不眠症のスタッフにアドバイスをしました。

七星です。

スタッフの一人が、
夜寝れないって悩んでいたので、

寝る天才と言われている私が、
不眠症のアドバイスをしました。

じつは、私は寝るのが得意で、
枕に頭をのせたら、平均10秒で寝れます。

そのあと、夢も見ないし、
朝起きるまで記憶も飛びます。

とてつもなく、寝れます。

逆に、5分寝れなかっただけで、
うつ病になるくらい落ち込みます。

1時間も、2時間も、
寝れないって人の気持ちは
まったくわかりません。

で!

不眠症のスタッフにしたアドバイスですが、

1. 昼寝を15分する

2. 昼寝前にコーヒーを飲む

3. 家でゴロゴロしない

4. 寝る2時間前にお風呂にはいる

5. お風呂で30分、半身浴をする

6. 風呂上りに水は少ししか飲まない

■昼寝を15分する
昼寝をすることで、
午後が活動的になるので、
疲れて、夜寝れます。

夕方とかに寝ると逆効果です。

■昼寝前にコーヒーを飲む
カフェインの効果は
飲んでから15分なので、
昼寝のあと、すっきりと起きれます。

■家でゴロゴロしない
そもそも、家に帰らないで、
帰ったら寝る動作を統一する。

家でゴロゴロするから、
休憩になってしまい、寝れなくなる。

ギリギリまで、外で遊ぶとかして、
疲れたら家に帰る。

■寝る2時間前にお風呂にはいる
人は寝る瞬間体温を下げて、
寝るよ、って合図を体中に送ります。

なので、お風呂に入って、体温を上げて、
疑似的に寝るシグナルを出します。

■お風呂で30分、半身浴をする
半身浴で汗をしかっりとかくと疲れるので、
上がった後に眠くなります。

■風呂上りに水は少ししか飲まない
水分を取ると、おしっこに行きたくなるので、
眠りが浅くなる人がいます。

なので、寝る前はあまり
水分を取らない方がいいです。

これを、2週間続けても、
眠くならないなら、
お風呂前に、ランニングをして汗をかきます。

あとは、週に1回、筋トレもいいです。

成功の継続には、規則正しい生活が重要です。

しっかりと行動して、しっかりと寝る。

大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。