東大の家庭教師を2人つけました。

七星です。


小学4年生の息子に、

東大の家庭教師をつけました。

効果はありますね。

ちなみに、

家庭教師のトライは、やめた方がいいです。

過去に、何回も酷い目にあいました。


いま、子供3人の教育費で、

月30万円ぐらいかかっています。

公文、栄光ゼミ、空手、家庭教師、

私が、普通のサラリーマンだったら、

まず無理だと思います。


今回、派遣会社を使って、

東大の家庭教師を

見つけてもらったのですが、

1回90分で、週4回教えてもらっています。

時給6,000円なので、一回9,000円、

週4回なので、毎週36,000円。

家庭教師代だけで、

毎月14万円ぐらいかかっています。

でも、安い買い物だと思います。


よかった事ですが、

2人の家庭教師をつけた事です。

これが、1人だったら

効果が薄かった気がします。

算数と、国語で、各1人づつ、

22歳と23歳の現役の東大生です。

けっこう、良い感じの子が

来てくれたのもありますが、

私が2人と連絡を取り合っていることを

2人の東大生はわかっているので、

他の人と、比較されているって

感覚があります。

だから、がんばらないとって感覚になっていて、

しっかりと教えてくれている感じです。


本当は、

私が教えることができれば良いのですが、

時間が取れないので、妻が教えていて、

子供たちは、妻の話は聞きません。

そうなると、ケンカになって、

トラブルになるのですが、

今回みたいに、外部の人間が、

自宅に来るとなると、よい事が多いです。


まず、家が綺麗になりました。笑

綺麗好きな妻なので、

家は、それなりに綺麗ですが、

やっぱり、多少は、

手抜きしている部分があって、

それがなくなり、

しっかりと整理整頓されている家になりました。


あと、子供の学力が格段にあがりました。

栄光のテストで、

2,000人中、1,900位ぐらいだったのが、

始めて3か月で、

2,000人中、1,000位まで改善。

逆にいうと、

今まで何もしてなかったって事です。


あと、失敗もあります。

最初は、国語、算数、理科、社会の

4教科を教えていたのですが、

勉強する姿勢がなってなかったので、

最初の一か月は、どうもうまくいきませんでした。

そこで、家庭教師の2人と話し合って、

「国語と算数だけを、とりあえずやって、

 勉強する形ができたら、理科、社会をしましょう」

という事にしたのもよかったです。

来年から、理科と社会も教えることになりました。


昔から、お手伝いさんを雇用したいと

思っていたのですが、

妻がすごく嫌がっていました。

でも、いま考えると、

外部の人が入ると、子供も素直になるし、

お金に余裕もあったので、

子供の教育って観点でも、

お手伝いさんとか必要だったと思います。

お手伝いさんは、お金をもらっているので、

私には礼儀正しいはずです。

その姿を、日ごろから見せることで、

子供が親をしっかりと尊敬する。

そういう形を作ることができた気がしました。


あと、娘の時は、

私の知り合いの大学生を

家庭教師にしていたのですが、

いま考えると、ダメですね。

今回の大学生2人は、

家庭教師の経験が3年あるので、

しっかりとしています。


ただ、家庭教師は、

住んでいる場所がしっかりしていないと、

よい家庭教師がきません。

私が住んでいる街は、高田馬場で、

学生の街なので、派遣会社に募集をお願いしたら、

良い人材が、すぐに集まったので、

それは良かったです。

これが埼玉とか、千葉だったら、

よい家庭教師が、

すぐには集まらなかったと思います。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。