なぜ、貧乏人がいるのか?

七星です。


私は、お金持ちの知り合いが多いです。

貧乏な人には、ある共通点がありました。


その共通点ですが、
それは、リスクです。


例えば、私のお給料と、
会社のスタッフのお給料は、
全然ちがいます。

会社のなかでは、
私が一番の高給取りですが、

その違いはなんでしょうか?


能力の違いでしょうか?

働いた量でしょうか?


もちろん、少しはあると思いますが、
根本の違いは、リスクの差だと思います。


スタッフは会社に守られて、
お給料に関しても、保証されています。


でも、社長の場合は保証されていません。

この違いは大きいです。


がんばっているけど、
お金が稼げない人もいますが、

その人達は、覚悟が弱いか、
リスクを犯さないで結果を出そうって
考えの人が多いと思います。


下流老人じゃないけど、
老後にお金がなくて、
にっちもさっちもいかない人がいるとしたら、

若い頃にどれだけがんばったかではなく、

若い頃にどれだけ、
「リスクを取って」がんばってきたか。

そこが重要だと思います。


リスクとは、もろ刃の剣で、
失敗したら大きなダメージが
あるかもしれないけど、

リスクを取らないで行動しても、
結果のリターンは少ないです。


大きな結果を求めるなら、
レバレッジを効かせて、
大きなリスクを取ってください。

貧乏人は、
リスクを取らない人生を歩んできた人が
多いと思います。


P.S.


リスクを取ると、
もう一つメリットがあります。

それは、
より多くの失敗を経験できるってことです。


リスクを取らないってことは、
失敗もしないってことです。

「失敗は買ってでもしろ」

良い言葉です。

幸せ貯金をしませんか?

七星です。


私は、人から、結婚報告を聞くと、

「結婚なんて、するもんじゃない」
「あ~あ~、墓場にようこそ」

って言いますが、
ある経験から、考えが180度変わりました。


結婚する人は、バカです。

でも、結婚しない人は、もっとバカです。


この前、ひょんなことから、
人生の最下層の人達と、
お話しする機会がありました。


1人は、前科25犯、
刑務所に10回ぐらい行っているヤクザで、

もう1人は、生活保護を受けている
76才のおじいちゃんでした。


そこで感じたことが、肉親の重要性です。


2人とも、

「生活がつらくて、現状を打破したい」

「事故や怪我、何かあった時に、
 助けてくれる人がいない」

と嘆いていました。

 

それを聞いて、
親兄弟、妻に子供たち、
何かあった時に助けてくれる友人
いかに重要か感じました。


今回、出会った2人に、
境遇や人生を少し聞いたのですが、

やっぱり家族がいないことで、
道を大きく外してました。


ヤクザに関しては、
15歳の時に、親がいれば、
30歳の時に、助けてくれる人がいれば、とか

要所、要所で、
助けてくれる人がいなかったことが、
いまの悲惨な状況を作ったと言ってました。


「なんで、日本にはヤクザっているのかな、
 もし、なかったら、
 俺はヤクザにならなかった」


と、しみじみ話している姿を見て、
少し可哀そうになったけど、

でも、私から見たら自業自得でした。


人間にとって、
苦悩に負けることは恥ではない。

快楽に負けることこそ恥である。


あまり詳しく書くと、
本人が特定されて、

あとで私が怒られるかもしれないので、
話せないのですが、

その人の人生を聞いたら、
若い頃から、快楽に負け続けてるから、
幸せ貯金をしていなかったみたいです。


この幸せ貯金って考えが重要で、

生活保護のおじいちゃんも、
すごく良い人だったのですが、
この幸せ貯金をしていなかった。


おじちゃんの話を聞くと、
若いころから仕事をしっかりしてなくて、
お金を貯めてなかった。

財産がなかった。

その場、その場の生活をしてた。


そして、極めつけが、家族がいない。

奥さんは10年前に死別してて、
38歳の子供はいるけど、5年会ってない。

兄弟もいるけど、
みんな高齢で何かあっても助けてくれない。

自分自身も、みんなを助けることができない。

つまり誰もいない、孤独なんですよ。


これからどうするのか聞いたら、

「わからない」

とのこと。


2人の話をきいた時に感じたことは、

「家族って将来の幸せのための貯金かな?」

ってことです。


いま、私がお金を稼いで、
家族を養ってますが、

別に将来、恩返しとか、
何かを求めてません。

でも、けっきょく、家族を幸せにすることで、
将来の自分に幸せが戻ってくる。


いま、誰かを幸せにしてあげることが、
幸せ貯金になる。


若い時に、まだ体が動くときに、
いっぱい稼いで、いっぱい人と会って、

家族や友人、私なら会社のスタッフとか、
多くの人に喜んでもらって、
幸せにしてあげて、

それが、幸せ貯金になって、
いざ何かあった時に、幸せが減らない。


幸せのままで、生活できる。


ヤクザも生活保護の人も、
幸せ貯金をしてこなかったから、
いま、大変な目にあっている。


そんなことを考えさせられる出会いでした。

 

エッチの後には●●をします

七星です。


以前、知り合った女性が、

「昔、自衛官と付き合ってて、
 その人、エッチが終わったあと、
 必ず●●をするんです」


と、言ってました。


それを聞いた瞬間、
なんか、気持ちがわかるし、
私もやりそうな気がしました。


その自衛官が、エッチのあとに
必ずする●●は、腕立て伏せです。


なんで~~~?って、
思うかもしれませんが、
私には、その気持がわかります。


理由は、

「オレってワイルドだろ~」

っていう、アピールです。


私も若い頃だったら、やりそうだし
元自衛官とか、ガテン系の男性なら、
なんとなく、わかると思います。


体を鍛えているので、
「強さ=かっこよさ」
というふうに、勘違いをしているのです。


そう、勘違いなんですよ。


じつは、
この勘違いって、すごく重要で、

自分に対する勘違いは、
自信につながります。


結局、結果を出している人は、
ポジティブで、頑張り屋が多いです。

そして、
自分に自信がある人が多いです。


これは、結果を出す前から、
なんか変な勘違いをしていて、

周りから見たら、
全然大したことないのに、
変な自信がある。


これが結果として、
うまくいく場合も多いです。


自分に自信があると、
失敗を乗り越えることができます。


「俺って最強!」っていう、
変な自信は、けっこう重要です。


ちょっと笑えたので、
息抜きの内容です。


今度、エッチが終わったあと
スクワットとか、腕立て伏せとか
やってみてください。


女性に、変な人って思われますよ。笑

1 2 3 4 5 6