【心理力】1割の悪で9割の善を捨ててはいけない、まずは全てを受け入れる

□先生は絶対ではない
□1割を否定して9割の正しい情報まで否定してはいけない
□すべてを受け入れ、必要な部分と不必要な部分を見極める
□結果への最短ルートは、先生の言うことを試してみる
失敗が少ない

七星です。

1割の悪で9割の善を捨ててはいけません。まずはすべてを受け入れます。

先生と呼ばれている人でも絶対ではなく、必ずミスがあります。
どこを見るかによって違います。

人のアラばかり見つけても何もなりません。
先生ということは、絶対に良い部分があります。
1割のアラを見つけるのではなく、9割の善にフォーカスを当てます。

まずはすべてを受け入れます。
その中で良い部分と悪い部分に分けて、良い部分だけを見ます。

結果を出すための最短ルートは、その道のプロの先生の言うとおりにやってみることです。
試してみて、経験を積んだ中で仮説と検証を加えていくのが最短ルートです。

失敗が少ないので最短ルートです。

先生から教わるときに、先生の悪いところをフォーカスするのではなくて、
良いところを理解して行動してください。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【心理力】心に穴のある人には、普通でいる事が最高の癒し

□心の穴はふさがらない
□フタをしているだけ
□周りからはそれが見える
□自分で自分をだましている
□「大丈夫?」はかさぶたをいじっているだけ
□あえて知らないふりをする
10年後に消える

七星です。

心に穴がある人は、普通でいてあげることが、その人にとって最高の幸せです。
心の穴とはトラウマのことであり、トラウマは人に見られたくない過去の傷です。

例えば、過去にレイプをされてしまったら、深い傷として残ります。
その傷を埋めることはできませんが、その人自身がフタを閉めることはできます。

ただし、そのフタは周りの人には見えています。
この人は過去にトラウマがあると、わかる人はわかります。

「元気がなさそうだけど大丈夫?」と、人とは違うという目で見てしまうと、
せっかくフタをしているのに、傷口のカサブタをいじられているように感じます。

私は、それを理解しているので、トラウマがある人と出会ったときは、
あえて見ないふりをします。

向こうから話をしてくれたら当たり前の対応をします。

そうすると、特別視しないで普通に扱ってくれる人、
大丈夫という言葉をかけてこない人と認識するので、居心地がよくなります。

リストカットがある女の子に対して、そういう話題には触れずに、知らないふりをします。
向こうから話をしてくれたら普通に対応します。

周りの人が普通に扱ってくれて初めてフタが消えていきます。
フタの上に草が生えてカモフラージュされます。

そのために普通が必要だと覚えておいてください。

 
七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【心理力】やる気のないプロより、やる気のある見習いの方が価値がある


□段取りが8割
□プロがプロなのは環境作りがうまいから
□やる気のないプロは、高いだけで使えない
□やる気のある見習いの方が、費用対効果も将来的にもよい

こんにちは、七星です。
やる気のないプロよりも、やる気のある見習いを使った方が費用対効果はいいです。

プロはプライドが高いので使いづらいです。
やる気がなければ、いいかげんな仕事をします。

それよりも、二十歳そこそこのがんばっている若者を見つけて、お金を払って
仕事をしてもらう方が、安くてクオリティーの高いものができる場合が多いです。

そういう人をプロに育てれば、プロを安く使うことができます。

私が仕事を発注するときは、いきなりプロに高いお金を払うよりも、
がんばっている見習いを使います。その方が将来的にはプラスになります。

やる気のないプロよりも、やる気のある見習いを使った方が、
費用対効果がいい場合があるということを覚えておいてください。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 9