ヤバイ時にどうするか?

七星です。


月曜日に、借りたものはしっかりと返しましょう。

って話をしました。

全然、怒ってないのですが、

先週、平先生にセミナールームを貸したら

傷だらけで返されて、ビックリです。


正直、完成したばかりで、

まだ、私ですら、セミナーを開いてない。

新築の家みたいな物です。

平先生が生放送をするとの事、

ぜひ使ってくださいと喜んで提供したのですが、

新しい壁を傷だらけにされました。笑


これはこれで、仕方がないし、

私は、クロス職人だったので、1時間もあれば、タダで直せます。

なので、あ~あ~ って感じだったのですが、

その時の責任者の対応が、あまりよくなかったです。

私だったら、こうするのにな~ って思ったので、

今日は、もし大きなミスをした時、

ヤバイと思った時の対応方法をお伝えします。


これは、すべてに通じることなのですが、

1秒でも早く、行動してください。

今回は、土曜日の夜にセミナールームを貸し出しました。

壁が傷ついている事を知ったのは、スタッフからの連絡です。

そして、教材の撮影のために近日中に、もう一度貸してください。

って連絡も同時にもらったので、

何を考えているのかとは思いましたが、

平先生のスタッフなので、あまり気にしませんでした。

 

さすがに、丁重にお断りしたけど、火曜日に責任者が直接謝罪に来て、

その日の夜に、平先生から、LINEで、ごめんね。って連絡がきましたが、

まあ~~~ その責任者は、ダメダメです。

壁を傷つけたのは、他の人で、その人の責任ではないのですが、

実際に、一番良い対応って何なのか?

それは、すぐ行動すること です。


土曜日の夜、撮影も終わって、後片付けが終わった時に、

壁に傷がついてる事を確認できてるなら、

すぐ私に謝罪の電話をするべきです。

それを、メールでさらっと謝るだけではダメです。


そして、そのあと、平先生に連絡して、

日曜日の段階で、先生から連絡が来ていれば、

一番よかったと思います。

そして、月曜日の朝一で、茶菓子をもって会いにくる。

それが、火曜日では遅すぎです。


販売直後で、すごく大変な時間で、

忙しかったのはわかるけど、

やっぱりそこは、しっかりとした方がいいです。

今回は、私と平先生の関係なので、

まったくもって気にしていないし、

逆に、もっと傷をつけてください。って気持ちですが、

これを他の人にしたら、大問題だと思います。


なにか、ミスをしたら、上司に報告する。

そして、迅速に対応する。

ヤバイって思ったら、すぐに動いて、

すぐに助けをこう。

これが最高の対応方法です。

 

借りた物はしっかりと返しましょう。って記事は、

この事件前に書いているので、ちょっと笑えました。

今後は気を付けましょうね。

明日は、新セミナールームで初セミナーです。

キズは、私が綺麗に直しておくので、

見つけられるなら、見つけてください。