税金を1円も払ってないのに、選挙権があるってどうなの?

七星です。

最近、
「生活保護受給者に生きる価値があるのでしょうか?」
って記事で反響をもらってますが、

勘違いしてほしくないのが、
本当に必要な人には、必要な制度だと思いますが、
過保護すぎると、それは相手をダメにするので、

生活保護ではなく、
生活支援って制度にすればいいと思ってます。

そして、生活保護受給者は、
税金を1円も払ってないのに、
なぜ、選挙権があるのか不思議です。

そして、医療費も全額無料ってのも、
狂気レベルに不思議です。

病気、発作とか、体に何か問題があって
どうしても働けない人は、助けないといけません。

でも、助けすぎると、人はダメになります。

生活保護者の生活水準は、年収400万円ぐらいです。

下手に働いて収入があると生活保護を切られて、
年収が一気に下がります。

そしたら、働きたくないですよね。笑

そして一度、保護を受けたら、自己申告しなければ、
もらい続けられる制度です。

これってどうなんでしょうか?

引きこもりの子供がいて、何年も部屋から出てこない。
それを、無理やり外に出して、何が悪いのですか?

ちょっと頑張れば、自立できるのに、
それをやとろうとしない。

生活保護は、日本をダメにする制度です。

なので、生活援助制度にして、
困っている人を成長させる制度を作るべきです。

その人ができる、最低限の何かしらの労働をさせる。

そして、税金を払っていない分、
なにか制限を与える。
選挙権をなくすなど。

はっきり言って、選挙権があるのも不思議です。

私は、会社で払っている税金も合わせたら、
年間、億単位の税金を払ってます。

億の税金を払っている私と、
1円も税金を払ってない生活保護受給者、
選挙での一票が同じ価値。

う~んって感じです。

消費税を払っているから、
税金を払っているって、考える人もいますが、

例えば、子供は、税金を払ってません。
親が稼いだお金を使って税金を払っている。

実際に払っているのは親ですよね。

生活保護費は全部、
私たちの税金から払われてます。

つまり、それを払っているのは納税者です。

だから、生活保護者は、
税金を1円も払ってませんからね。

これが、言い過ぎなのは、わかります。

日本の良い部分は、弱者優先、
弱い人にやさしい国ってことです。

素晴らしいことだと思います。

でも、過保護すぎるのはどうかと思います。

コメントを募集します。
また、シェアや拡散も、ドンドンしてください。

日本の10年後を考えたら、このままではダメです。

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 生活保護→生活支援・援助、何らかの制約があってしかるべき、、、全く同感です。
    こういった意見を驕りからではなく、正直に言える場が欲しいし、代弁してくれる例えば代議士等も必要だと思います。

  2. まさに正論です。

    日本はやりすぎました。

    生活保護を受けている親の子供はその親の生き方を見て育ちますから、
    あまり良い影響はないのではと心配です。

    依存は依存を呼ぶ。

    そんな日本でいてほしくないです。

    日本自体が大国から自立しなければ駄目なのかなと思っています。

  3. 何も考えない、疑問を持たず黙々と働くサラリーマンを作ることには成功した。
    サラリーマンにすらなれない生活困窮者が治安を乱さないように、生活保護というもので対応。
    自分の意のままにしたい大きな権力をもった者たちが作った制度。
    だから、一部の批判を受けながらも、生活保護の制度は継続され、今や外国人にもその枠は拡げられている。
    七星さんが憂うのは、もっともですし、このままですと、魅力のないくにに成り下がる可能性も。

  4. 七星さんの仰る事、私もいつも同じことを思っているので同感なのでコメントさせていただきます。

    収入が少ないから、、、お金が無いから弱者。笑わせるな!です。
    そんな人たちの中には、生活保護を貰っていない人以上に暴力暴言で相手を威圧している様な人もいます。
    どこが「弱者」?

