息子が女の子をぶん殴りました

七星です。


私の教育方針は、
子供たちが悪い事をしたら
体罰を与える、でした。


体罰は必要悪だと思いますが、
やり方を間違えてました。

 

深く反省です。

 

最近、私が自宅にあまり帰らないので、

子供たちが私から離れてきていると感じてます。

 

デヴィ夫人と一週間の海外旅行をしている間も、
子供たちが寂しがらなかったと妻から聞いて、
少しショックを受けています。


そこで、ここ一か月は、
できるだけ自宅に帰るようにしていました。


18時に自宅に帰って、家族で食事をして、
その後、出かけるという形にしてました。


やはり、いろんな人と会って、
いろんな遊びをする事も、
私としては必要な行動です。


自宅にいる時に、
たまたま電話が鳴ったので出たら、
小学校の先生からで、

うちの小学5年生の長男が、
女の子とケンカをして、
お腹を蹴って、その子を泣かせたとの事。


もうビックリです。


女性に暴力をふるう事は、
とてつもなくダメな事なので、
さっそく怒ろうと思ったのですが、

ここで、問題は、暴力はダメだよ。
って叱るのに、暴力、体罰は使ってはいけない。


この瞬間、
あれ?私はなにか大きな間違いをしたぞ!
って思いました。

 

これは、これから子育てをする人にも
気を付けてもらいたのですが、

私は体罰は必要だと思っています。
ですが、体罰を与える姿を、
他の兄弟に見せてはダメって事がわかりました。


怒る時は、二人きりで、
他の兄弟がいない環境をつくる。

 

娘がすごく悪い事をして、
本当に聞き分けがない時に、

私が体罰を与えてる姿を、
長男は今まで見てきたので、

女の子に暴力をふるっても
問題ないって心理になってました。


私は攻撃的な人の方が、
人生としては成功すると思っているので、

息子が中学や高校で、
誰かとケンカしてもいいと思ってます。


暴力という防衛手段が使えない人は、
損をしやすいです。


威圧感は必要です。


ただ、女の子に手をあげるとかは、
到底考えられません。


今まで息子の前で、娘に体罰を与えていたことは、
とんでもない教育ミスでした。


息子に女の子には手を挙げてはダメって言っても、
理解してもらえませんでした。
これにはびっくりです。


パパはお姉ちゃんに手を挙げているじゃん。って、
カウンターをもらいました。


なので本当に感じたのが、
見せちゃダメって事です。


これは私の完全なミスです。


今後、これを修正していきます。


小学5年生、自我が芽生えてきた時期、
ここで、いろいろ失敗が見えてくるので、
中学1年生までに、修正しないといけません。


これからしばらくは、自宅での時間を作ります。

ホリエモンのマネをしたら破滅します

七星です。


ホリエモンの本、
多動力、すごく良い本です。


私も強く同意しますが、
一つだけ気を付けてください。

ホリエモンのマネをしたら破滅します。

 

向こうはもう覚えてないと思いますが、

ホリエモンが刑務所に入る前、

8年前ぐらいかな?
ホリエモンとは一時期、少し交流がありました。


当時、私がホリエモンに紹介した七星ガールズと
ホリエモンが付き合っていた事もありました。笑


ホリエモンと私は、
女性の好みがまる被りで笑えました。


で!その時からホリエモンの考え方とか、
いろいろと共感する事は多かったのですが、

一つだけ気を付けてもらいたい事があります。


ホリエモンが言っている、

電話をかけてくるやつと仕事をしないとか、
連絡は全てメールでしろなど、

人とのつながりを無視した行動を、
もし普通の人がやったら、人生破滅します。


このホリエモンのコミュニケーション方法を、
マネしてもいいのは、

・圧倒的な知名度
・他社にない売れる商品

などを持っている人、あるいは、

自給自足ができている人です。

そういう人がやる分には、楽な生き方です。


自分に都合がいい人だけが集まるからです。


でもこれは、強者だけができることで、

通常、人は誰かとチームを組んで
結果を出すものです。


なので、

自分の時間を束縛する人と付き合わない
ということを、普通の人が真似したら、

孤立して、とんでもない事になります。


私もホリエモンみたいな考えではありますが、
あそこまで酷い考えではないですし、
極端すぎるので、みなさん気を付けてください。


過去にも、勝間和代さんの本が流行って、

カツマーだっけ?
勝間さんみたいな生き方をしようって、
キャリアウーマン達がマネしたけど、

散々な目にあったと聞いてます。


もしかしたら、今の私が
ホリエモンのマネをするのは、
ありかも知れませんが、

これからがんばろうって人が、
ホリエモンのマネをするのは止めた方がいいです。


あのデヴィ夫人でも、
そんな極端な考えではないです。


8年前のホリエモンは、
すごくかっこ悪かったイメージなのですが、

先日、BARでばったり会って少し会話した時は、
ホリエモン、すげ~かっこよくなってました。


多動力、すごく良い本ですが、

人間関係の考え方だけは、
ホリエモンのマネはしないでください。笑

世界を見て考えが変わりました

七星です。

デヴィ夫人に世界を見せてもらい、
考え方が変わりました。
100年企業を目指したいです。

夫人にニューヨークとロンドンの
社交界に連れて行ってもらい、
いろんな人達と出会ったことで、

世界に通用する
ビジネスモデルを手に入れたい
と、思いました。

エキスパは最強のシステムですが、
世界に通用するとは思えません。


最近の私の悩み
『会社を10年、20年存続させるためには?』
ということです。


メール配信システムは
今後もなくならないとは思いますが、
伸び悩むと考えています。

10年後は、売上が半分になっているでしょう。


そこで感じた事は、
今のままのビジネスモデルではダメって事です。

私が今やっているビジネスモデルは、
3年くらいのもので、それを複数展開して
会社を存続させています。

でも、それでは、ダメです。


やはり、10年もつビジネス、30年もつビジネス、

最終目標は100年もつビジネスを手に入れる。


私の格言で、
1年で1億円を稼ぐより、10年で1億円を稼ぐ方が大変。
って言葉がありますが、

まさにその通りで、短命のビジネスで稼ぐのは
以外と簡単ですが、

10年もつビジネスや、30年もつビジネスを
見つける、作るのはすごく大変です。


世界を見て感じたのが、
30年もつビジネスを見つけよう
ということでした。


世界に通用する
新しいビジネスを見つけるために

まずは3年ビジネスで、しっかりとした
会社組織、資金、社会的な信用を作って、

それから、10年ビジネス、30年ビジネスを見つける。


人生は60才からです。

世界に通用する何かを必ず見つけたいと思います。


とは言え、今は、

エキスパ、IBA、携帯ビジネスの3つに集中、
まずは、世界に打って出る土台を作っていきます。


今回の旅で、

世界に通用する30年ビジネス
目指そうって気持ちになったのが

一番の収穫かもしれません。

 

1 2 3 4 5 6