかはなさそうです。

あと、友達も、最低限、

へんな子がいないみたいなので、

確率の問題ですが、中学から

私立に入れた事は、正解だと思っています。

あと、子供をやる気にさせるためには、

小さいころから、中学受験するからね。とか、

中学受験をするメリットを

しっかりと、言い聞かせた方がいいです。

うちの場合は、高校受験は、

10倍大変だと言い聞かせていました。

あと、親戚が全員、そこの中学なので、

子供たちも、当たり前のように考えてます。

だから、しぶしぶ勉強している感じです。

海外留学とか、いろいろ、

もっと上の考えがあると思いますが、

私は日本人として、

少しだけ良い教育をすればいいと思います。

親のエゴにならない事も重要ですね。

どちらにせよ、私の結論ですが、

中学受験をさせたい場合は、

・幼稚園から公文で、算数と国語をやらせる

・小学2年生の2月から、栄光ゼミナールに4教科で入れる

・小学6年生になったら、志望校の過去問に集中させる

これで、そこそこの中学に

入ることはできるでしょうね。

やっぱり、前々からの準備が、

一番重要だと解りました。

娘の受験は、本当に失敗でした。 ><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。