寿司『三谷』さんに行ってきました。

1

※他の写真は文末にあります

 

七星です。


先日、お寿司屋さん『三谷』に行きました。

三谷さん本人の、一番カウンターは、
すでに3年待ちという、ありえない予約状況ですが、
素晴らしいお寿司屋さんです。

今日は、予約困難なお店と
仲良くなる方法をお伝えします。


三谷さん、よかったです。

今回は、加藤さんという方が、
握ってくれたのですが、すごくよかったです。

私もいろいろ食べ歩いていますが、
バランスがよかったです。

コースの流れと、お酒のペアリング
素晴らしい食事ができました。

ありがとうございます。


いま、三谷さんに顔が利くように、
なんとか、がんばっているのですが、

お店と仲良くなりたい場合、
やった方がいいのは、
個室の貸し切りをすることです。

そして、連れて行くメンバーを厳選する。

2人とかで何回行っても、印象に残らないので、
いつまでたっても、覚えてもらえません。

なので、思いっきり、
カウンター全部を貸し切るとか
個室を貸し切るのが効果的です。


あとは、連れて行く人です。

まず、夜の女性を連れて行ってはダメです。

とくにキャバ嬢っぽい女の子を連れて行ったら、
印象がわるくなり、次の予約が取れません。

銀座のお姉さんクラスでも、ギリアウト。

社長秘書っぽい女性と行く事をおススメします。

こんな事を書くと、
「そんなことろで食べたくない」
って思う方が多いと思いますが、

お金を払って、食べに行っているのではなく、
食べさせてもらっている。

本当の一流は、お客さんを選ぶ立場にあります。

そして、選ばれて美味しく食事ができたら、
それが最高ってことです。


食事の仕方も重要です。

まず、お酒や食事は、
一気に食べたり、飲んだりしてはいけません。

服装も、結婚式の
二次会に行くくらいの服装が好ましいです。

私は、食事をするために、
服を新調した事もあります。

一品一品、食事をしたら、
そのコメント力も重要で、
料理人のこだわりを見つける。

まるで、女性を口説いているのと同じ感覚です。

料理人だけではなく、ウエイターさんや、
会計の人にもしっかりと気を遣って、
好印象を残すことも重要です。


でも、別に予約が欲しいからとか、
そういう気持ちではなく、

「本当に美味しい料理をありがとう」

そんな気持ちを大切にしたら、
自然とよい行動ができると思います。

そして、無事、三谷さん次の予約が取れました。^^

次に行くメンバーはどうしようかな~

2 3 4 5 6 7 8