【心理力】ストレスは何でも聞いてくれる友人がいれば8割なくなる

□男と女では基本ロジックが違う
□1日の話す言葉の量が違う
□男性は悩みの解決
□女性は悩みの共有
□女性は結論を持っている

こんにちは、七星です。
ストレスは、何でも聞いてくれる友人がいれば、8割は改善できます。
嫌なことがあっても、口に出すとスッキリします。

男と女は頭の中のロジックが違います。
また、女性と男性では1日に話す言葉の量が違います。
正確な数字は忘れましたが、男性が6000語だとすると、女性は3倍の1万8000語です。

1日の話す量が決まっています。

男性は仕事で話をしているので家に帰ると無口ですが、
女性は話す量が多いので、話をしないと納得してくれません。

男性と女性では悩みの質が違います。
男性が悩みを打ち明けられると、解決するための助言をしたくなります。
解決策を提示したくなるのが男です。

女性は悩みを共感したくなります。
納得して共感してあげるのが女性の心理です。

女性から相談されたことに対して男性が解決方法を出すと、女性は面倒くさがります。
逆に、男性が女性に相談したときは解決方法を提示してもらいたいのです。

男と女によって、悩みを相談したときに対応が違い、求めているものが違います。

女性は自分の中で解決策を持っています。
要は、共感してもらって、背中を押してもらいたいだけです。

女性から相談を受けたら、うなずきながら聞いて、

「なるほど。あなたの思っているとおりにするのが一番いいと思うよ」

と言ってあげるのがベストです。女性はそれで満足します。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【心理力】他人の力で生きる人に明るい未来はない

□かわいがられるのは若いうち
□20代にどれだけ実力をつけるかが大切
□人の力で生きる人は、経験が積めないので実力がつかない
□最初はいいが、将来的には何も残らない
人に頼って生きていくだけの人間

七星です。他人の力で生きる人間に明るい未来はない。

かわいがられるのは20代です。私も20代のころに40代の人にかわいがられました。
お金の決定権があるのが40代です。
40代の人にかわいがられて生きてきましたが、
20代の時にそれに甘んじて努力しなければ成長しません。

38歳、この年齢は、誰かの力を借りて
食べていくのではなく、自分の力で食べていかなければならない。
そのときに実力がなければダメです。20代にどれだけ努力して実力をつけるかが大切です。

人の力で生きている人は自己成長ができないので、将来的に何もできなくなります。
最初は人に頼ってもいいですが、それに甘んじるのではなく、
努力して実力をつけてください。

おんぶに抱っこで甘えてばかりいたら、どうしようもない大人になります。
努力してきた人間と努力してこなかった人間の差が、圧倒的に出てしまいます。

人の力ばかり頼って生きてきた人間が、40歳を過ぎて
何もできなければ、詐欺師になります。

相手をだまして結果を求めようとする人間になってしまいます。
他人の力で生きている人間は信用しないでください。
将来、あなたをだます人間です。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【心理力】失敗を失敗と理解できない人は落ちない

□天然の人がいる
□苦痛を感じない人は落ち込まない
□苦痛や失敗と認識しなければ落ち込まない
□頭がいいから落ち込む
□予想外の結果はストレス
同じ苦痛を味わうのを恐れる

こんにちは、七星です。
失敗を失敗と理解しない人は落ち込みません。

天然で、何も考えてなさそうな人は落ち込みません。
頭のよい人が落ち込みます。苦痛を感じなければ落ち込まない。

予想外の結果がストレスになります。

予想外の結果が起きて嫌な思いをすると、それに対して立ち向かい、
同じ苦痛を味わわないように改善する努力ができない。

だから、怖いのです。

また同じことになるのではないかと、行動を起こせずに、どんどん落ち込んでいく。
これが落ち込む理由の1つです。

失敗を失敗として理解できない人は落ち込まないので、
そういう人にはガンガン言っても平気です。

これも「落ち込む・落ち込まない」の理論として覚えておいてください。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9