【心理力】やる気のないプロより、やる気のある見習いの方が価値がある


□段取りが8割
□プロがプロなのは環境作りがうまいから
□やる気のないプロは、高いだけで使えない
□やる気のある見習いの方が、費用対効果も将来的にもよい

こんにちは、七星です。
やる気のないプロよりも、やる気のある見習いを使った方が費用対効果はいいです。

プロはプライドが高いので使いづらいです。
やる気がなければ、いいかげんな仕事をします。

それよりも、二十歳そこそこのがんばっている若者を見つけて、お金を払って
仕事をしてもらう方が、安くてクオリティーの高いものができる場合が多いです。

そういう人をプロに育てれば、プロを安く使うことができます。

私が仕事を発注するときは、いきなりプロに高いお金を払うよりも、
がんばっている見習いを使います。その方が将来的にはプラスになります。

やる気のないプロよりも、やる気のある見習いを使った方が、
費用対効果がいい場合があるということを覚えておいてください。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【心理力】よりよく理解している人を、人は嫌いにならない

□殺人犯でも友人はいる
□どこを見るかで人の性格は変わる
□その人のすべてを知っていると行動が理解できる
□予測の範囲内であれば納得・理解ができる
嫌いにならない
□予想外のことをするから嫌いになる
疲れる

こんにちは、七星です。
よく理解している人のことを人は嫌いになりません。

例えば、殺人犯でも詐欺師でも友人はいます。
その人の性格のどこをフォーカスするかによって、まったく違います。
どんなに嫌なやつでも、よいところはあると思います。

その人のすべてを理解していると、なぜそういう行動をしたのか、予測ができます。
予測の範囲内であれば、嫌いになりません。

理解していないと嫌いになりますが、よく理解していると人は嫌いになりません。

家族や友だちには自分を素直に開示してください。
そうすれば、間違ったことや失敗をしても許してもらえます。

自分を開示して、周りに自分を理解してくれる人を増やせば、
ストレスを溜めずに楽に生きることができます。

逆に、相手をよく理解することによって、
相手に対してイライラしないので楽に生きることができます。

人は、理解されたいし、相手を理解したいという気持ちが働きます。
それは自分の生活空間を楽にするためです。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【心理力】感情のツボをいくつか用意する

□古くからの友人といて楽しいのは
感情のツボをお互いに知っているから
□必ず笑うネタ、必ず共感できるネタ
過去を振り返るツボをどれだけ多く持っているかが大切

こんにちは、七星です。
感情のツボを用意しておきます。

古くからの友人と一緒にいて楽しいのは、
感情を刺激するツボをお互いに知っているからです。

過去の経験から、楽しい話題や悲しい話題、共感できるものが
たくさんあって、それをお互いに知っています。

笑うツボを持っていると便利です。

知り合いの女性とプリンの話をするとお互いに大爆笑します。
なぜかというと、撮影現場で見習いの人に、飲み物と甘いものを買ってきてほしいと
千円札を渡すと、コンビニに行ってコーヒー3本とプリンを一個買ってきました。

普通、3人で食べるのならチョコレートでしょう。そこで大爆笑です。

次の日に使えないのでクビにしましたが、そのときに一緒にいた女の子と
プリンの話をすると、その子のことを思い出して大爆笑になります。
二人しか知らない笑いのネタを持っておくと便利です。

感情のツボをいくつか用意しておくと、コミュニケーションがとりやすくなります。

覚えておいてください。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 9