値引き交渉は、金額交渉ではないです。

七星です。


通常だったら、3万円の商品が、

値引き交渉で、2万円で手に入るとしたら、

1万円お得になります。

値引き交渉って、

成功したらすごくメリットが大きいです。

でも、これって

購入時の交渉の仕方次第で変わります。

私は、普段は値引きとかしませんが、

意外と交渉上手です。

今日は、

七星の交渉の仕方をお伝えします。


まず、最初に理解してもらいたいのですが、

金額の値引き交渉は、なかなか難しいです。

これは頭に置いといてください。

過去に値引き交渉で、

結果を出しづらいと感じたのは、

金額自体の交渉です。

相手が、小さい会社や店舗で、

決済権を、もっている社長や店長なら、

価格の値引き交渉ができますが、

普通は、なかなかできません。

なので、最初は値引き交渉をして、

途中から数量交渉にしてください。

これは意外とスムーズです。

過去の私の事例で、

定期的に必要な、ある商品がありました。

2ヶ月に1個必要で、値段が3万円です。

年間6個、18万円を、

定期的に使っているのですが、

「他社製品に乗り換える」って脅して、

値引き交渉をしました。

しかし、そこの会社は大きいので、

交渉が難航しそうだな~と思い、

そこで、私が提案したのが、

『7個、18万円にできない?』

という交渉です。

そしたら、すんなりOKをもらいました。

力がない担当は、

金額を下げることはできませんが、

商品を1つ無料であげたり、

なにかサービスをあげたり、

そういう事はできます。

なので、金額交渉は

しない方がいい場合が多いです。


あと、以前、

12万円の高級な炊飯器を買いました。

それが、1ヶ月で壊れました。

すぐにメーカーに連絡したら、

新品を送ってきたのですが、

それが、また1ヶ月で壊れて、

もう一度連絡したら、

また新しいものを送るって言われました。

私も腹がたったので、

電話して、何か良い案がないか

担当と会話をしました。

で、ここで、

お金を返金しろっていう交渉をしたら、

向こうは、難しいと言ってきました。

もちろん、ごり押ししたらできましたが、

12万円の炊飯器が、1年で保証が切れて、

3年後に壊れたら嫌なので、

保障を5年ぐらいつけてくれないと

安心できない。

または、返金してほしいって、

担当に言いました。

そして、現行で売っている、

15万円の炊飯器と交換してくれ、

それか、他の商品を送ってくれと交渉したら、

そこもすぐにOKがでて、

もっとよい新品の商品と

交換してもらいました。

要は、お金の値引きって、

なかなか難しいのですが、

商品の数を増やしてもらうとか、

交換っていう交渉は、

簡単に通るって事です。

金額交渉ではなく、個数交渉、

または、同じくらいの金額の、

グレードが高い商品に交換。


この交渉の方が楽です。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。