日本の悪い習慣、ごはんは残しましょう。

2016_08_04

七星です。

 


子供のころから、

「ごはんは、全部食べなさい。

 ご飯粒を残すのは、

 お百姓さんが可愛そう」

日本人は、この教育をされてきましたが、

これは、バカの極みです。

 


人それぞれ、体重も、運動量も違います。

年齢によって、代謝も違います。

なのに、皆一律で、同じ量の食事をするのは、

私からみたら、バカの極みです。

知り合いの手料理とか、

特別な場とかなら解りますが、

普通の居酒屋とか、定食屋では、

ごはんは、半分で!

 


食事を残す行為は、まったく問題ないです。

お腹がいっぱいになったら、

ごはんは残しましょう。

食べ過ぎは、毒であり、身体に悪いです。


よく、私と食事を行く人に言われるのが、

「七星さんと出会って、

 食事を残してもいい。という考えができて、

 すごく楽になった。」

と、言われます。

 


私は、生涯ダイエット宣言をしています。

一生、死ぬまで、食事制限をします。

その方が、健康的で、

かっこよく見えるからです。

でも、食べたい物は、すべて食べます。

その代わり、余計な物は食べない。

コンビニ弁当や、お菓子、

ジュースも飲みません。

生きるための食事ではなく、

美味しくて、健康な食事しかしません。

 


朝は食べません。

必要ないです。

消化器官を休めた方が、体にいいです。

昼は、お肉と野菜だけたべて、

炭水化物は少なめにします。

※炭水化物を完全に抜くと、脳みそが動かない

夜は、好きな物をなんでも食べます。

でも、脂っこい物や、

お酒のつまみ系は食べません。

これで十分です。

本当に、身体に良い、

美味しい食事だけをする。

これを徹底したら、

人生が変わりますからね。

 


ちなみに、お酒はガンガン飲みます。

お酒を飲んだから太るのではなく、

その時に、余計な物を食べるから太る

なにより、ごはんを無理して

食べるのはやめましょう。

お腹がいっぱいになったら、

食べるのをやめる。

これが、健康の秘訣です。