社長がガラケーとか、やばいよね

七星です。

最近、日本の企業がすごく弱いです。

シャープや東芝が良い例です。

伝統的な日本企業の業績が軒並み悪いです。

ソニーも本当なら、
今のアップルの座を狙えました。

なんで、そうなったのか?

社長が悪いよね。

東芝の原発事業とか、完全なる経営ミスです。
あれって、社長の判断じゃないですか。

社長の考えが古かったらどうなると思いますか?

10年前、スマホはなかったです。
この10年で、時代の流れるスピードは、
劇的に速くなりました。

体感的には10倍です。

インターネットが普及したのも、ここ20年です。

20年前に比べたら、20倍ぐらい世の中の動きが
速くなっていると思います。

このスピードについていける企業しか、
今は生き残れません。

ソフトバンクの孫さんとかは、しっかりと
スピードについていっている感じがします。

他にも伸びている会社は多くありますが、

30年とか40年、続いている会社が、
軒並みダメです。

では、なんでダメなのか?

それは、社長や経営陣に問題があるのでしょう~。

調べたわけじゃないけど、なんか、
社長がガラケーとか使ってそうです。

ガラケーしか使えないお爺ちゃんが、
社長の会社ってどう思いますか?

どう考えても先がなさそうです。

それと同じで、
みなさんもガラケーを使っているなら、
スマホしましょう。

そして、これからの時代はスマホアプリで、
ビジネス展開した企業が大きな利益を出せます。

最近で言ったら、メルカリやLINEが良い例です。

もう流石に、これ以上、
時代の流れが速くなる事はないと思います。

なので、現状のスピードになれて、
ついていけるようになれば大丈夫です。

スマホ、パソコン、タブレット、
いろんなネット機器を駆使して、
時代の流れについていってください。

電話しか使わないから、ガラケーでいいって人は、
それこそ、衰退して化石になってしまいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。