ソニーはダメですね。

七星です。

 

先日、ソニーの2万円ぐらいする新製品、
Bluetoothイヤフォンを買いました。

 

もうがっかりです。

アップルとの差は歴然です。

 

日本はもうダメかもしれません。

 

アップルのイヤフォン、
「AirPods」が凄すぎて、使いやすいです。

 

米調査会社NPDによると、
Appleの「AirPods」のように完全に無線の
Bluetoothイヤフォンは、

1~7月に米国で累計90万セット売れ、
その85%はAirPodsだったそうです。

 

今回、ソニーが、
WF-1000Xという製品を出したので、
購入したのですが、

まず、名前からして、ダメダメ。

センスなし。

 

そして、届いて梱包を空けたら、
箱も、ダメダメ。

 

Apple製品は、梱包の箱からセンスがいい。

シールの貼り方までです。

 

なので、WF-1000Xの
シールを剥がす瞬間から、

あれ?期待できないぞ?って思ったし、
実際、製品を手にとっても、なにかダサい。

 

極めつけは、マニュアルです。

Wi-Fiルーターみたいなマニュアルで、
わかりずらい、見ずらい、ダサいの三拍子。

 

本当にがっかりしました。

 

このWF-1000Xだけを見たら、
ソニーは終わってますね。

 

次に、BOSEのBluetoothイヤフォンが
発売されるので、
すぐに購入して、違いをみたいです。

 

ちなみに、音質とか、
そんなことは、よくわかりません。

 

使い勝手とか、わかりやすさが重要で、
ケースとか、充電器とか、保存しやすさとか、
総合的に言って、

「AirPods」ダントツ一番です。

 

日本企業、もっとがんばってほしい。

WF-1000Xは、
日本人として、恥ずかしいです。

 

P.S.

音質とか、そういう面では、
優秀なのかもしれないけど、

せっかくの良さも、
見た目でマイナス評価ついたら、
ダメだよね。

 

人は見た目が9割。

商品にも当てはまりますね。