最近、息子達が面白いです。

2016_06_12

 

七星です。

 

息子と、の可愛いさは、まったく違います。

息子の場合は、楽しいですね。

最近、ゲーム、マンガを禁止、

テレビも録画禁止、

家から娯楽を排除しました。

娘と勉強をがんばっているし、

息子達も受験モードに突入です。

 

勉強に集中させるため、

娯楽を無くしたのですが、

最初は、そりゃ~反発がすごかったのですが、

二週間もすれば、

それが当たり前になります。

サイフを新しくすると、しばらく使いづらいけど、

すぐに慣れるじゃないですか。

それと同じで、環境って重要ですね。

 

部屋の模様替えもして、勉強部屋を作りました。

そしたら、少しづつですが、

子供たちの勉強に対する姿勢が変わってきて

いい流れです。

子供に何かをさせたい場合は、

集中できる環境をつくることが重要で、

今回、うちの場合は、

ゲームとマンガとテレビを制限しました。

 

私は、おもちゃや、ゲームを

ドンドン与える父親でしたが、

いま考えると、それはダメだったかもしれません。

パソコン特性は育ちましたが、

やはり、すべてはバランスです。

本当は、いまも、子供たちと

ドラゴンクエストヒーローズを、やりたいのですが、

中学受験が終わるまで、4年間はお預けですね。

 

もちろん、勉学が全てではないのですが、

最低限の基礎は、やっぱり重要で、

小学生の頃から、勉強をするがついていると

大人になってから、何かを学ぶことができるでしょう。

私が、漢字や英語、教養が足りなくて、

少しをしているので、

子供には同じ過ちを犯してほしくないです。

という事で、子供たちには悪いのですが、

遊びのボーナス期間は終了です。

しばらく勉強に集中してもらいます。

 

もう少し大きくなって、癖がついたら、

すこし解禁してもいいかな?

そのタイミングも難しいな~。

 

 

自分が貧乏人と感じた瞬間

川島さん

 

七星です。

 

香港在住で、8年連続年収1億円超えの、

川島和正さんと、

5年ぶりに、2人で食事をしました。

その時、安倍首相の奥様、昭恵さんと、

2時間ほどご一緒した時の事を思い出しました。

 

川島さんですが、

すげ~ カッコよくなってて、ビックリです。

私も変わりましたが、

川島さんの変わりようは、すごすぎです。

オーラを感じました。

 

人を、成功に引き上げることができる人っています。

残念ながら、私はそれほど強くないです。

ネット系だと、川島さんとか、菅野さんが、特に強かったです。

いまは、小玉歩さんが、ダントツですね。

ちょい前だと、与沢さんもすごかったです。

実業系だと、平先生です。

 

じつは、教えている事って、あまり関係なくて、

どんな人が集まっているかが重要です。

それを考えると、

川島さんの周りに集まってくる人達は

がいいですね。

川島さんと5時間ぐらい飲んでいて、

安倍首相の奥様、昭恵さんと、

2時間ほどご一緒した時の事を思い出しました。

 

川島さんに言われたのが、

「七星さん、いま、イラっとしたでしょ

 それはダメですよ。」

その内容ですが、

川島さんが、香港のセレブ話をすごくしてきて、

「シャンパンは、ヴーヴとかモエとか入れたら

 貧乏人扱いされてカッコ悪い。

 セレブは、サロンとかアンリジローです」

と言われた時に、私は、お金の無駄使いだと思いました。

でもそれは、私の価値観でした。

 

私は、ビールとか焼酎を飲みません。

なんか嫌です。というか、美味しくないからです。

基本、ヴーヴとかモエを飲んでいますが、

やっぱりアンリジローとか美味しいし、

もっとお金持ちなら、

アンリジローしか飲まないと思います。

 

ヴーヴなら、3万円くらい、

アンリジローだと5万円ぐらいです。

年収が5億とか、10億ある人なら

ここら辺の値段の差は、

どうでもいいことは理解できますが、

そっか~~、私は川島さんより

貧乏なんだな~と、理解した瞬間です。

 

