信用しているからこそ、しっかりと監視する。

七星です。


株式会社エキスパートは、

会社の規律がしっかりしてる方です。

・風邪をひいたらクビ

・月曜日に遅刻してもクビ

・平日22時以降、遊んじゃダメ

とか、厳しいルールがあります。笑


この前も、勤退が悪いスタッフがいたのですが、

社内的に、「辞めさせないのですか?」って空気になって、

しっかりとしていないと、ダメって空気があります。

私的には、良い事だと思うし、

それを狙って、社風を作っています。

自衛隊や警察みたいな空気を作る。

これは重要です。


こんな、空気のなかでも、

しっかりと仕事をしているスタッフ達を、

私は信頼していますが、

だからこそ、監視もしないとダメだと思っています。

できごころは、防止しないとダメです。

組織に重要なのが、監視の目です。

例えば、事務所内に、監視カメラをつけたら、

たぶん、作業効率が上がります。

別にそれをチェックする流れを

作る必要もないけど、

あるってだけで、効果があります。


あと、うちの電話は全て録音されています。

なので、なにかあったら、

誰がどんな対応をしたか、すべてわかります。

これも、しっかりとサポートしないとダメ。

っていう、抑止力になります。


あとは、エキスパの管理システムで、

スタッフが、どのような操作をしたか、

それもログを取っているので、

あとで調べればわかります。

このように、

なんとなく、監視されているって、

感覚を持たせるくらいで丁度いいです。

『できごころ』 とか 『魔が差した』

そういう言葉がありますが、

組織の人員が、どんどん増えたら、

イレギュラーな事もおきます。

無法地帯はダメです。

スタッフが何か悪さをするのは、

全て、社長の責任です。

刑務所みたいにしてはダメですが、

なんとなくの監視ぐらいは必要です。


組織が大きくなってきて、

社長の直下のスタッフだけでなく、

3系統目のスタッフができたら、

権限を決めないとダメです。

スタッフ数で言ったら、10人ぐらいから、

年商で言ったら、3億円ぐらいからです。

・社長権限

・経理権限

・リーダー権限

・一般権限

せめて、この4つは作って、

各権限で、見ることができる情報に、

制限をかけないとダメです。

とくに、お金と個人情報は重要なので、

必要以上に、スタッフに情報を開示してはダメです。


よく、友人の会社が崩壊するのを目にしますが、

私からしたら、崩壊して当たり前。

いろいろ、ダメダメ過ぎます。

組織を維持するために必要なのは、

規律と監視、そして権限、この3つです。

今年になって、この3つが

しっかりと機能してくれているみたいです。

これを維持できるかが重要。

良い会社を作っていきたいと思います。


いま、MLAクラブという、

経営者の集まりの塾を募集していて、

1月から開催します。

優秀なメンバーだけの勉強会です。

興味がある人は、ご連絡ください。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。