到達率の秘密を全て話します。

20160907

 

七星です。


新事務所、新セミナールームが完成したので、

セミナー開催の準備ができました。

『エキスパ到達率UP緊急セミナー』を開催します。


2016年8月31日に、エキスパで使っている

配信システムのリニューアルが終了しました。

5年間使ってきたシステムを全て捨てて、

まったく新しいシステムに切り替わりました。

いろいろ不都合もあり、ご迷惑をおかけしましたが、

とくに小玉さんに・・・ ごめんね。


その代わり、現在は安定して届いており、

また、アイクラウドや、

ホットメールも届きやすくなっていて、

到達率が一段と上がり、

他社より届くようになったと思います。

まだまだ調整のよちがあるので、

到達率はさらに上がります。

 


で! 最近、エキスパの到達率が落ちたとか、

噂をチラホラ聞くので、ここでガツンっと、

他社との違いをすべてお話しします。

メールを届かせるために、

エキスパが、裏で何をしているのか?

ケチケチしないで全部話します。

メルマガ発行者は必見、

40人限定なので、今すぐ応募してください。

 


株式会社エキスパートの機密の一つに、

メールの到達率がありましたが、

今回、全てを話すことにしました。

その理由ですが、

いまシステムをドンドン開発していて、

メールが届くとか当たり前で、

もっと重要なことがあり、

秘密にするより、全てをお話しして、

お客様に安心してもらい、

逆に到達率のロジックを教えることで、

よりお客様がメールの送り方を学び、

より届きやすくなる。

お客様のためにも、ケチケチしないで、

今回、全部話しちゃおうって事にしました。

 


社内会議では、

「社長、それはやりすぎです」

「私は反対です」

という、意見がありましたが、

ライバルに知られたとしても、

株式会社エキスパートの開発力や、

既存システムの完成度を考えたら、

ライバルに負ける気がしません。


YAHOOメールと、Gmailでは、

届かせ方が違います。

書き方や、送り方にもコツがあり、

今回、そのすべてをお伝えします。

そして、エキスパが、

新しい配信システムになったことで、

ホットメールと、アイクラウドへの

到達率も上がりました。

この理由も教えます。

 


これが、株式会社エキスパートの

最高機密なので、ライバルが知ったら、

同じことができます。

でも、エキスパに自信があるし、

お客様のために、すべてをお伝えします。

 


このセミナーに参加することで、

2016年、2017年に対応した、

正しいメールの送り方が理解できて、

クリック数の増加、売上UPが期待できます。

◇開催日時
9月15日(木曜日)16時~18時

◇参加定員
40人

◇参加条件
メルマガ発行者 ※初心者は参加不可

◇参加料金
エキスパユーザー:無料
他社利用者   :3,000円


メルマガ発行者が、このセミナーに参加したら、

売上が上がることは、お約束できます。

また、セミナー終了後は、

七星BARで懇親会を開きます。

メルマガ発行者の集まりになると思いますので、

そちらも、ぜひ参加してください。

懇親会代は、七星のおごりで

無料でいいです。

 


エキスパ到達率UP緊急セミナー申し込み
※エキスパを使っていない方は
 当日3,000円をいただきます

選挙は少し残念でした。

2016_07_11

七星です。

 


もっと、自民党が圧勝すると思っていたのですが、

意外と、票が伸びませんでした。

野党統一候補とか、

意外と効果がありましたね。

新潟は取りたかったです。

 


なぜ、私が自民党を応援するのか?

それは、日本が 『弱者優先の国だから』 です。

最近、助成金の情報を調べていると、

いろいろと、日本の政策が見えてきました。

 


まず、会社都合で、社員をクビにすると、

助成金がもらえません。

クビにしづらい仕組みがありました。

あと、アルバイトでも雇用したら、

必ず労働保険に入れないといけません。

で、この労働保険が会社都合の判断になるので、

試用期間や、アルバイトでも、一度雇用したら、

クビにした瞬間、助成金制度が使えなくなる。

なんか、笑えてきました。

 


そして、この助成金ってのが、

すごく儲かります。

ひとり雇用すると、

100~150万円ほどもらえます。

聞いた話ですが、

サ○バーエージェントさんは、

毎年8,000万円ぐらい、

助成金をもらっているみたいです。

この制度を知って、私が思ったのが、

弱者保護だな~ です。

なので、私としては、助成金をもらう形で、

会社を運営しない事にしました。

 