10年前、ある先生と食事をしました。

そこで、帰り際に、

「電車ですか?」と質問したら、

「タクシーで帰ります」と言われました。

その時に思ったのが、

この先生が電車で帰るわけない・・・

そりゃ、タクシーだよね・・・

って、恥ずかしくなりました。

自分が普段、電車を使っていて、

タクシーを使える身分ではなかったからです。

この時、自分が貧乏人だと思いました。

 

その10年後、昨年の話です。

安倍首相の奥様、昭恵さんと、

デヴィ夫人と、私の3人で、

2時間ほどパーティでお話をしました。

昭恵さんは、SPとか秘書

先に帰らせていました。

パーティ終了後に、一階までお送りして、

私が言った言葉は、

「帰りはタクシーですか?」です。

そしたら、昭恵さんに、

「車が待ってます」と言われ、

10年前と同じミスをしました。

首相の奥様が、

タクシーで帰るわけないですよね・・・。

 

車寄せに行ったら、

真っ黒のアルファードが待っていて、

秘書とかSPは帰らせても、

運転手付きの車が待っていました。

自分が貧乏だと思った瞬間です。

次は、たぶん、マカオとか海外で、

「何時の飛行機で帰られますか?」

って聞いたら、

「自家用ジェットだから、

 時間は多少融通がききます」

と言われると思っているので、

3度目は気を付けます。

 

自分の金銭感覚や、価値観で、

自分よりステージが上の人を判断してはダメです。

それが恥をかく瞬間であり、なめられる時です。

だからと言って、

金額が、価値の基準になってもダメです。

 

しっかりとしたお金の有効活用を

考えないとダメですが、

お金が有り余っている人の

価値観が違うことは理解する。

 

井の中の蛙でした。

 

 

栄光ゼミナール いいですね。

2016_06_10

七星です。

 

長女の中学受験は、大失敗しています。

家庭教師を雇って、

事務所で教えたり、いろいろ試して、

娘には、いらぬ苦労をさせてしまい

それがきっかけで、大反抗期へ突入しました。

 

息子2人に関しては、いろいろ調べて、

結局、栄光ゼミナールに入れました。

担当や店舗によって、

良し悪しはあると思いますが、

栄光ゼミナールの仕組みは、悪くないです。

 

中学受験を考えるなら、

小さい時から、公文をさせる。

理想は、幼稚園から。

そして、小学2年生の2月から、

栄光ゼミナールに入れる。

スタートが、2月ごろみたいで、

小学3年の次男を、4月から入れたのですが、

少し遅れ気味で、遅れを取り戻すのに、

2か月ぐらい、バタバタしました。

長男も、同時に、

小学4年生の、4月から入れたのですが、

少し遅かったです。

 

やはり、小学2年生の2月から、

栄光ゼミナールに入れるのが、

中学受験としては安心だし、

ギリギリになって子供に負荷を与えないので

すごくいいと思います。

娘は、小学5年生から始めました。

私もよくわからず、いま考えると、

本当に申し訳なかったと思います。

 

でも、やはり私立はいいと思います。

先生の平均点がよいので、

公立とちがって、最悪な先生がまずいない。

なので、当たりとかではなく、

ハズレの担任とかはなさそうです。

あと、友達も、最低限、

へんな子がいないみたいなので、

確率の問題ですが、中学から

私立に入れた事は、正解だと思っています。

 

あと、子供をやる気にさせるためには、

小さいころから、中学受験するからね。とか、

中学受験をするメリットを

しっかりと、言い聞かせた方がいいです。

うちの場合は、高校受験は、

10倍大変だと言い聞かせていました。

あと、親戚が全員、そこの中学なので、

子供たちも、当たり前のように考えてます。

だから、しぶしぶ勉強している感じです。

 

海外留学とか、いろいろ、

もっと上の考えがあると思いますが、

私は日本人として、

少しだけ良い教育をすればいいと思います。

親のエゴにならない事も重要ですね。

 

どちらにせよ、私の結論ですが、

中学受験をさせたい場合は、

・幼稚園から公文で、算数と国語をやらせる

・小学2年生の2月から、栄光ゼミナールに4教科で入れる

・小学6年生になったら、志望校の過去問に集中させる

これで、そこそこの中学に

入ることはできるでしょうね。

 

やっぱり、前々からの準備が、

一番重要だと解りました。

娘の受験は、本当に失敗でした。 ><

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9