デザイナーを使って失敗しました。

2016_08_18

七星です。


今回、新事務所の内装ですが、

デザイナーさんに、

図面やパースを作ってもらい、

事務所を作ったのですが、

大きなミスをしました。

※パースとは、建物の外観や室内を
 立体的な絵にしたものです

現場であまりミスをしないので、

私としては、悔しいです。


私は、職人を15年やっていたので、

店舗もそれなりの数を作っています。

今まで、材料も多く見ているので、

いつも自分で材料を決めて、

お店や事務所を作りますが、

今回は、デザイナーさんに

デザインをお願いしました。


その理由ですが、

自分で作るってわかっているので、

どうしても、あつかいやすい材料や、

過去の経験から、材料や施工方法を決めるので、

デザインが普通になってしまうからです。


過去に、映像の先生に言われたのが、

「最初のころは、

 こんなイメージの映像を作りたい、

 では、どうやって作るか・・・」

から始まり、すごく苦労をします。

経験も、知識もないので、

イメージ通りの物を作るのが大変だからです。

でも、ある程度、経験をすると、

自分の過去の経験や、

使ったことのある素材を使って、

いま、ある物の組み合わせ、

発展型で、映像を作ろうとする。

ようは、楽をしようとします。

これでは、いつも通りの物しかできません。


人は苦痛をさけて、楽をしようとします。

なので、今回はデザイナーさんを入れて、

新しい試みをしましたが、

いろいろと、勉強になりました。


まず、さすがです。

餅は餅屋ですね。

図面や仕上げ表をもらった時に、

「え~~、こんな材料で、この色合い、

 大丈夫かな~?」

って思ったのですが、

言われた通りに作ったら、それがカッコいい。

当たり前なんでしょうが、

さすがだな~って思いました。


あと、知識が豊富です。

メーカーや、問屋、材料や器具、

私が知らない物ばかりで、

「なるほど、だから、

 ありきたりのデザインにならない」

と、思いましたし、

IKEAを使っているうちは、

ダメなのが、理解できました。


逆に言ったら、デメリットもあります。

わかっていたのですが、

思った以上に大変でした。

まず、普段使わないメーカーや材料なので、

手に入れるのが、かなり大変でした。

サンゲツやTOTOとか、大手メーカーなら、

電話一本でなんでも、最安値で購入できます。

カーテンレール一本から、

送料無料で、問屋が持ってきてくれます。

これが、餅は餅屋の力ですが、

普段使わないメーカーだと、

直接購入をしないといけないので、

面倒で、なおかつ、値段も高いです。

だいたい、3割増しぐらいになります。


そして、失敗した事があります。

それは『図面通りに作らなかったこと』です。

久しぶりに、図面から工事をしたのですが、

忘れていた事があります。

『図面は、一文字も逃さす、すべて読む』

そして、平面図や展開図、パースは、

穴があくほど、何度も見る。

いざ、作ってみると、見落としが結構あって、

施主が私なので、問題はないのですが、

もし、これが仕事として受けていたら、

そうとう面倒でした。


工事とは、図面通りに作ることで、

それができない監督は、ダメ監督です。

でも、工事は、手造りなので、

100%の物は、作る事ができません。

そこで、100%の仕上がりを求めても、

費用対効果が悪いのですが、

それも含めて、

もう少し図面をしっかりと見ていれば、

避けられたミスが多すぎました。


工事をする時に気を付ける、

格言を書きますね。

・近隣住人にしっかり挨拶をする

・現場の養生は最初にしっかりとする

・監督の仕事は、掃除と整理整頓

・誰よりも朝早く現場に入る

・図面は穴があくほど見る

・材料の発注は早め、早めに

・知らない材料や器具は専門家に確認する

・寸法や品番は、命がけの3重チェックぐらいの気持ちで

・配線や配管は、壁や床を作る前に忘れずに

・現場からは離れない

しばらく、離れているので、

いま、考えたらこんな感じかな?

解る人が、見たら、わかる格言ですね。笑

みんな一度や二度は、失敗して通る道

現場監督格言集 で追加します。

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 『工事をする時に気を付ける格言』を教えていただき、ありがとうございます!僕も依頼するときに気を付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。