    生活保護のシステムが本来救済しなければならない弱者は、身体に不自由があったり、仕事をしてお金を稼ぎたいんだけれども、どうしてもやむを得ない理由でお金を稼ぐ事が出来ない「社会的弱者」です。
    恐らく、法律を制定した時には、そんな人たちの保護をイメージして出来た法律だと思います。

    せっかく五体満足なのに、仕事をするよりは、何もせず生活保護を受け取った方が得だ。だとか、そんな制度があるんだから使わなければ損!何て考える「人間的弱者」を保護するためのものでは無い。

    まして海外から、自分の意思で勝手に日本に来た外人に対してまで生活保護を適用していたらお金が幾ら有っても足りない。

    ぜひ制度を見直し、受給資格者を精査すべきである。
    役所の窓口でゴネる人間に、根負けして与えてはならない。

    • 素晴らしいコメントですね!!よくぞおっしゃって下さいました!m(_ _)m
      全く同感です!
      共産党市議や左翼弁護士が、怠け者やヤクザ在日を連れて、受給させないと差別とか言ったり役所職員を脅して生活保護を受給させて、生保受給から幾分かピンハネして共産党市議や弁護士や暴力団の懐に入れるのですよね!
      弱者(被害者)ビジネスって言うんですかね?
      本当の弱者でも被害者でも無いですしね。
      子供の躾と同じで、甘やかしすぎは教育上悪ですね!社会のためにも本人のためにも成りませんね。

  5. 賛成です。
    現状、生活保護=”しんどいフリしたもん勝ち”ですよね。

    一昔前だったら、かなり白い目で見られると思いますが、
    今では立派な市民権。
    人それぞれ色々な事情はあると思うし、弱った人につべこべ
    言うつもりはありませんが、だからって腐ったら終わりだと思いますね。

    本当に身動き取れない人のみセーフティネットとして機能すればよい

  6. 賛成です。
    現状、生活保護=”しんどいフリしたもん勝ち”ですよね。

    一昔前だったらかなり白い目で見られたと思いますが、
    今では立派な市民権。
    人それぞれ事情はあると思うし、弱った人につべこべ
    言うつもりはありませんが、だからって腐ったら終わりですよ。

    本当に身動きが取れない人のみ、セーフティネットとして機能すればよい

  7. 父親のDV,モラハラで私が小学一年生の時に母と逃げて二人暮らしになり、
    当初何年か心を病んだまま母は昼も夜も働き生計を立ててましたが、
    複数の臓器の病と心の病でとうとう働けなくなり生活保護を受けることになりました。

    私は自身がしっかりとした教育を受け保護から抜け出したいと思い続け
    中学、高校と人の何倍も努力をして今年、旧帝大の医学部に合格しました。

    保護のお金が非常に高いと思われている方も多いですが、
    生活最低限の費用が計算されていて余裕はほぼないです。
    七星さんのいう400万円なんてとんでもないですよ。その半分ほどです。
    今は母一人になり、年間120万ほどです。
    母は病気ですから医療費は上乗せされますが、私はほぼ0です。
    なので、私は塾だとか予備校の類は無料のもの以外いったことはありません。
    参考書などの費用も中古品などでやっと調達していました。

    それでも保護課のほうでは、私に「アルバイトをなぜさせない」と母を責め立てていました。
    また、小学校中学校と国立大の附属に通っているのはおかしいという言い分で
    やめさせて普通の公立へ転校するための働きかけがあり、
    訪問の度に母が「何とかこのままで・・・」と頼み込み通わせてくれました。

    七星さんの言う生活保護受給者に選挙権を与えるべきでない云々の主張はこのことと同様かと思われます。

    しかし、結論から言いますと、勉強する環境を備えた国立大附属中を退学し公立に転校した場合、
    また高校時代アルバイトをして生計を助けた場合、私は今の旧帝大の医学部への合格はまず99%あり得なかったと思います。
    旧帝大はおろか、普通の国立または私立の医学部へも合格できなかったと思います。

    生活保護受給者の子供は大学へなど行くべきではない、ましてや医学部へなど行かず
    義務教育(最低限の教育)が終了したら、社会に出てがむしゃらに働き
    病気の親を扶養すべきというのが現行の社会保障制度の基本です。

