よーいドン!!ネガティブ

七星です。


コミュニケーションのコツに、

『いきなり本題を言わない』 があります。

これはすごく重要で、

会ってすぐに、本題を言うと、

トラブルになる可能性が高いです。

退社したスタッフが、

3年ぶりに顔だした時に

残念だな~って思いました。


3年前に辞めたスタッフが、

土屋ひろしさんのグループ会社に居て、

ちょっとビックリしたのですが、

通常は、私の友人の会社に勤めるなら、

一言連絡するとか、挨拶とかするべきで、

すこしイラっとしたのですが、

女性だし、もともと、私の友人の妹を、

助ける感じで、雇用した経緯があったので、

気にして無かったのですが、

うちの事務所も新しくなったし、

メルマガのセミナーにおいでと誘いました。


セミナーを受講してくれて、

セミナー終了後、私に挨拶に来て、

最初の一言が、

「その服装だと、襟は立てた方が、カッコいいですよ。」

でした。

あ~~、そこから会話に入るんだ~~~。

よーいドン!でネガティブって

こういう事です。


じつは、

私も襟のことは気が付いていて、

なんとか、襟を立てようとしたのですが、

どうしても難しいことが

わかっていたので、

あきらめていたのですが、

それを、最初に言ってきたので、

「この子は、ダメだな」って判断です。


悪い子ではなく、素直でストレート、

ウソがつけない子で、

19歳の時からの付き合いなので、

私は大丈夫ですが、

これが、他の子だったら、

私は、付き合いを考えます。


最初の印象って重要で、

なにか、用事がある時とか、

なんでもそうですが、

最初に、用件からいうのは、

コミュニケーションとして、ダメです。

毎日電話で話している仲なら別ですが、

数か月ぶりとかの場合は、

やっぱり、近況報告や、過去の話題をして、

それから、用件を言うべきです。


3年ぶりに会って、

いきなり、ネガティブな事から、会話をしてくる・・・

みなさんは、気をつけましょう。

でも、元気そうでなによりです。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。