待ち合わせの常識を知らない人が多すぎです。

七星です。


この前、デートをすっぽかされた、
当日に人が来なかったとか、

愚痴を書いている人を
Facebookの投稿で見たのですが、

前日や当日にリマインドするのは、
常識だと思います。


私はよく、食事会を主催します。

私には、いま、秘書がいないので、
お店の手配や、参加者への連絡とか、
全て自分でやりますが、

前日や当日に、
リマインドの連絡をします。

とくに、数週間前の約束だと
忘れている可能性が高いので、

最後の連絡から2週間過ぎていたら、
必ず連絡をします。


簡単でいいですよ。

「明日、待ってますね」とか、
「明日、楽しみですね」とか、

そのレベルの連絡を一通送るだけで、
すべてが順調になります。

いちばんやっかいなのが、
約束を忘れている人

これはすごく面倒です。

これがあると、お店の予約に穴があくし、
その人に連絡をしたり、
せっかくの食事会が台無しです。

経験上、40人に1人くらい、
忘れる可能性がありますが、
主催者としては、だいぶ迷惑です。

なので、私は前日か当日に、必ず連絡をします。

これは、ミスやトラブル回避にもなりますが、
相手からのイメージもよくなります。

しっかりとしている人、責任感があるとかです。

私からしたら当たり前なのですが、
やならい人が多いみたいです。


でも、先日、大きなミスをしてしまいました。

恩師に、食事とショーの予約を頼まれて、
レストランとショーを予約をしたのですが、

日程や時間や、移動時間まで完璧に予約して、
リマインドもしっかりとしていたので、

当日は、楽しい時間を過ごしてもらえると
自信があったのですが、
なんと、人数を間違えてました。


2ヶ月前にお願いされていて、記憶があいまいで、
私は、てっきり3人と思って予約をしていたら、
3人のお友達を遊ぶってことでした。

食事はなんとかなったのですが、
ショーの席に余裕がなく、ダメになってしまい、
私とした事が、最低な企画者でした。

しかも、めったに東京から離れない私が、
たまたま、大阪に行っていて、東京にいない

東京にいれば飛んでいって、
なんとかするのですが、さて困った。

幸い、そのことに気が付いたのが、
ショーの3時間前だったので、

レストランは4人席がOKで、
あとは、3時間後のショーをどうするか。

でも、そこは東京で一番遊びを知っている男なので、
頭をフル回転させて、複数の店に電話、3店舗ほど予約して、
先方にどこがいいか聞きました。

そして、先方も今からはいいから、
もう大丈夫だよと言われたのですが、

予約を取っている段階で、
知り合いの手品師、モノマネ芸人、
6人ぐらいに連絡、六本木に20時に来れるか聞いて、
手品師1人、ものまね芸人1人の手配ができていました。

もともと、レストランは、
私の名前で、個室を取っていたので、

レストランに電話して、
個室でショーをやっていいか聞いて、

食事が終わったら、
その場でショーをしてもらいました。


大阪からすべてを電話で手配したのですが、
我ながら、なんとかリカバリーです。

こんな時に、嫌な顔ひとつしないで、動いてくれる、
そんな友人たちに感謝です。

この10年間、いろいろ遊んでます。
場を作る力は重要です。

たぶん、私は凄腕の秘書もできますね。

 

 

美人風俗嬢から教えてもらったのですが、

七星です。


最近、真面目な事しか書いてないので、

昔、知り合いの美人風俗嬢に

教えてもらった

『エッ チを10倍気持ちよくする方法』をお伝えします。

ちょっと、楽しい話題を提供します。

男と女の関係で、エッ チって重要です。

そして、女性が感じているとか、

感じていないとか、

男ってすごく気になります。

要は!女性が濡れないって、

男性にとってすごく問題です。

男が男であることを確認する作業の一つが、

お!こいつ濡れてるな!って事です。

女性は、イッたフリとか

平気でしますからね。


で!


