2年ぶりに、パパと呼ばれました

七星です。

娘の反抗期ネタですが、

だいぶ収まりましたね。

小学校6年生から始まり、

中学校1年生の時が、最高潮にひどくて、

中学校2年生の今現在、

パパが大好きだった頃の面影はないけど、

普通に会話ができるレベルまで回復です。

前に、「パパの何がキライなの?」って質問したら、

『声』って即答されました。笑

生理的にダメって事で、

明確な理由はないけど、キライ。

約2年間、

目を合わせて会話をした事がなかったです。

ここ最近、週に一回、

目を見て会話するようになりました。

あと、久しぶりに妻と娘と、

3人だけで買い物にも行きました。

1年前の反抗期MAXからは想像できない事です。

そして、先週、2年ぶりかな?

パパと呼ばれました。

『ジョジョの奇妙な冒険』を

子供たちと見ていたのですが、

その時、何かの拍子に、

「パパ、あれやって。」

っと、言われました。


久しぶりに聞いたフレーズです。

ちょっと嬉しかったですね。

わかっていたのですが、ここまで早いペースで

反抗期が収まるとは思いませんでした。


高校2年生~20歳くらいまでは覚悟していましたが、

この感じだと、来年には、

2人で買い物とか行くペースです。

なんとなくですが、下記の順番で、

心境の変化があったと思います。


恥ずかしい⇒不思議

なんか嫌⇒違和感

なんかキライ⇒一緒に居たくない。

キライ⇒攻撃対象

大嫌い⇒存在を消したい

無視⇒諦めた

疲れた⇒なにもメリットがない

どうでもいい⇒どうしてキライだったのかな?

妥協⇒メリットがあるならキライをガマンできる。


いまの、娘は、

「怒っても何のメリットもないし、もうどうでもよくなった」

そんな感じです。

来年か再来年には、

「なんであんなにキライだったんだろう」

って、不思議になると思います。

壮絶な反抗期を経験して、

※死ね!って、

 50回連続で言われました。笑

対処法としては、

放っておく、無視する、何もしない、が8割。

あとの2割は、ちょっかいを出して、

愛している、って表現をする。

はじめての恋愛観って、

父親からの愛情の受け方が出てきます。

父親の影響が強いです。

なので、ここで甘やかし過ぎてもダメだし、

厳し過ぎてもダメです。

とりあえず、今回、反抗期の娘の対応で

分かったのですが、

うちの娘が、

ダメ男を好きになる事はないです。

「冷たくしても、愛情を注ぐ」

ということが、うちの娘の男の基準になりました。

DV男を好きになる女性は、

父親からの愛情をもらってない人が大半です。

もう中学校2年生なので、

基本となるベースの人格は完成してます。

ここからベースを変えることはできないので

もう、今までの教育がそのまま、

彼女の人格になります。

教育の答えは、

10年後、20年後ですね。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。