その方が利益がでる。

実力がないスタッフを、

助成金のために、辞めされられない。

そんな弱い会社にしたくないし、

あと、試用期間で、スタッフを自由に雇えない。

優秀な人材を集めるのに、不利になります。

でも、実力がない人を守るためには、

一定の効果があると思います。

 


このように、日本は弱者を優先する国で、

弱肉強食ではないです。

これは、政権が弱いから、

このような制度ができます。

今回、自公連立で、過半数、

与党で3分の2 の議席数を取った事は、

よかったのですが、

私としては、自民党だけで、過半数、または、

3分の2を獲得してもらえれば、

もっと強い日本を作るような

法案が通ったと考えています。

 


民進党や共産党、野党の政策は、

弱者優先で、日本の将来を考えたら

悪い法案が多いです。

消費税は、早く10%にした方がいいし、

抑止力として、武力も誇示した方がいい。

憲法9条も、信じられない矛盾があるのだから、

私は、必要な法律だとは思いますが、

矛盾があるなら、改正した方がいいと思います。

 


どちらにせよ、

強いリーダーシップがない組織と

ある組織、どっちが強いか。

強いリーダーシップがあった方がいいです。

なので、自民党が良い悪いではなく、

リーダーには強い力があった方がいい。

 


いまの自民党の政策に、

ダメだしをしている人は、

私から見たら、

いまの自分の生活しか見えていない人、

弱い人だからだと思っています。

消費税反対、学校無料化、医療費無料とか、

そんな政策を出している党ってどうなの?

私から言わせれば、稼ぐ力がない人。

今まで、頑張ってこなかった人のための政策

そんな人達に、足を引っ張られて、

国が衰退していくのは、許せません。

 


もちろん、弱い人を守らないといけないですが、

今日は、ちょっと一方的に書いています。

実際は、バランスが必要ですが、

何もしないで、他力本願で人生を歩みたい。

そんな人には、ヘドがでます。

こんな事を書くと、また批判がありそうですが、

これが私の考え方です。

 

 

職人の道具が進化していました。

91813b79da0185cdc86afd486c78e938_s

 

七星です。

 

七星BARですが、

友人の職人に、仕事を依頼して、

作ってもらっています。

この前、現場管理が、

LINEになって、楽だって話をしたのですが、

道具も、劇的に進化していて、

ビックリしました。

 

工事の現場では、

使う物がいくつかに分かれます。

大きく3つに分けると、

・材料

・取り付け品

・道具

この3つです。

 

材料ですが、

木や、照明器具、塗料とかも、含まれます。

取り付け品ですが、

接着剤や、ネジ、電線などが、この分類です。

そして、道具は、

ノコギリや、ドライバーですが、

道具が、すごく進化していて、

ビックリしました。

どういう進化かと言うと、

すべてコードレス、充電式になっていました。

 

5年前は、電源ケーブルがあって、

コードが邪魔でした。

でも、いまの職人は、

コードレスで、充電式の道具を使っています。

以前のコードレスは、

パワーがなくて、使いづらく、

逆に仕事が遅くなるので、

誰も使っていませんでした。

 

あと、値段も高かったのですが、

最近のものは、値段も下がって、

充電池の性能も上がっていて、パワーもある。

すげ~、楽ちんです。

振動ドリル、ノコギリ、ベビーサンダーとか

全てがコードレス。

「時代は変わるんだな~」って感じました。

 

昔からの職人仲間たちが、

最近は、会社を立ち上げて、若い衆を育てて、

それなりの会社に成長しています。

5年前、10年前は、

個人間で、仕事を手伝っていたのですが、

いまは、会社単位で、仕事を依頼し合えます。

 

じつは、来年から、内装の仕事を、

また、受け付けようと考えています。

職人のネットワークが広がり、

仕事を受け付ける体制が整ってます。

リフォームや、店舗の設計施工、

オフィス内装、原状回復とかです。

 

今でも、私に言ってくれれば、

私の職人仲間たちを紹介するので連絡ください。

腕は保証しますし、腕がいいって事は、

結局、価格も安くなります。

安かろう、悪かろう。安物買いの銭失い。

適正な価格を出さないと、失敗します。

 

8月に引っ越す、うちの新オフィスは、

いろんな技術を結集して、

最高の事務所を作りたいと考えています。

図面とか、いろいろ公開するので、

楽しみにしていてください。

 

 

1 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 40