お金をもらってはいけません。

七星です。

 

この前、うちの取引先の担当で、
優秀そうな若者と出会いました。

タイミングがよかったので、
食事に誘って、1時間ほど話したのですが、

すごく優秀なのに、
残念だと感じました。

 

話していると、
大きな会社でサラリーマンをしているその子の、
数年後が、なんとなく見えてきました。

 

営業成績が伸びてきて、
28才ぐらいで会社から表彰とかされて、

優秀な社畜のような
サラリーマンになっている。

 

そして、優秀なのに
年収が600万円程度で、40才まで働く。

家族ができて、家を購入。
典型的なサラリーマン。

男としての成長が終わっている残念な形です。

 

大きな会社に入っちゃダメですね。
結局、やる事の流れが決まっているから、
会社とは言え、工場勤めと同じです。

 

やっぱりベンチャー企業が良いと思います。
つねに新しいことにチャレンジして、
自己成長ができます。

大きくても、そういう会社なら、
まだマシですが、
形ができあがった会社ではダメです。

 

あと、思ったことは、
お給料をもらってはダメです。

私が会社の社長で、優秀そうな子がいて
タダ働きする子がいたら、それは可愛がります。

 

社員が数百人、数千人いる会社で、
何か違いを見せるなら、
私ならお給料をもらいません。

人の3倍働いて、給料ゼロにします。

または、もらったお給料を全て、
その会社の成長に貢献するとかします。

 

結局、お金をもらった瞬間、
対等な立場でなくなります。

 

サラリーマンだと、お給料が発生します。

大企業で働くなら、
そこは違いを見せないとダメです。

と言うか、大きな会社で働く
意味がわかりません。

 

大きな会社に必要なのは、歯車だけです。
営業なんて、とくに使い捨てです。

その子、うちの会社に引き抜こうかな?笑

 

来月、プログラマーが2人ほど入社予定です。
いま、うちの会社は、
人事の流れが変わってきました。

優秀な人材が集まってきてます。

 

株式会社エキスパートは、
第2ステージに突入した感じです。

今年でエキスパは完成、
IBAとスマホ事業も形になりそうなので、
来年は新しいことにチャレンジしていきます。

 

これからが、楽しみで仕方ないです。

会社としての結果を出せる未来が、
近づいてきた気がしますね。