    国立大学の学費と生活費は民間企業の奨学財団の狭き門の試験を受け
    支給されることになっています。
    しかし、これも手続き上の問題があり、初めて支給されるのが七月末です。

    試験に伴う交通費、宿泊費、合格してからも引っ越し費用、その他諸々の費用が
    不足していました。母はありとあらゆるところにお金を借りられないか
    調べ交渉して回りましたが、今の日本の制度では生活保護者には短期間でも
    お金を貸さないシステムになっていることを知り打ちのめされました。

    銀行やサラ金のようなものはもちろん、国民金融公庫や福祉貸付金の類でもダメなのです。

    万事休すことになった母は、苦肉の策で独身の時に作ったクレジットカードの
    キャッシングから満額の40万円借り、私は晴れて大学の門をくぐることができました。

    しかしお気づきかと思いますが、これは明らかなルール違反です。

    生活保護課でクレジットカードを持つことまたはそれを使用することは
    許されていないのです。

    入学から三か月経ってこのことは保護課の知ることになり、
    更にクレジット会社からは母の所得証明を提出するよう促され
    生活保護だと知れた場合、分割払いは一括返済となると書かれた通知が来ました。

    私もアルバイトなどで、この借金は返そうと思っていますが、
    一括返済は無理です。

    更に奨学財団の意向で成績不良や留年した場合は奨学金は打ち切りになります。
    病気の母の保護も打ち切られる可能性もあります。

    七星さんの云われている本当の意味で、ごく一部の働けるのに働かない人がいるのも
    事実です。現行の保護制度では私もその一人になります。

    短絡的に保護から抜け出る努力はしていないのは確かですが、
    貧困の連鎖から抜け出る努力は私も母も最大限の努力をしてきましたし、
    これからも続いています。

    法律や条例は細々とした例外を認めるわけにないは行かないのです。

    「あなたは努力したかもしれないけど、あなたのお母さんは?」と
    心無いことを言われたことがあります。

    しかし、私がここまで頑張ってこれたのは
    母の協力なしでは全くあり得なかったと思っています。

    ここに書いたことは生活保護下での不条理の極一部です。

    七星さんの周りには生活保護は一人もいないと言っていましたが、
    それは七星さんが知らないだけかもしれません。
    私や私の母は周りに一切保護のことは知られてはいません。
    保護課から年に一度扶養の義務確認の手紙が来る三親等親族以外は
    全く知られてはいないのです。

    七星さんが努力して裕福になっているのは素晴らしいことだと
    尊敬しておりますが、日本中の生活保護の人や低所得の人が七星さんと同じように
    努力さえすればネットの世界で稼げるようになりますか?
    それだけの数の人がネットの世界で同様に稼ぐことは不可能ではありませんか?
    実現すれば富は分割されるようになります。
    努力だけでは如何ともし難い世界だということは七星さんご自身が
    本当は良くご存知ではありませんか。

    • 長文を読んで実に魂いをふさぶられました。七星さんの意見も賛成でしたが、
      もっといろいろな状況の人の意見にも耳を傾けるべきだと言う事をまざまざと
      見せつけられました。これからも、お母さんを大事にして頑張って下さい。
      応援しています。

  8. 七星さま
     初めてこのブロッグに投稿いたします。気になっていたテーマでした。弱者たちに援助は
     大賛成。しかし弱者の方達にもいろいろな背景があり、もっと細かに配分受理の構築を
     すべきと考えておりました。以前に障碍者を抱えた姉妹2人、片方が 支えきれず役所に 
     生活保護を求めましたが拒否されました。片や多くの在日の方達の受給者、そのほか
     いろいろな例はありますが省きます。とにかく時代は変わっており、
     戦後から数えて70年、本当に必要な方達の事情様相も変わってきていますので、
     データーを示し、ある程度公開して(ある程度プライバシーの所は考慮し)
     納税者が納得、理解する対処の仕方が必要です。それでなくとも、政府、省庁、地方役所
     のお金にまつわる不祥事多く疑心暗鬼に人々の心がなり始めています。
     保護と支援を二本立てで、保護の領域を卒業できたら支援へ移る。自己更新型ルール。
     3ー6か月ない更新(状況説明と証拠提出)厳格なことはインチキする人がいるから。
     善意と本当に必要な保護の上に成り立っているものなので、そのほかの人たち
    (いただい ている人たちは)労働で返却する。(山が荒れているのでそこに訓練後派遣
     とか)多々あると思います。三方よしでお互い悪い気はしない?と思います。      

