大問題が起きました

七星です。


このメールを書いているのが、
5月30日(火曜)朝8時です。


これから、12時に会社を出て、
15時に成田空港の特別ゲートで
デヴィ夫人と待ち合わせです。

要人用の特別待遇があるそうです。さすがです。


でも、ここで大問題が起きました。

デヴィ夫人のご機嫌が悪いです。


じつは、夫人のご機嫌が悪いのは
私のスーツが原因です。

私が着ているスーツは、イタリア仕様が多くて、
デザイン的に細身のズボンが多いです。


今回の旅行は、ニューヨークとロンドン。
英国紳士の国イギリスにも行きます。

なので、ちょっと不安になったので、
先日、デヴィ夫人に電話をして、

服装についてお尋ねしたら、
すごく不機嫌になりました・・・。

ようは、私の服装がお気に召さないみたいでした。


日本国内や、インドネシア、アジア圏だと、
私の服装でも、許していただけたのですが、

ニューヨーク、ロンドンとなると、
私の服装では完全にNGみたいで、
小言のように10分ほど、お叱りを頂きました。

ドレッシーな服装はNG。

タキシードはいらない。

ようなシンプルで、仕立てが良いスーツを
着てくるように言われました。

やばい、そういうスーツがない・・・


日本、中国、インドネシア、
タイ、オーストラリアとか、

ここらへんだったら、
対応する服を揃えているので、大丈夫なのですが、

英国紳士か~~~~~  ^^;;;


でも、一着だけ、
以前作ったスーツが夫人に褒められたので、

今回の旅は、その一着だけを着続けることで、
なんとか過ごします。

また、今回も、いろんなパーティーに参加して、
いろんな方をご紹介して頂けます。

参加している人達の服装や立ち振る舞いをみて、
しっかりと英国紳士を勉強してきます。


はあ~~~。

「デヴィ夫人とふたりっきりで
 ニューヨークやロンドンに行くなんて、
 最高に楽しそう!」

とか、のんきに考えている人が多いと思いますが、
私からしたら、これは完全なる修行です。

デヴィ夫人を守らないといけないし、
横にいて恥ずかしくない男を演じないといけないし、
今から胃がキリキリしてきました。

少しは成長して戻ってこれるかな?


旅の事は、メルマガ、ブログ、[email protected]
リアルタイムで報告しますね。


戻ってきたら、英国仕様のスーツを作ります。