【ノウハウ集】ネットはマネが簡単だから、いきなりレベルの高いものを出さない

□まずはリサーチ
□他業種からの情報
□ライバルが多ければ最初から出さない
□リアルの部分で差をつける
□電話対応、サポートなど

七星です。
ネットはマネが簡単なので、いきなりレベルの高いものを出さない。

私はインターネット上でモノを売るのが得意です。
なぜ得意かというと、それぞれの業種に合ったフォーマットがあるからです。

インターネットでモノを売るには、一定の流れがあります。
その流れを理解しているので、流れどおりに売ります。

ただし、違う業界に行った場合は、いきなり最高レベルでモノは売りません。
なぜなら、インターネットはすぐにマネをされてしまうからです。

競合がいます。

インターネットでは、基本的にホームページで売るので、
ホームページの質ですべてが決まります。

1~5までレベルがあります。

参入したい業界があれば、その業界をリサーチします。
その業界がレベル3のホームページで売っていたら、レベル4のホームページで売ります。

半年ほどすると、他の人もマネをしてレベル4のホームページで売るようになります。
レベル4になると、次はレベル5のホームページで売ります。

インターネット上で、最初から最強のマーケティングを仕掛けてモノを売りません。

インターネット上でマネができるからこそ、リアルビジネスで差をつける必要があります。
リアルビジネスとは、例えば電話対応やサポート体制など、
インターネットでは見えない部分です。

または、メルマガ登録してくれた人だけ、1000円を払ってくれた人だけというように、
ネット上では見えない部分に力を注いで結果を出します。

すべてをさらけ出してしまうと、ライバルがマネをしてビジネスモデルがダメになります。
インターネット上では、できるだけ隠して商売をするのが、一つのビジネスで長く稼ぐコツです。

いろんな業界にかかわっていますが、すぐにマネをされます。
私は、マネをされないように、うまくビジネスモデルを展開しています。

逆に、マネができないリアルビジネスで強い何かがあるのなら、
レベル5のサイトを作ってネットで集客をかけます。

それを意識してネットビジネスをしていただけると、長くお金を稼ぐことができます。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【ノウハウ集】無料→フロント→UPセル→バックエンド→継続

□売り手は高い値段で低い商品
□買い手は安い値段で高い商品
□摩擦ゼロは無料
□売れる流れ
□最初から継続はしない
□継続はサポートが大変

七星です。
お客さんにモノを買ってもらうときに考えなければならない流れがいくつかあります。

売り手と買い手がいます。

売り手は、高い値段で低い商品、低いサービス、数少ないものを売りたい。
言葉は悪いですが、低原価で低品質のものを高く売りたいのが売り手、商売人です。

逆の発想で、お客さんは、安い金額で、よいものを数多く買いたい。
これが売り手と買い手の考え方です。

売り手と買い手の交渉が成立した瞬間に初めて買い手からお金が流れます。

売り手と買い手のバトルです。摩擦が発生しています。
無料は売り手と買い手の摩擦がゼロの状態です。

無料でもらえるのなら、よほどのことがない限り手に入れます。
タダほど高いものはないとも言われますが、売れる流れとして最初は無料であげます。
無料であげると、相手は商品を理解します。

無料であげた後に、安い商品を売ります。
その後に徐々に値段の高い商品を売ります。

再春館製薬の7日間お試しがありますが、これも無料です。
要は、無料のオファーをします。

次に安い商品を買ってもらって、次にUPセルで買ってもらいます。

最終的にはバックエンドで高額な商品を買ってもらいます。
これがマーケティングの手法です。

ここで皆さんが間違うことがあります。
継続決済に興味に持ちます。

一人のお客さんが毎月定期的に商品を買ってくれるマーケティングを目指しますが、
これには大きな落とし穴があります。

商売を始めて、最初の1年間に継続決済を求めると失敗します。

なぜなら、継続決済で大切なのはサポートです。
慣れていない商品、慣れていない商売で、サポートをするのは困難です。

大資本があれば別ですが、最初は小資金なので、最初から継続決済を始めると、
サポートができなくなり、結局は立ち行かなくなります。

大きな落とし穴があるので、最初は売り切り商品やバックエンドで、
商売が軌道に乗ってから継続決済を考えてください。

最初は無料のものから提供します。
摩擦がないもので、坂を玉が転がるように勢いがついていきます。
無料でどんどんスピードを上げていきます。

スピードに乗っているので、高い商品でも買ってくれます。
これがマーケティングの原理です。

無料→安い商品→それよりも高い商品→バックエンドで高額な商品→最終的には継続商品、
これがマーケティングの基本原理です。

これを自分のビジネスに置き替えていただければ、会社規模が大きくなり、
安定して収益を上げられる仕組みを作ることができます。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【ノウハウ集】興味、信頼、販売

□興味 相手に響く言葉を使う
□信頼 商品や販売者の説明
□販売 商品提供
□サポート

七星です。
興味、信頼、販売です。

モノを買ってもらうときは、マーケティングやセールスが必要です。

最初の段階が興味づけです。相手に響く言葉を投げかける。
または、相手が響く写真や映像を投げかけて、相手に興味を持ってもらいます。

興味を持ってくれた後に、商品説明をし、商品に信頼性を組み込みます。
または販売者への信頼を構築します。

興味、信頼が終わって初めて販売です。
商品の提供、サポートをします。

マーケティングで最初にしなければいけないのは、興味を持ってもらうことです。
次に信頼関係を築くことです。その次に販売、行動を起こさせます。

これが流れだと理解して、商売、マーケティングを仕掛けてください。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

1 2 3