     動けるのであれば労働対価( 

  9. 個人的意見としては
    憲法30条の義務を放棄している人に必要は感じない
    病気等で必要な制度とは思いますが
    自分で仕事を選んでいるだけで、生活保護を受ける人々は理解不能です
    身体的に問題が無いなら、例えは悪いですが
    自衛隊に放り込めですね

  10. お世話になります。いつも拝見し勉強させていただいております。

    生活保護者のお話。私も大賛成の側です!

    確かに本当に身体が不自由で動けない人は仕方がないと私も思います。
    それでも指一本動かせればパソコンで稼ぐことも可能な時代です。
    乙武さんなんて、あの五体不満足で何人もの愛人がいたのですから凄いです
    。女性からは反感を買うと思いますが

    働ける若い者が生活保護費を受給し続けられるのはありえないですよ。
    しかも酷い奴になると生活保護費でタクシーに乗ってパチンコをしてる奴も
    いると聞いたことがあります。

    我々経営者は帳簿をきちっと付け税理士さんに高い顧問料や決算料を支払って一生懸命稼いだ利益の半分近くを税金として支払い、自分の報酬からも所得税その他、社会保険料等、従業員の社会保険料半分負担、労災保険料等々稼いでも稼いでも税金は取られるし、外で買い物をすれば、消費税を支払う。

    努力を重ね支払った税金が有意義なところに使ってもらえることを祈る
    ばかり。
    そんな税金をいとも簡単に受給できる生活保護者の方々には受給した
    お金の収支報告を提出する義務を与えたらよいと思います。

    それと生活保護者が一般の人達と同じ所に交って生活しているのもどうかと。
    公団住宅のようなところを活用し、生活保護受給者のみを住ませ、街を作って明らかに区分できるような振り分け制度、なるべく現金は渡さず、食料品や雑貨の金券等、最低限の生活レベルに下げるべきです。

    それと体は健康で精神疾患の生活保護受給者には、死亡したときの全臓器
    提供義務を付けるとか。

    あと母子家庭手当も緩すぎです。
    市役所に行くと生活援護課のカウンターの前で「こんな少ない手当では生活できねーよ」と怒鳴っている髪をマッキンキンに染めた若い母親を見ます。
    運悪く旦那様を亡くした子持ちの母親は仕方ないと思います。
    でもそうでない人は、自分で選んだ人でしょ?
    何で勝手に選んで勝手に別れた貴女が税金を簡単にもらうのですか、と問いたいですよ。
    母親を援護するのではなく、これから成長していく子供の学費やなどの奨学金制度等をもっと助成すべきではないでしょうか。

    少子化がこれからも進み、税金を納める者がこの先も減り続ける中で
    こんな緩い制度はどこかで改革しないと本当に日本は破綻すると思います。

    稼ぎのない奴にかぎって、酷いだの可哀想だのと反論をします。
    そういうやからこそ、もっと稼いで沢山税金払ったら?と言いたいですよ。

    これからも七星さんの辛口トークを楽しみにしています。
    いつもありがとうございます。

  11. 私が訪問介護で関わったおじいさんは、生活するのにギリギリの年金で、医療を受けるには足りないから生活保護でした。デイサービスと訪問介護で一人暮らしをし、食材や消耗品と雑誌を買う以外お金を使う事が無いのでお金が貯まって、このままでは生活保護を止められてしまうから、必要なものを買おうとケアマネージャーは言いました。
    生活保護だと医療費無料というのはやめて、生活費は年金で賄えているのだから医療費のみを必要な時に支援する制度が有れば良いのにと思いました。

