500万円の詐欺にあいました。

2016_08_19

七星です。


知り合いの事務所に遊びに行って、

会議室が、かっこよかったので、

「内装費いくらだった?」

と聞いたら、なんと500万円・・・

高すぎです。

私が見積もりを出すなら、

300万円ぐらいです。

原価は、200万円です。

その知り合いは、ぼったくりに合いました。

私が、仕事したいくらいです。


工事の適正価格の見つけ方をお伝えします。

工事をするなら、

まず、私に相談してください。

小学校からの友人が飲み屋をやっています。

久しぶりに、飲みに行くと、

改装工事をすることになったらしく、

見積もりを見せてもらったのですが、

460万円・・・ う~~ん 高いな~~~。

着工直前だったので、

黙ってましたが、前もって相談してくれれば、

私が間に入って、金額交渉をしたのに・・・


私は、工事費を、

半分近くに落とすことができます。

今回、事務所の引っ越しで、

前の事務所には、指定業者が入って、

原状回復工事をしますが、

最初、150万円の見積もりがきたのですが、

交渉して、80万円まで落としました。

通常なら、言い値で、

借り主が泣き寝入りするところですが、

私は負けません。

そして、新事務所の内装工事も、

通常なら、1000万円ぐらいの工事ですが、

400万円ぐらいは落とせます。

安ければいいってわけじゃないけど、

七星は、なぜ工事費を安くできるのか?

それは、段取りがいいからです。


内装工事の代金を安くする方法は、

頭がいい現場管理者に、

仕事を依頼することが重要です。

現場は、段取り8割、現場が2割

バカが管理する現場は、

品質が悪くて、経費も掛かります。


はっきり言います。

見積もりを出す段階で、

適正な材料や、機材を使って、

現場にあった工事計画を立てれば、

見積もりは、圧倒的に安くなります。

見積もりが安いって事は、

それだけ、簡単な工事になるので、

仕上がりも良くなる。

見積もりが高いから、

良いものができるわけではないです。


なので、私が施工しなくてもいいので、

私の友人は、私に相談してください。

私が、間に入れば、

1,000万円が、500万円になります。

そして、クオリティーも良くなる。

そんな事は、ザラにあります。

なので、私の友人達が、

無駄なお金を使って、

アホな工事をしているのを見ていると、

悲しくなってきます。


私のメルマガを読んでくれていたり、

私の事を知っている人で、

内装工事をするなら、遠慮なく相談してください。

本当に、遠慮なくどうぞ。

内装工事は、私の趣味みたいなものなので、

無料で相談にのります。 

私の日刊メルマガに返信をくれれば、

私にメールが届きます。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。