以前、知り合いの美人風俗嬢が、

濡れる方法を教えてくれました。

それは、すごく簡単です。

『オシッコをガマンする』

以上終わり。

これだけで、

すごく濡れやすくなるそうです。

ちなみに確認済みです。笑

あとは、ちょっと間を空けることです。

私の妻も、2週間とか空けると、違いを感じます。

男として、楽しいエッ チをしたい場合は、

最後にやった日から

ちょっと、時間をおいて、

オシッコをガマンさせて、

エッ チをしてみてください。


あと、過去に

加藤鷹さんに質問した事があります。

「女性が濡れない時は

 どうすればいいですか?」

って・・・・・・

その答えですが、

「ローションを使えばいいじゃん!」

大笑、

確かにそうですね。

あの人は、良い事を言います。

濡れないからって、

がんばるくらいなら、

ローションを使って、楽しく気持ちよく

エッ チした方がいいでしょ。

って、考えみたいです。

なるほど、と感心しました。

あと、環境は重要で、

やっぱりホテルとか

雰囲気がいいところで、

裸で1時間くらいペタペタしてから

始めると、良い感じになるそうです。


という内容を、

2011年3月20日のメルマガで発行していました。

書くことがなくて、過去のメルマガからネタをもってきた

ナマケモノの七星でした。

ちなみに、

東日本大震災後すぐのメルマガで、

なぜこんな事を書いたのか?

過去のメルマガが残っている人は、

探してみてください。

ヤバイ時にどうするか?

七星です。


月曜日に、借りたものはしっかりと返しましょう。

って話をしました。

全然、怒ってないのですが、

先週、平先生にセミナールームを貸したら

傷だらけで返されて、ビックリです。


正直、完成したばかりで、

まだ、私ですら、セミナーを開いてない。

新築の家みたいな物です。

平先生が生放送をするとの事、

ぜひ使ってくださいと喜んで提供したのですが、

新しい壁を傷だらけにされました。笑


これはこれで、仕方がないし、

私は、クロス職人だったので、1時間もあれば、タダで直せます。

なので、あ~あ~ って感じだったのですが、

その時の責任者の対応が、あまりよくなかったです。

私だったら、こうするのにな~ って思ったので、

今日は、もし大きなミスをした時、

ヤバイと思った時の対応方法をお伝えします。


これは、すべてに通じることなのですが、

1秒でも早く、行動してください。

今回は、土曜日の夜にセミナールームを貸し出しました。

壁が傷ついている事を知ったのは、スタッフからの連絡です。

そして、教材の撮影のために近日中に、もう一度貸してください。

って連絡も同時にもらったので、

何を考えているのかとは思いましたが、

平先生のスタッフなので、あまり気にしませんでした。

 

さすがに、丁重にお断りしたけど、火曜日に責任者が直接謝罪に来て、

その日の夜に、平先生から、LINEで、ごめんね。って連絡がきましたが、

まあ~~~ その責任者は、ダメダメです。

壁を傷つけたのは、他の人で、その人の責任ではないのですが、

実際に、一番良い対応って何なのか?

それは、すぐ行動すること です。


土曜日の夜、撮影も終わって、後片付けが終わった時に、

壁に傷がついてる事を確認できてるなら、

すぐ私に謝罪の電話をするべきです。

それを、メールでさらっと謝るだけではダメです。


そして、そのあと、平先生に連絡して、

日曜日の段階で、先生から連絡が来ていれば、

一番よかったと思います。

そして、月曜日の朝一で、茶菓子をもって会いにくる。

それが、火曜日では遅すぎです。


販売直後で、すごく大変な時間で、

忙しかったのはわかるけど、

やっぱりそこは、しっかりとした方がいいです。

今回は、私と平先生の関係なので、

まったくもって気にしていないし、

逆に、もっと傷をつけてください。って気持ちですが、

これを他の人にしたら、大問題だと思います。


なにか、ミスをしたら、上司に報告する。

そして、迅速に対応する。

ヤバイって思ったら、すぐに動いて、

すぐに助けをこう。

これが最高の対応方法です。

 

借りた物はしっかりと返しましょう。って記事は、

この事件前に書いているので、ちょっと笑えました。

今後は気を付けましょうね。

明日は、新セミナールームで初セミナーです。

キズは、私が綺麗に直しておくので、

見つけられるなら、見つけてください。

 

1 2 3 4 5 6 13