    また、別のおばあさんは昔は飲み屋を営み女の子を複数雇って羽振りが良かった話を散々していましたが、生活保護でした。乳癌で亡くなりましたが、いくらの医療費が掛かったのだろうと思います。将来の備えをしなかった人が生活保護の恩恵を受け、爪に火をともすように生活してきた人との不公平感は否めません。

    以前テレビで中年の生活保護者が職安で仕事を探す様子が映っていましたが、時給900円をこんなんじゃ働けないと言っていました。どれほどの値打ちが自分に有ると思っているのか?そもそも仕事を選べる立場なのか?もっと安い時給で働いている人は沢山居ます。

    今後増える高齢で働けなくなった生活保護者を、働ける生活保護者が世話をする施設を作り、そこで共同生活をさせるのが良いと思います。自由が欲しければ仕事を見つけて施設を出て行けば良いし、今のようにお金が欲しい、でも自由も欲しいで野放しの状態は、真面目に働く人のやる気も損なうし、手枷足枷にしかなりません。
    兎に角生活保護の制度を一から作り直す必要が有ると思います。

  12. 全く同感です。弱者救済を逆手にとって悪用されている状況が散見されます。制度が設立されたころの初心に戻って運用がなされるよう望みます。

  13. 高額納税者と非課税の方、無収入の方、ここに選挙権等で制限や差を付けてしまうと、
    一票の格差問題や、国家が高所得者優遇政策をとりかねない、ということで
    一人一票なんですよね。

    健常者ニートと病気の方、ここは社会福祉においてある程度の差があってしかるべきと
    思いますが、その差はわずかですね。

    ちなみに、ホームレスの方でも意識高い系?の人は、役所の世話にはならねえ!
    と拒否をし、廃品回収等でいくばくかの収入を得て生計をたてている方もいるとか。

    最終的には、自分がどこのラインで満足するか、ということなのかなと。

  14. 生活保護受給者の無駄遣いぶりを沢山耳にして、目にしてきました。
    要らない電気製品が自宅に山積みになっていたり、明らかに過剰な量の薬をもらっていたり。
    明らかにおかしい制度です。

  15. 全くその通りだと思います。生保の人は人一倍、依存度が高い、
    要求、苦情、非難ばかりする。
    何か制限は必要です。高度医療はまず必要ないです。
    生きていていただいても、生産性がゼロですから。

  16. 見出しがインパクト過ぎ!反感持たれます(笑)
    でも選挙権云々より、行政が甘すぎて人員不足で調査できないと言います。最初が甘いんです!不正受給知っています。ましてアルバイトの収入は申告していません。

    女一人で昼夜働き、プラス少ない年金と合わせると膨大な税金が来ます。税金は夫婦であっても寡婦(離婚も含め)も同じとは生活保護よりムカつきます。

    もう一度一回ゼロにして、本当に困っている人でも生活保護は嫌と受けてない人もいます。昔は特にそう言う人がいました。今はプライドがなさすぎです。

    ただ生保であっても日本国の人間ですから、選挙権はこだわりません!私は..
    中には本当にどうしようもない状況にある人はいるので、行政に責任があると思っています。安易に調査だけで、民生委員の話だけで決定するからです。

  17. 生活保護者に対して、何かしらの不自由を負うの
    はひとつ義務と提案致します。

    例えば住居に関しての不自由。
    住まう場所を指定、紹介してそこに住んでもらってさ。
    若しくは居宅にカメラ付ける義務を生じさせ、プライバシーを監視される責任を負う。

    きれいごと抜きに、人間働いた方が成長します。
    また、どんな状態であろうともひと様のお役に立てれる
    だろ?って。
    というか、働く意思がなければ
    刑務所に引き籠もってればって思います。
    勤労の義務違反で…

    極端なこと申しますと、税金意味不明です。
    住民税であったり
    資産税であったり
    消費税であったり…
    正確にそらで、日本の税金の種類と数
    それを論じられる人って何人いるのでしょうか?

    税に対して不透明すぎるから
    また無関心すぎるから
    歪みであったり、不可解なことがおきるのでしょうね。

  18. 体壊したヤクザが、職員脅して保護もらったり、
    受給日になると、保護の人がパチンコ屋に群がるとか
    おかしいです。
    ただ、ウチの弟 二十年以上統合失調症を患って
    まして、今保護もらっています。
    。十代で発症しました。
    私が家を出て自活しだした頃から。
    十年前に 母親不倫して、私ら子供置いて逃げてしまった
    トラウマからか?
    家のガラス割る
    ヤクザの娘に手を出して
    私と親呼ばれて、金取られる。
    銀行にいちゃもんつけて警察呼ばれる。
    その他数多くの事ありました。
    弟は、ハタチ過ぎから 職人 新聞配達など
    職を転々としながら、病気と闘っていました。

    年一回は、精神病院入院
    三十歳過ぎに最後の入院。
    これだけ頑張ってきたから、もう申請して
    いいだろうと思って、保護申請して
    通って、アパートにてじっとして
    入院しないようにしています。
    その後就労継続支援B型に通いました
    今は、就労支援の学校に通っています。
    仕事出来るようになるかわからないですが、
    努力はしています。
    保護は、ただやる気がなくて働かない人にはあげたく
    ないです。
    必要な人に必要なだけ渡し 不要な人には渡さない
    それがいいです。
    安倍首相が、憲法改正するなら
    憲法に基づき作られた生活保護も
    少し改正して欲しいです。

  19. 幼少期からの鬱病、発達障害、ヘルニアにさんざん苦しみ体が心が外界を拒否するようになり生活保護を受けることになりました。
    生活できる最低限の受給と社会復帰のため医療補助を受けています。
    不正受給は許せません。
    節約のため風呂は3日に一回。
    トイレは流せる限度まで流さない。
    体調がいい日に精神科に行き、病気の副産物による全身硬直をほぐす為整形で電気治療。これをしないと動けなくなります。
    薬漬で睡眠薬や抗うつ剤、発達障害の症状緩和剤
    痛み止めなど毎日飲んでいます。
    動けている日になるべくまとめ買いをして食費の節約です。一日一食が多くて二食。
    物価が上がってるのでもう少し切り詰めないと…ただ体が栄養が取れなくなることのリスクがあり
    必要以上に切り詰めることができません。
    あなたの近くに弱者はいないのですか?
    いじめを受けてる人なども含まれますよ。
    私は幼少期いじめを13年近く受けました。
    これが原因で今でも人間不信でこわいです。
    ビクビクしながら社会で仕事してきました。
    体はすぐ悲鳴を上げ離職の繰り返しです。
    鬱は脳が傷つく事で起きる病気。
    脳が正常に機能しないのです。
    だから普通に生きることが難しい。
    貴方が無意識に放った言葉で脳が損傷し鬱になる人もいます。
    毎日死にたくなります。
    でも復帰しなきゃいけないので回復優先なのです。
    発達障害も持っているので、苦手とする仕事が多く存在し、仕事を選ばないといけません。
    普通が一番厄介で普通でいるために死ぬほど仕事したり努力しないと追いつくことができません。
    罵倒する前に弱者はなぜ弱者なのかを考えてください。
    私は病気により離職繰り返しましたが税金は生活費切り詰めて払ってきました。
    贅沢なんてしたことが無いんです。
    普通に生活をしたいけど出来ないから頑張ったけれど、体は限界を迎えました。
    復帰まで何年かかるかわかりません。

    税金生活費を切り詰めれば払えるかもしれません。
    社会福祉士さんにより止められています。
    仕事は考えなくていいと言われています。
    復帰できる見込みが将来的に来たら考えましょう言われてます。

    鬱病でぎりぎり頑張る方もいますが、軽度で休みがしっかり取れるならできるかもしれません。
    私には休みなんて無かったので休んだら食えなくなりますから。

    弱者に本当に優しい世の中になってほしいです。

    体が人より弱い人は無理してでも死にそうでも仕事してくれと…。
    それでも死んでも良いんだなとこの記事からそう感じました。
    体には個人差があるのに、不正受給と一緒にされるのはどうかと思います。

    今後も鬱病患者は増えていくと思います。
    世の中が本当の意味で優しくないから…。

    主観で語るならもう少し勉強されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。